「フォトリーディング」10倍速く本が読める!実践法5つのステップまとめ

広告


もし今の10倍のスピードで本を読むことができたら。

そんな夢のようなスキルが手に入るとしたら、あなたは試してみたくないだろうか?

そのスキルとは、「フォトリーディング」だ。

フォトリーディングは単なる速読ではなく、それ以上の変革を僕たちにもたらす。

僕は先日公認インストラクターの勝間和代さんが講師を担当されたフォトリーディング集中講座に出席し、修了証をもらった。

くわしくはエントリーも書いているので参照してください。

だが、その方法論は、実は秘密でも何でもなく、1,400円の本に書かれていて、誰でも読むことができる。

そして実際にフォトリーディング集中講座を受講してみて分かったことだが、集中講座では、この本に書いてない「秘伝」のようなものは何も習わない。

言い換えれば、10万5,000円のセミナーを受けなくとも、フォトリーディングのシステムやその実践方法は、本を読めば理解できるということだ。

あなたもいままでの10倍速く本が読める」というこの本は、フォトリーディング考案者のポール・R・シーリィ氏が書いたものだ。

そして日本にフォトリーディングを紹介した神田昌典氏が日本人向けに分かりやすいよう監修している。

今回は、この本に書かれているエッセンスの重要なポイントを皆さんにお伝えできればと思う。

「フォトリーディング」10倍速く本が読める!実践法5つのステップまとめ

フォトリーディングは「速読術」ではない

まず多くの人が考えているであろう誤解を解いておきたい。

と、偉そうに言っているが、僕自身つい最近までその違いを知らなかったのだから詳しくない人が違いを知らなくても無理はない(笑)。

その誤解とは、章タイトルに書いたとおり、「フォトリーディングは速読術ではない」ということだ。

では一体フォトリーディングとは何なのか?

フォトリーディングは、正式には「フォトリーディング・ホール・マインド・システム」という(Photo Reading Whole Mind System)。

このシステムは、僕らが生まれつき持っている、画像処理能力を最大限に発揮させるものだ。

僕らの脳は、文字を理解して解釈する能力よりも、圧倒的に優れた画像処理システムを持っている。

人の顔の特徴を文章で表現することは非常に難しいが、写真を見てその人の顔を判断することは簡単だ。

そして、処理された膨大な視覚情報は、全てが僕らの脳に蓄積されている。

だが、普段僕らはそれら圧倒的なボリュームの記録に直接アクセスすることはできない。

あまりにもその量が膨大で、すべてを意識していたら、記憶の容量が溢れてしまうからだ。

なので、それらの視覚情報は、「潜在意識」という領域に普段は格納されていて、僕らはそれらの情報を「忘れる」ことができる。

だが、それらの情報は失われたのではなく、忘れているだけで、しっかりと潜在意識に残っている。

従って、数十年ぶりに訪れた子供の頃遊びに行った場所で、急にその頃の自分の記憶が蘇ってきたり、人混みの中で何年も会っていなかった友達とバッタリ行き合ってお互いを発見する、というようなことが可能となる。

そう、僕らは言葉として文字を理解するよりも、目で見たままを画像として処理する方が得意な生き物なのだ。

 

そしてフォトリーディングは、この「画像処理」と「潜在意識」を組み合わせることで、僕らの意識を「拡張」して、従来よりも大容量で高速な処理能力を身につけようというシステムなのだ。

もちろんPhoto Readingなので、読書を10倍速で行うことを目的としているシステムであることに間違いはない。

でも、このシステムを使えるようになると、探し物がすぐに見つけられるようになったり、探している情報と巡り合う確率が高まるなど、多くの効用がある。

そしてもう一つ、フォトリーディングを使うことは、本を極めて体系的かつ俯瞰的に読む技術を身につけることだ。

僕らは本を最初のページから読みはじめるクセがあるが、フォトリーディングでは、まず「自分は何故この本を読むのか」「この本を通じて自分は何を得たいのか」という問いかけからスタートする。

本全体が何のために書かれているのか、どういった情報を提供しているのか。

本の骨格を見て全体像を掴むことから始めるため、本へのアプローチ方法が大きく変化する。

この俯瞰的情報処理技術は、憶えておいて絶対に損はないものだと僕は考えている。

まさに、夢のようなシステムであることは確かだ。

 

フォトリーディング5つのステップ

フォトリーディングというと、パラパラと本をめくっただけで読めてしまうという印象を持つ人が多いだろう。僕もそう思っていた。

でも実は、フォトリーディングのステップには、実に色々な作業があり、大別して5つのステップに分かれている。

この5つのステップを総称して「フォトリーディング」と呼ぶのだ。

では、この本に沿って簡単に説明しよう。

1. 準備

フォトリーディングでは、いきなり本を読みはじめることはしないとさっき書いた。

まずは、読書の準備から行う。

準備とは、読書の目的を明確にすることと、集中学習モードに入ることを指す。

読書の目的を明確にすることで、本の中にちりばめられているキーワードへのアクセスが容易になる。

具体的には、以下のようなことを考えて、文字にする。僕はEvernoteに入力している。

  • 本に期待すること
  • この本から得られる情報はどれぐらい重要か
  • どれぐらい詳細に理解する必要があるか。
  • どれくらい時間を掛けるか

これらを箇条書きにして言語化しておくことで、頭の中にキーワードが入りやすくなる。

そしてもう一つの重要な準備が、集中学習モードに入ることだ。

本書ではとてもユニークな集中方として、「ミカン集中法」を紹介している。

ミカン集中法とは、自分の頭の後方上空15cm〜20cmくらいに、ミカンが浮かんでいる状態をイメージすることによって、意図的に「フロー状態」を作り出す手法だ。

フロー状態は、僕たちが無意識に「すごく集中した時」になる状態のことで、身体らリラックスしているのに脳は高度の集中状態になる。

普段僕らはなかなか意図的にこの状態に自分自身を持っていくことはできないのだが、このミカン集中法をマスターすると、短時間で自分をフロー状態に持っていくことができるようになる。

2. 予習

本を読む目的を明確にして集中モードに入ったら、次は予習を行う。

予習はごく短時間で行う3つのステップで構成されている。

1. 文書をざっと見渡す。

本の場合は目次など、全体の構成を確認できる場所をざざっと見る。時間にして1〜2分程度。

2. 目的に沿った価値があるかを検討する

「準備」の段階で考えた目的に見合う情報が得られるかどうかを確認するのがこのステップ。

3. 読み進めるか否かを決定する

結果として、自分はこの本を読むべきなのかどうかを決める。目的が達成されそうにないのなら、読まないほうがいい本もある。

さて、次のページでは、いよいよ「フォトリーディング」からのステップを紹介しよう!

【次のページ】いよいよフォトリーディング!そのコツとは?ポイントとは?本当に10倍速く読める??

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします