macOS Ventura の 新機能「連係カメラ」で iPhone が表示されない場合の対処法

広告

macOS Venturaで新たに使えるようになった機能「連係カメラ」。

連係カメラ機能でできることは2つある。

一つはiPhoneのカメラをMacのカメラとして使うこと。

MacのカメラよりiPhoneのカメラの方が遥かに性能が良いので、オンラインミーティングの時などにMacにiPhoneを固定して使用できる。

そしてもう一つの機能がiPhoneのマイクをMacのマイクとして利用するというもの。

僕は文章を書くときに音声入力を使っている。

Macのマイクを使うよりiPhoneのマイクを三脚で口元の高さに固定して使用すると小声で早口に話しても正しく変換されて便利だ。

手持ちの2台のMacのうちiMacは何も設定しなくても2台のiPhoneが連係カメラとしてシステム設定に表示され利用開始できた。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

ところがもう1台のMacBook Proは何故か連係カメラが表示されなかった。

あれこれ検索してみたが解決法が分からず、Appleのサポートに連絡して解決できた。

しかし新機能であるためまだAppleのサポートページに解決法が掲載されていない。

同じ問題で困っている人のためにトラブルシューティングの方法をシェアしておこう。

なぜか連係カメラが表示されない

▲ 連係カメラの設定は「システム設定」の「サウンド」から行う。

上の画面はiMacのもの。

何も設定しなくても、手持ちの2台のiPhoneが最初からリストに載っていて、選択するだけで連係絡カメラして利用開始できた。

 

▲ ところが何故かもう一台のMacBook Proでは連係カメラが1台も表示されていない。

ネットで解決法を検索したが、まだリリースされたばかりの新機能のためもあって解決法は見つからなかった。

仕方ないので「PRAMクリア」「SMCリセット」を試したがダメ、さらにMacBook Proを初期化してOSをクリーンインストールしてもダメだった。

iMacには2台のiPhoneが問題なく表示され連係カメラ機能も利用できていたのでiPhoneの問題ではない。

ひょっとしたら先日修理から戻ってきたばかりなのでMacBook Proの初期不良も疑った。

問題の切り分けのためにAppleのサポートに連絡をした。

結果、一発で解決することができた。

連係カメラが表示されないときの対処法

▲ 「QuickTime Player」アプリを起動して、「新規ムービー収録」を選択する。

 

▲ 「ムービー収録」のウィンドウが開く。

ウィンドウが開いたら、もうQuickTime Playerを終了して構わない。

 

▲ 再び「システム設定」から「サウンド」を選択して開くと、先ほどまで表示されていなかった2台のiPhoneが無事表示されていた。

このあと音声入力を試してみたが、問題なく利用できた。

まとめ

解決手順としてはあっけないものだったが、これは素人では思い付かない方法だった。

サポートチームではこの問題を認識していて、このように解決手順が確立しているということは、macOSのマイナーアップデートで修正されるのだろう。

ちなみに先日別の不具合でiMacを初期化したのだが、初期化後のiMacも連係カメラが表示されなくなってしまい、今回の手順を用いて無事解決できた。

2台のMac両方で問題が発生したということは、結構多くの人に同じ問題が生じるかもしれない。

早く問題なく使えるようになると良いが、現状はサポートに連絡しないと解決しないので、記事にしておく。

Mac関連情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら