Apple Watch 42mm ステンレススチールケース with ブラックスポーツバンド 写真多数! 開封の儀!!

広告

発売から10日ほど遅れたが、ついに僕のApple Watch 42mm ステンレススチールケースとブラックスポーツバンドが到着した!

Apple Watchに関しては、個人的にはiPhoneのときのようには燃えていないのも事実なのだが、やはり到着する直前には非常にワクワクする。

新しいオモチャの到着を心待ちにする子供と一緒だ。何歳になっても頭の中は子供のままである(笑)。


今回は引っ越しのドタバタと重なってしまったため、配送先の住所を直前に変えるなど、ちゃんと届くか心配だったが、無事ノートラブルで受け取ることができた。

では、たくさんの写真とともに、開封の儀をお送りしよう!

ごれが僕のApple Watchだ!

 

 

Apple Watch 42mm ステンレススチールケース with ブラックスポーツバンド 写真多数!開封の儀!!

宅急便の外箱からすでに特別感が漂う

150505-01- - 1

アップルからの宅急便が届いた!ワクワクするぜ!

手に持った感触としては、予想以上にずっしりと重い。

時計一つが入っているのに、この重さはなんだろう?

 

 

150505-01- - 2

箱を開けようとして、「へぇ〜」と唸る。

右下を見ていただくと、矢印が見える。

 

 

150505-01- - 3

拡大するとこんな感じ。

ここからピリピリとシールを開封していくのだが、これならカッターが不要というわけだ。

これは恐らくアップルジャパンのオリジナル梱包ではないだろうか。

アメリカでここまでキメが細かい梱包はないだろうと思う。

 

 

 

150505-01- - 4

パカッと蓋を開けると、いつもどおり、必要最低限の緩衝材だけが入った状態。

中箱との間には、段ボール製の固定材が一つ入っているだけ。

毎度ながら、アップルは梱包に自信を持っているなあ。

 

 

純白の外箱の中から登場するのは?

150505-01- - 5

宅急便の段ボールから登場!Apple Watchの外箱である。

純白の箱にリンゴマークに「WATCH」の文字が刻印されている。

 

 

150505-01- - 6

外箱の横面には、僕が注文した「42mm ステンレススチールケース with ブラックスポーツバンド」タイプであることが印刷されている。

ということは、全組み合わせ分の外箱があるということか。

Apple Watch SPORTを購入した方からは、外箱の形状がWatchとSPORTで違うという報告がされていたが、Watchでもバンドごとに外箱が違うというのは、なかなかの手間である。

あと、写真中央に黄緑色の矢印が見えると思う。

外箱には透明のフィルムが貼られて保護されているのだが、そのフィルムを「ここから剥がしてね」という矢印なのだ。

いつも以上にキメが細かい仕事ぶりだが、これは全世界共通だろうか?

 

 

150505-01- - 7

保護フィルムを剥がした状態。

Apple Watch事態はiPhoneよりも大幅に小さい製品だが、箱はiPhoneより大幅に大きい。

引っ越しのドタバタでiPhoneの外箱が出てこないので、比較写真が撮れず残念。

 

 

150505-01- - 8

外箱の蓋を開けると、中から純白のプラスチック製のケースが現れた。

両側にスリーブがついていて、「ここを引っ張って持ち上げる」と分かる構造となっている。

本当に今回はいつも以上にキメが細かい対応だ。

 

 

150505-01- - 9プラスチック製のケースを取り出す。

今度は白い保護フィルムが貼られていて、そこにも矢印が。

 

 

150505-01- - 10

このように、ピリピリピリとガイドに沿ってフィルムを剥がしていく。





150505-01- - 11

これがApple Watchの内箱だ。

純白のお弁当箱のような感じ。

 

 

いよいよ登場!Apple Watch 42mm ステンレススチールケース with ブラックスポーツバンド

150505-01- - 12

内箱を開けると、そこには保護フィルムに厳重に守られた、僕のApple Watch 42mm ステンレススチールケース with ブラックスポーツバンドが鎮座していた!

付属品の姿は見えず、とにかく静かに、密やかに、Apple Watchだけが横たわっている。

僕は時計を普段しないので、高級時計の梱包については良く分からないのだが、なかなか高級感のあるパッケージングだと思う。

 

 

150505-01- - 13

ぐっとアップで寄ってみたところ。

 

 

150505-01- - 14

内箱の内側にもリンゴマークと「WATCH」の文字。

 

 

150505-01- - 15

箱からApple Watchを取り出すとき、保護フィルムに何か印刷されていることに気づく。

見てみると、バンドの装着方法が図解されていた。

 

 


150505-01- - 17

さあ、いよいよ保護フィルムを剥がして、ご本尊が登場!

持ってみると、ほどよくずしりと重い。

僕は時計をしないので分からないが、やはりこのほど良い重量感というのは、高級感を出すためには必要なのだろう。

確かにペラペラのプラスチック製だと、手首に巻く時計としては、喜ばれないというのは分かる。

 

 

150505-01- - 18

全体のフォルムはこのような感じ。

ブラックスポーツバンドはマット素材のゴム製で、滑らかな仕上がりになっている。

 

 

150505-01- - 16

裏面には、心拍数などを計測するためのセンサーがあり、普通の時計ではないことが良く分かる。

そして刻印がぐるりと一周している。

刻印は、Apple Watchのタイプやシリアルナンバー、それにサファイアクリスタルグラスだよ、というようなことが書かれている。

 

 

150505-011- - 3

右サイドから見るとこのような状態。

右がクラウンホイールで、左がパワーボタン。

Apple Watchはデジタルガジェットなので、クラウンホイールは時刻を合わせるためのものではないが、時計らしさを強調するためのデザインだ。

 

 

150505-011- - 4

左サイドにはボタン類はなく、シンプルな作り。

 

 

150505-011- - 5

ブラックスポーツバンドは、デフォルトでLサイズが装着されている。

穴は7つあり、比較的細かく調整が可能だ。

個人的には手首にピッタリくっつく感じがイヤなので、多少遊びがあるように装着している。

 

 

150505-011- - 6こちらが留め具。

装着の仕方が普通の時計と違うので、慣れるまでちょっと戸惑う、というか、実はまだ装着するのに多少時間がかかる。

 

 

150505-01- - 19

Apple Watchと先日紹介したWithings Activitéを並べて撮影。

どちらも高級路線だが、その向かっている方向性はまったく逆といっていいだろう。

 

 

付属品は相変わらずシンプル!

150505-01- - 20

Apple Watchの付属品は、外箱の、純白のお弁当箱の下に入っている。

お弁当箱を取り出すと、毎度お馴染の「Designed by Apple in California」の文字が。

 

 

150505-011- - 1最初に出てくるのはドキュメント類と、交換用のバンド。

 

 

150505-011- - 2

こちらが交換用のバンド。

先ほども書いたとおり、出荷時にはLサイズのバンドが装着されている。

この交換用のバンドは、S/Mサイズのもの。

 

 

150505-01- - 21

ドキュメントと交換バンドが格納されているスリーブを取り除くと、ACアダプタと充電用のケーブルが登場する。

 

 

150505-01- - 22

こちらが充電用ケーブル。

Apple Watchの背面に端子をマグネットでくっつけて充電する。

僕はデスクでUSBハブから充電するので、この梱包のままシールだけ剥がして使っている。

 

 

さあ、使ってみよう!

150505-01- - 23

Apple Watchを使い始めるためには最新OS iOS 8.3にアップデートされたiPhoneが必要だ。

iOS 8.3で新たに追加された、Apple Watchというアプリをタップして起動すると、同期画面が現れる。

 

 

150505-01- - 24

そして、いよいよ、ドキドキしながらApple Watchの電源をONにする。

リンゴのマークが淡く現れたら、1分ほど起動を待つ。

 

 

まとめ

ずいぶん待たされたが、僕のApple Watchがついに手許にやってきた!

外箱から本体まで、高級感、重厚感にあふれた作りになっていて、時計に詳しくない僕でもワクワクしてしまった。

このデザインが好きな人も嫌いな人もいて当然だと思うが、少なくとも僕はとても気に入った。

まるで未来のSF漫画の世界がやってきたようなプロダクト。

それがApple Watchのファーストインプレッションだ。

いよいよ開封が終わり、同期と設定へと進んでいく。

長くなったので、続きは別エントリーで。

Apple Watch、楽しみだ!!

 

Apple Watch スタートブックSBクリエイティブ SBクリエイティブ 2015-05-09
売り上げランキング : 482

by ヨメレバ

 

できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド法林 岳之,石川 温,白根 雅彦,できるシリーズ編集部 インプレス 2015-05-22
売り上げランキング : 2126

by ヨメレバ

 

 

立花岳志お知らせコーナー

情報発信・ブランディング講座開催!

5月9日(日)に東京で、6月6日(土)に大阪で、7/18(土)に名古屋で、「情報発信・ブランディング講座を開催します!
ブログとSNSを基点にして自分をブランド人化して、好きなことを仕事にでき、自由に豊かに生きる人になりましょう。
その成功法則を伝授します!
ぜひご参加ください!

5/9(土)東京「情報発信・ブランディング講座」 – No Second Lifeセミナー | Doorkeeper

 

 

 

 

6/6(土)大阪「情報発信・ブランディング講座」 – ツナゲルコミュニティー | Doorkeeper

 

 

 

7/18(土)名古屋「情報発信・ブランディング講座」 – ツナゲルコミュニティー | Doorkeeper

 

 

 

立花岳志個人コンサルティング

立花岳志の個人コンサルティングのご予約はこちらから。
自分の好きなことをして生きていきたい方、情報発信で人生を変えたい方、戦略的なブランディングをしたい方、自分の強みを知りたい方の夢を叶えるお手伝いをさせていただきます。
90分の基本コースのほか、3時間枠、3回コース、6回コースの割引もご用意しています。
ぜひご活用ください。

立花岳志 個人コンサルティング | No Second Life

 


 

 

関連エントリー:

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします