今すぐ幸せになる方法は、これしかない!!

広告


法則7. ソーシャルへの投資

ここでいう「ソーシャル」は、インターネットの「ソーシャルメディア」を指すものではない。

いや、ソーシャルメディアに限定したものではない、というのが正しい。

一言で言えば、「幸せになるためには仲間が大切だ」ということだ。

 

ハーバード大学はアメリカで最も優秀な人物が集まる大学の一つだ。

それは何を意味するか。今まで全米各地で「成績トップ」として生きてきた人達のうちの半分が、ハーバードでは「平均以下」に位置することになる。

彼ら「天才」「秀才」と呼ばれてきた人々にとっては初めての屈辱だ。

 

そんな過酷な競争社会ハーバードの学生の幸福度を研究した結果をある学者は以下のように表現した。

研究によって得られた発見を一言で言えば『愛』に尽きる

つまり、同じぐらい辛い状況、追いつめられた環境にある学生たちでも、信頼できる仲間関係を構築できている学生たちの幸福度は高く、孤立している学生は幸福度が低いという結果が出たのだ。

 

この傾向は大学に限ったことではない。

2008年にアメリカを襲ったリーマンショック直後、多くのアメリカ企業は未曾有のパニック状態に陥ったが、その際に多くの企業は社員同士のコミュニケーションの機会を増やし、相互の絆を強める努力をしたという。

福利厚生費や懇親会などの費用は不況の時にはまっさきに削られてしまうものだが、マネージャーたちは自腹でビール代を捻出し、社員と自由に会話する時間を持ち続けたという。

 

幸せは一人でも得られるものだ。

だが、そこに仲間の存在があることで、その幸福度は格段に高まり、強固なものに育っていく。

人と人との絆に投資する。

これが大切なことなのだ。

 

まとめ

幸福優位性は伝播する。

「微笑み」という形を通して、人から人へと伝わっていく。

楽しい、嬉しい、幸せだ。

プラスの感情を積極的に表に出すことで、周囲にも幸せな気持ちの人が集まるようになる。

そしてそれらのプラスな人々が集まることで、「上昇スパイラル」が生まれ、どんどん仲間同士の絆が強まり、幸福度が高まっていく。

 

同じことは家庭でもいえる。

家族同士がいつも幸せで笑顔でいるようになることで、上昇スパイラルが生まれていく。

 

ここまで読んでいただいた方は分かると思うが、「幸せ」というのは無条件で「ある」ものではない。

積極的に「幸せになる」のだ。幸せかどうかを決めるのは自分なのだ。

 

この本は専門的かつ詳細に、僕らがどうやって幸せになるかの論理と実践方法がぎっしり詰まっている。

もしこのエントリーを読んで興味を持ったなら、一冊チャレンジしてみて欲しい。

 

成功すると幸せになるのではない。

幸せだから成功するのだ。

皆で一緒に幸せになろう。良い本でした!

 

幸福優位7つの法則 ご本のチェックはこちらから!

 

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
ショーン・エイカー 徳間書店 2011-08-27
売り上げランキング : 2514

by ヨメレバ

関連エントリー:


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします