早寝習慣を身に付けたいあなたに贈る10ステップ

広告


3. 夜になったら部屋を暗くする

130620-01-1

写真は我が家のリビングだ。

夜は天井の電気は原則点けず、スタンドだけにしている。

本を読む時もスタンドの光で全然問題ない。

必要がある時だけ天井の灯をつけるが、滅多に必要ない。

食事の時も間接照明だけにしている。

日が暮れた後は極力電気を暗くして、身体を夜に馴染ませる。

すると、副交感神経が活発になり、身体はリラックスモードになりやすい。

昔夜更かしの頃は、眠る直前まで部屋の電気を全部点けて活動していたが、やはり寝る直前まで明るい部屋にいると、電気を消してもすぐには眠れないものだ。

部屋を暗くしておくと、スムーズに睡眠モードに入れる。

オススメだ。

4. テレビは早めに消そう

僕はもう4年近くまったくテレビを観ない生活をしているが、みなさんに同じことをしろとは言わない。

でも、どうしても観たい番組がないなら、夜は早めにテレビを消して部屋を静かにしよう。

テレビをダラダラ観ていると、番組が終わるまでつい見続けてしまい、つい夜更かしになる。

また、動画は脳に入る刺激が強いため、交感神経が活発になってしまい、軽い興奮状態となる。

夜は早めにテレビはオフにして、静けさを楽しむか、もしくはリラックスできる静かな音楽を聴こう。

テレビを消すと生まれる時間の大きさにきっと驚くだろう。

その威力、是非試してみてください。

5. 夜はネットから距離を置く

テレビと同じく夜更かしの元凶となるのがネットだ。

YouTubeでだらだら動画を観てしまう。延々とSNSで友達とやりとりしてしまう。

SNSは夜は参加者も多く賑やかで楽しい。ついつい書き込んでいると、寝る時間をとっくに過ぎているというパターン。

僕は最近夜はネットから距離を置くようにしている。

まったく書かないわけではもちろんないが、夜はちらっと眺める程度にしておく。

最初は少し寂しいかもしれないが、すぐに慣れるし、友達も「たちさんは夜はいない」と認識してくれるので問題ない。

夜は早めにネットを離れ、ゆっくり読書したり家族とお話しする時間にしてはどうだろうか?

 

【次のページ】夜の楽しみといえばこれだよね!?リラックス大事!!


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!