Rarum IX: Selected Recordings by Pat Metheny 〜 パット・メセニー始めました 2019年1月のライブに備えてお勉強 [Music]

広告

パット・メセニー(Pat Metheny)の「Rarum IX: Selected Recordings」というアルバムをiTunes Storeで購入したのでご紹介。

パット・メセニーというアーティストの存在を最初に知ったのは、僕が中学生のとき。

デヴィッド・ボウイとのコラボで「This is not America」という曲がリリースされ、ヒットチャートで比較的上位に上がってきた。

僕はデヴィッド・ボウイが当時から好きだったので、その曲を聴き、同時にパット・メセニーの存在も知ることになった。

ただ、その曲はプロモーション・ビデオに二人の演奏シーンなどはまったくなく、また大きくギターがフューチャーされている曲でもなかった。

なので、「パット メセニーってどんなことしてる人なんだろう?」という疑問が残ったまま、なんとなく尻すぼみになった。

それ以来、僕のなかでパット メセニーというギタリストは、存在は知っているものの、深く聴いたことがないアーティストの一人となっていた。

そんな僕に転機が訪れた。

今年、2018年10月に元妻のあやちゃんに誘われ、生まれて始めてBlue Note Tokyoにライブを聴きにいき、そのことをブログでシェアした。

すると、仲良しのシンヤBさんが僕の投稿を見て、「来年1月にパット メセニーが来日してBlue Noteで公演するから、一緒に聴きに行こう」と誘ってくれたのだ。

前々から興味があったパット メセニーのライブで、しかもBlue Noteであればぜひ!ということで一緒に行く約束をした。

そして、そこからちょっといろいろ奇跡みたいなことが幾つか重なり、ご一緒するメンバーも確定した。

で、せっかくのライブだしせっかくのパット メセニーなので、予習をしておこうと思い、シンヤさんにメッセで「パット メセニーのオススメアルバムを教えて」と連絡をしたのだ。

すると、シンヤさんから「ブログに書いていいですか?」という質問があったので、もちろん!とお願いした。

そしてアップされたのがシンヤさんのこちらのブログ記事。

シンヤさんのこの記事の中でまっさきにオススメされていたのが、「Rarum IX: Selected Recordings」だったのだ。

 

シンヤさんは「入手困難」と書いていたが、iTunesストアを眺めていたら販売していたので、さっそくダウンロードしていま聴いているところ。

汗の臭いがしないクールで、でもしっとりとした温かみもある世界観だなぁ、というのがここまでの印象。

この世界観がライブだとどう表現されるのか、とても楽しみ。

というわけで、パット メセニー始めました。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします