MacBook Pro Retina 13 inchが欲しい件

広告


僕は自宅用と外出用の2台のMacを使っている。

 

overview_hero

自宅のiMac 27 inchは昨年1月に届いたカスタマイズモデルで、当時の最高スペック、いわゆるUltimateにしたタイプだ。

フュージョンドライブ3TBのストレージ、32GBのメモリなど、盛り沢山で超快適。

1年半近く経ってもまったくストレスを感じることがない。

まだまだ当面現役である。

いっぽうその半年前に買った外出用のMacBook Air 11 inchは少々苦しくなってきている。

このとき僕は発売当日に購入したくて、銀座のAppleストアで標準スペックのマシンを買ってしまったのだ。

発売初日だったせいもあって、Ultimateタイプは在庫がなく、一瞬躊躇したが、標準スペック機を持ち帰りたいという欲求が勝った。

ストレージは128GBのSSD、メモリ4GB。ここが両方しんどい。

バッテリーも苦しくて、2年使って3時間くらいしか持たない。

あと、これはスペックの問題ではないのだが、11インチという画面サイズも、ちょっとどうかな、という感じになってきた。

 

 

で、実は今年のMacBook Airの新機種にはちょっと期待していたのだ。

が、結果は期待外れ。スペックアップはしたのだが、思ったほどの進化はなかった。

すると俄然興味が出てくるのが、MacBook Pro Retinaの13インチである。

実は光学ドライブがなくなったMacBook Pro Retina 13 inch とMacBook Air 13 inchでは、重さは220グラムしか変わらないのだ。

Retinaモデルは解像度が圧倒的に高くなるし、バッテリーの持ちは9時間と文句ない。

ストレージもSSDが標準になっていて、しかも1TBまで増量できるのだ 素晴らしい。

 

140514-0001

ちなみにMacBook Pro Retina 13 inchモデルをフルスペックのUltimateに「盛る」と、価格は約26万5,000円となる。

正直プロセッサのスペックアップが必要かは悩むところだが、長く使うことを考えると上げておいた方が後悔がないだろう。

Appleオンラインストアでカスタマイズの見積もりをしていて、思わず購入ボタンを押しそうになって思いとどまった。

買うにしても、もうちょっとだけ冷静になろう。

うん、そうしよう。

予算とにらめっこして、購入ボタンを押すタイミングを決めたいと思う。

 

 

あと、自宅のTime Capsuleがそろそろ丸5年になるので、そろそろな感じなのだよな。

 

  こちらも検討しよう。  

MacBook Air & Proマスターブック 2014 OS X Mavericks対応版
松山 茂,矢橋 司 マイナビ 2013-12-21
売り上げランキング : 62636

by ヨメレバ

 

Mac Fan Special MacBook Air & Pro 完全ガイド OS X Mavericks対応 
松山 茂,矢橋 司 マイナビ 2014-03-20
売り上げランキング : 90596

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします