鎌倉中心部は正月に封鎖都市と化す!車乗り入れ禁止で道路はどこも歩行者バラダイス!! [鎌倉ライフ]

広告


住むまでまったく知らなかったのだが、鎌倉市の中心部一帯は、正月3が日は外部の自動車・バイクの乗り入れが禁止され、封鎖都市となる。

規制区域内の住民や、仕事などで立ち入る必要がある人は、事前に警察署で許可証をもらい、検問所で許可証を提示して許可をもらわないと入れないのだ。

鎌倉駅から鶴岡八幡宮かけては観光客でごった返すが、それ以外の地区は車も人も全然いない、無人地帯が現れる。

住民の人が車を気にせずのんびり散歩していて、なかなかいい感じ。

これはちょっと面白い現象だと思う。

鎌倉中心部は正月に封鎖都市と化す!車乗り入れ禁止で道路はどこも歩行者バラダイス!! [鎌倉ライフ]

▲ 鎌倉のお正月というとこのイメージ。

国道134号の大渋滞にはまり、えらいことになる。

 

▲ しかし、見てください。この景色。

ここは、134号から鎌倉駅をとおり、さらに鶴岡八幡宮に突き当たる、「若宮大路」の風景。

元日の午前8時過ぎである。

 

▲ 同じ場所から反対を向いて、海に向かって撮った写真。

鎌倉の目抜き通りが、元旦の朝にこんな状態なのだ。

 

▲ その理由は、鎌倉の中心部に車が入れない通行規制が実施されるため。

大晦日の23時から元日の17時までと、2日と3日の日中が通行止めとなる。

 

▲ 国道134号から鎌倉駅方面に向かう滑川の交差点では、警察官が出て誘導をしている。

この大通以外の裏道も、全部封鎖されてしまうため、外部の車は許可証がないと、市中心部にはまったく入れない。

 

▲ 夕暮れ時、16:30くらいの鎌倉の若宮大路がこんな状態。

 

▲ JR鎌倉駅周辺も、全然車がいなくて異様な風景。

 

▲ でも、JR鎌倉駅をすぎて、段葛から鶴岡八幡宮に向かう道は、一転してすごい人数の参拝客でごった返している。

 

▲由比ヶ浜の夕暮れ。美しい。

まとめ

表通りも裏道も、まったく車がいないお正月の鎌倉。

静かでいいよー。

普段からのんびりしている鎌倉が、さらにのんびりして、この規制は住民にとってはすごくありがたいかも。

飲食店とかは、車利用客が来なくて大変かもだけどね。

お正月に鎌倉に来る方は、ぜひ参拝を終えたら、敢えて海まで歩いてみてください。

この静けさと清々しさにビックリするはず。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします