あなたがブログを書くべき本当の理由 〜 かつて存在した「特別な人」と「一般人」を隔てる「壁」はすでに崩壊している

広告

161130-01-1-120世紀と21世紀を隔てる最大の違い。

それは「インターネット」の普及ではないだろうか。

インターネットが世界を繋いだことも大きな変化だが、それ以上に大きな変化が起こった。

それは、20世紀までは、ごく限られたメディア関係者の特権だった「情報発信」が、我々すべての人に可能になったことだ。

すべての人に情報発信の権利が与えられ、検索エンジンやSNSが発信者と読者を結びつけた。

その結果、僕たち私たちは、全世界に向け情報発信ができるようになったのだ。

そして、その大きな変化は、僕たち私たちの人生を、簡単に、しかも劇的に変えるパワーを持つものであることに、まだほとんどの人は気づいていない。

そのすさまじいパワーについて説明したい。

あなたがブログを書くべき本当の理由 〜 かつて存在した「特別な人」と「一般人」を隔てる「壁」はすでに崩壊している

 20世紀には「特別な人」と「一般な人」は厳密に分かれていて、壁を超えることは超困難だった

インターネットが普及する前の時代、つまり20世紀においては、情報発信は、マスメディア関係者の専売特許だった。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、書籍、映画など、メディア関係者だけが、情報を発信する権利を持っていた。

だからこそ、政治権力者はしばしばマスコミを支配して情報を操作し、国民を扇動しようとしてきた。

そして、大多数の「その他」の「一般人」は、ただひたすらマスコミが発信する情報を「受け取る」ことしかできなかった。

インターネット前の時代に我々に出来た「情報発信」の手段など、ごくわずかなものだった。

例えば、ノロシをあげるとか(笑)、町内会の掲示板や電柱に張り紙をするとか、同人誌を自分で刷って道端で売る、などだろうか。

新聞に投書するとか、素人参加番組に出演するなどの方法もあるわけだが、これらはマスコミのお膳立てで、マスコミの媒体に一般人が参加するにすぎず、結局はマスコミの一部である。

マスコミに登場する人は「特別な人」で、それ以外の人は「一般の人」。

これが20世紀の我々が生きていた世界である。

特別な人と一般の人の壁は分厚く聳え、一般人が乗り越えることはできなかった。

冷戦の象徴としてかつて聳えた「ベルリンの壁」のごとく、特別な人と一般人を隔てる「メディアの壁」は、僕たち一般人の前に立ちはだかり、僕たちが特別な人になることを不可能にしていた。

だから、国民の99%以上であったであろう一般の人は、ただ淡々と、一般の人として、情報を受信しつつ生きるしかなかったのだ。

インターネットの普及は「メディアの壁」を一瞬で崩壊させた。そして僕たちは自由になった

そんな「メディアの壁」は、ベルリンの壁崩壊と同じように、ある日突然崩れ去った。

インターネットが常時接続となり全世界を繋いだことにより、メディアの壁は存在することができなくなったのだ。

今までひたすら情報を受信することしかできなかった僕たち「一般人」は、ブログやSNSを通じて、誰もが自由に情報を発信することができるようになった。

その変化は「農業革命」「産業革命」に並ぶほど大きな革命「情報革命」であったにも関わらず、肝心の僕たち一般人のほとんどは、当初その恩恵にまったく気づいていなかった。

しかし、やがて、「情報革命」の威力の凄まじさに気づいた一般人が、一人、また一人と、自分が持つ情報を発信し始めた。

そして彼らが発信した情報を、検索エンジンがキャッチし、その情報を必要としている人との間を取り持った。

情報を探している人にとっては、その情報の提供者が大企業であろうが、一般人であろうが、そんなことは関係なかった。

良質な情報が手に入れば読者は満足し、発信者に感謝した。

やがて、インターネット上には様々なビジネスが誕生し、ネット上で商売ができる仕組みが数え切れないほど生まれていった。

Amazonや楽天のようなショッピングサイト、PayPalのような決済サイト、iTunes Storeのような音楽販売サイト、App Storeのようなアプリ配信サイト、ヤフオク、メルカリのようなオークションサイトなどなど、数え切れないほどのネットビジネスのサイトが誕生し、繁栄していった。

それらネットビジネスの発展にともなって、情報発信者は、自分が持つ情報価値を高めることで、自分の情報と「お金」を接続することが可能になっていることに気づいた。

たとえばブログに、ある商品の紹介記事を書いたら、商品の販売サイトへのリンクを貼るときに、アフィリエイト契約したサイトへのリンクを貼ることで、商品が売れるとお金が入る仕組みができた。

書評を書いたら、Amazonや楽天ブックスの本の販売ページへのアフィリエイトリンクを貼ることで、読者は「欲しい」と思った本がすぐに買えて満足し、ブログ運営者には広告報酬が与えられる仕組みができた。

出版社や販売サイト、著者や取次などの関係者も、本が売れればハッピーだ。

インターネットが普及し、ネット上でのビジネスが発展すればするほど、多くの情報がネットに集中するようになった。

そして、良質の情報を提供する人のところに、多くのアクセスが集まるようになり、その人の手には、たくさんのアクセス数とともに、お金も流れ込むようになった。

そこには巨大な組織も特別な免許も家柄も血筋も資産も何も必要なかった。

ごくごく普通の一般人が、自分が持っている情報を発信し続けることで、企業のサイト以上のアクセスとともに、ビジネスチャンス、つまりお金を得ることができるようになったのだ。

「壁」なき世界の法則は「グラデーション」

20世紀に「特別な人」と「一般人」を隔てていた「壁」は消え去った。

そしてそのあとの世界にあるのは、「グラデーション」である。

まったく情報発信をしていない人を便宜的に「レベル0」と呼ぶとする。

今日ブログを始めたばかりで、まだ1日にアクセスが10しかなかった人は「レベル1」。

月間1000PVのブログの人を「レベル5」くらいだとして、5000PVの人は「レベル7」、10万PVの人は「レベル15」、100万PVの人を「レベル30」みたいな感じ。

ポケモンGOのレベルと同じようなもので、そこには「壁」はない。

月間1000PVの人は、「ちょっとブログをやってる人」

月間5万PVの人は、「それなりにブログをやっている人」

月間30万PVの人は、「かなり影響力のあるブログをやっている人」

月間100万PVの人は、「すごく影響力のあるブログをやっている人」

みたいな感じで(上の数字は便宜的な例えであって、僕がそう思っている境界線ではありません)、どこまでいってもグラデーションで、壁はない。

そして、一定水準以上の影響力を持てるようになると、その人は個人の情報発信による収入だけで、生活をまかなうことができるようになる。

さらに、一定水準以上の価値ある情報を提供し続けられる一般人を、メディア側が必要とする状況が生まれた。

個人のブログがヒットして、雑誌に登場する、書籍を出版する、ラジオやテレビに出演する、CDや音源ファイルを販売するなど、メディアを通じた活動ができるようになるのだ。

メディアに登場できるようになると、「一般人」はもはや一般人ではなくなり、「特別な人」へと変化していく。

このプロセス、つまり、「一般人」から「特別な人」へとステップアップする扉が、20世紀には存在しなかった。

つまり、20世紀においては、この扉は「メディアの壁」の向こう側にあったのだ。

しかし今、この扉は、すべての一般人に向けて開かれている。

誰でも通行が可能になり、どんどんこの扉を通過して「特別な人」への階段を上っていく人が現れている。

もちろん、この扉を通過するまでには、コツコツとブログやSNSを書き続ける努力が必要だし、才能や運もないよりはあった方がいい。

でも、ここには家柄や血筋、年収とか学歴、職歴なんかは一切関係ない。

非常に明確でフェアな世界だ。

誰でも自分のブログに価値のある情報を書き込み発信をし続けることで、多くの読者を得ることができる。

そして情報価値はお金を生み、発信者はそのお金で生きていくことができるようになる。

そして一定水準を超えた情報発信者は、「発信のプロ」として、「特別な人」の側に移動することができる。

21世紀は、この道が、すべての一般人の前に、あたりまえのように開かれている。

そして、この道をがむしゃらに駆け登った一般人の一人が、この僕だ。

名もなきサラリーマンがブログを書いて「好きなことだけして生きていく」人生を掴み取った

僕、立花岳志は、中小企業に勤めるサラリーマンとして暮らしていました。

38歳のとき、2008年12月にブログでの情報発信を始めたところ、徐々に人気を博し、2011年4月に勤務先を退社して「プロブロガー」として独立。

その後月間165万PVを記録し、書籍を6冊出版、テレビにも出演しました。

2014年には株式会社ツナゲルを設立して自ら代表取締役社長に就任。

作家、ブロガー、カウンセラー、イベントプロデューサー、コンサルタントなど、多面的に活動を続けています。

2016年10月より、東京と鎌倉のデュアルライフを開始しています。

会社を辞めて独立して5年半になりますが、会社員時代とは、まったく別の人生を歩んでいると自分でも思います。

2010年までの僕は、月曜日から金曜日まで通勤電車に乗ってオフィスに行くサラリーマンでした。

でも今の僕は、365日24時間自由な立場で、鎌倉と六本木に拠点を構え、情報発信をして生活しています。

でも、僕自身に何か特別な才能や資産、家柄とか特殊技能があったわけではありません。

僕はただ、ひたすらブログを書いて発信し続けた。それだけです。

もし僕に一つだけ才能があったとしたら、それは、「未来の自分を信じ続けた」ことではないかと思います。

つまり、僕が誇れることは、「ブログを止めなかったこと」だけです。

ブログを始めてすぐに僕は気づきました。「ブログにはとんでもない破壊力がある」と。

そして「ブログは僕の人生をきっと変えてくれる」と。

僕よりも早くブログを始めて、劇的な結果を出している人が何人もいました。

「自分も絶対そうなれる」

そう信じて諦めなかった。

それが僕の唯一の才能だったかもしれません。

「情報発信をし続けると、人生が劇的に変わる」

この言葉を100%信じている人の人数は、いまはまだそれほど多くありません。

でも、この言葉はどうでしょう。

「自動車に乗ったら歩くよりも早く目的地に着く」

この言葉は、今では疑う人がいないでしょう。

誰もが「事実だ」と答えるに違いありません。

なぜそう信じられるかというと、みんなが自動車に乗ったことがあり、実際に早く目的地に着くことを知っているからです。

「情報発信をし続けると、人生が劇的に変わる」

これも、僕や仲間のプロブロガー、作家仲間では、圧倒的な「事実」です。

ただ、まだ体験した人数が少ないので、事実だと気づいていないのだけなのです。

50年後には、個人の情報発信が今の自動車のように普及しているかもしれません。

完全に普及してしまえば、そこにはもう「先行者利益」はありません。

まだほとんどの人が気づいていない、または「誰でもできることを信じていない」今だからこそ、やり続ければ絶対に「勝てる」勝負なのです。

まだ99.9%の人が徒歩で歩いているときに、一人だけ自動車に乗って移動するようなもの。

そんな時代が来ているのです。

「あなたがブログを書くべき本当の理由」。

それは、ブログによる情報発信が、あなたの人生を劇的に変えることを、あなたの潜在意識はすでにキャッチしているからです。

だからこそ、あなたはこの記事を開き、そして最後まで読んでくれたのです。

個人による情報発信が世界を変え、あなたの人生を変える。

今こそブログを始めて、人生を劇的に変える一歩を踏み出してください。

立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾) お申し込み受付中!!11月30日まで超早割でお得です!!

ブログによる情報発信の「やり方」と「あり方」を身につけて、自分らしい人生を掴み取っていきましょう!!

プロブロガーの立花岳志が教える「立花B塾」、次期参加者を受付中です!

詳しくはこちらからどうぞ!!

11月30日までのお申し込みは「超早割」でお得です!!

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします