「3か月」の使い方で人生は変わる

広告

佐々木大輔さん著、「「3か月」の使い方で人生は変わる」という本を読んだのでご紹介しよう。

佐々木さんはGoogleを経てクラウド会計ソフトのfreeeを創業した方。

本書は先日書評を書いた、野上浩一郎さん著「3か月で自然に痩せていく仕組み」の中で紹介されており、興味を持って購入した。

僕は普段一人で仕事をしているため、Googleやfreeeのような先端を走る組織を率いる人の考え方や働き方を学べ、とても刺激を受けたし興味深かった。

さっそく紹介しよう。

「3か月」、1つのテーマに取り組む

3か月というと、1年の4分の1である。

日本でも海外でも、1年を4か月ごとに、3分の1に区切るという考えはあまり聞いたことがない。

日本語では「四半期」、英語だと「Quarter」として、1年は3か月ごとに4つに区切るのが一般的だ。

 

おそらく、多くの先人たちも、1年を4つに区切って3カ月間で1つのフェーズと捉えるのが自然だったのだろう。

僕も会社員時代は四半期毎の目標などを設定していたが、独立して以来、四半期毎で1つのテーマに取り組むという考えはしていなかった。

本書では、「3か月、1つのテーマに取り組む」ことを推奨している。

それは、著者の佐々木さんがGoogleで学んだこと、そして今のfreeeで実践していることである。

確かに、1年と言う単位では長すぎて息切れするだろうし、ずっと同じテーマに取り組むべきかの判断をするにも1年では遅すぎる。

逆に、1ヵ月単位では取り組みの成果が確認できるところまで進まず、視野が狭くなってしまいそうだ。

そういう意味で、3か月を1つの区切りとし、その3か月の目標を掲げ、1つのテーマに取り組むというアイディアは「アリ」と感じた。

今まで僕は個人でクオーターレビューを行っていた時期もあったが、クオーターごとに大きなテーマを掲げたことはなかった。

3月末に次回のクオーターレビューを行うつもりだったので、次回から「次の3か月に取り組む大テーマ」を掲げてみようと思う。

著者の佐々木さんは以下のように書いている。

何かをつかめる、何かが変わる。

そういう感触を得られるのが、「3か月」という時間の単位だと僕は思っている。事業は3か月では変わらない。経営も3か月では変わらない。けれども、考え方や成功体験など、人生の転機という発想で見れば、「3か月」という時間の単位で何か手ごたえを得ることは可能だ。「3か月」集中することでナンバーワンになったり、「3か月」で大きな自信をつけたり、新たな道を切り開いたりすることができる。

佐々木さんは「3か月は確実に変化を起こせる最小単位」とも書いている。

「理想ドリブン」で考える

3か月取り組むテーマを決め、目標を掲げるとき、大切なことは「理想をベースにする」ことだ。

多くの人は、今の自分にできることをベースに、「何をプラスするか」という考え方をしがち。

しかし、その考え方では進化の度合いはかなり限定されてしまう。

まずは、「本当はこれがしたい。そのためにはこれとこれが必要だ」と言うように、理想を掲げ、そのために必要なことを書き出すことが大切だ。

最初から妥協したアイディアを目標に掲げては、妥協した理想しか実現できない。

理想的な状態にするために、まずは本当はどうするのがベストなのかを描いてみる。

その発想の方式を佐々木さんは「理想ドリブン」と呼んでいる。

もちろん現実世界では、理想の通りに物事を進めるのが難しいケースは多々ある。

しかし、理想を軸に考える癖をつけることが何より大切だ。

すべての妥協を一旦排し、「本当はこうしたい」「本当はこうなりたい」をハッキリ描く。

そして、「そのために必要なことは何か?」「どうすればできるようになるか?」を考える習慣を持とう。

この習慣が持てれば、自分の能力を自分で制限してしまうことがなくなる。

それが何よりも大切な思考の習慣だ。

「深い思考」をするための3時間

本書では3か月のゴールに向かうための様々なアイディアが提示されている。

その中で僕が特に心惹かれたのが、「「深い思考」をするための3時間」だ。

佐々木さんは、深い思考をするために、細切れの時間ではなく3時間程度まとまった時間を1週間に1度は必ず取るようにしているという。

3時間まるまる深い思考を行えるわけではない。

ただ、3時間あればその時間内に、深い思考に入るための「助走となる時間」と、終わりに「考えたことを整理する時間」までを一度に含めることができる。

3時間という貴重な時間を有意義に過ごすためには、あらかじめテーマを決めておくことが大切だ。

なんとなく過ごす感覚だと、集中力が切れ、ネットサーフィンをしてしまったり、別のことに手をつけてしまったりする。

あらかじめ決めたテーマを深掘りする貴重な時間であると言う認識を持って3時間を使うことが重要。

スマホの通知を切ったり、メールの画面を立ち上げないなど、邪魔が入らない環境に身を置くことも欠かせない。

また、佐々木さんは年に1度、1週間位日常から離れて山籠もりをし、深い思考をする時間を確保しているという。

以前書評を書いた安田修さんの「自分を変えるノート術」でも、著者の安田さんは最長で1か月に渡る「一人合宿」を行ったことがあると書いていた。

何日にも渡る長期の「深い思考のための時間」を、僕自身も確保したくなってきている。

ぜひ実践しようと思う。

まとめ

3か月を区切りとして1つのテーマに取り組む。

今まで僕の発想になかった考え方だが、読んで非常に腑に落ちた。

今までは複数のやっていることを3か月単位で見直すことしかやっていなかったが、3か月ごとに大きなテーマを掲げてみようと思う。

また、週に1回の3時間の深い思考の時間も、是非実践したい。

いま、週次の「一人合宿」は約1.5時間ほど使っているので、これを3時間に拡張していこうと思う。

いきなりは時間の確保が難しいので、まずは2時間を目標にし、その後少しずつ拡張していければ良い。

山籠もりは自分の誕生日前後にできるよう、計画しようと思う。

僕は誕生日を境に運気が大きく変わるので、そのタイミングで「一年をどう過ごすか」をテーマに取り組むと良さそうだ。

多くの気付きと実践すべきことを与えてくれた良書でした。

ただ、具体的な時間管理術やPDCAサイクルの回し方に関する解説書ではないので、その点は留意した方が良いかも。

「「3か月」の使い方で人生は変わる」のチェックはこちらから!

「3か月」の使い方で人生は変わる

「「3か月」の使い方で人生は変わる」は僕のYouTubeチャンネルでも紹介しています!併せてご覧ください!

書評記事はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!