半日断食を始めて一ヶ月経っての途中経過

広告


先月下旬に思うところあって始めた半日断食。

140627-01-1

高野山での合宿中以外は原則ずっと続けてきて、約一ヶ月が経った。

途中経過を皆さんにシェアするとともに、自分自身の記録としても残しておきたい。

ちなみに今朝も普通に朝食は抜きで、まもなく時計は12時を指そうとしてる。

いま札幌に向かう飛行機の中でこのブログを書いているが、体調にはまったく問題はない。

 

 

 

僕の半日断食

僕の半日断食は、朝食のときにフルーツとコーヒーを飲むという形を採っている。

今までずっと1日3食食べてきていたので、いきなり完全に朝食をなくすのは寂しかった。

あと、奥さんは従来通りの朝食を食べ続けると当初は思っていたため、夫婦で食卓を囲むというイベントが1日1回減ってしまうことを避けたかった。

なので、主食のパンやチーズ、ハムなどは廃止して、フルーツとコーヒーだけ、以前のまま残す形にした。

ただ、コーヒーに関しては、空きっ腹に飲むのはあまり良くないと考えており、ゆくゆくは廃止したいと思っている。

また、僕につられるように、最近奥さんもパンを食べなくなりつつある。

そうすると、無理に朝食っぽい形を残すために朝に何か食べる必要はなくなるのかもしれない。

いずれにしても、現段階は途中経過という形がふさわしいだろう。

フルーツとコーヒーだけを採り、あとは昼まで何も食べない。

そしてそのぶん、水と白湯をたくさん飲む。

それが現段階での僕の半日断食のスタイルだ。

 

 

 

半日断食を始めた直後

半日断食を始めて最初の数日は、午前中にちょっとフラフラすることがあった。

おなかがすいて辛いのではなく、軽い眩暈に似た感覚だ。

それまで毎日パンにバターをつけて食べていた。

身体が毎朝糖質が入る前提で回っていたのに、朝に糖質が入ってこなくなって戸惑ったのだろう。

幸いフラフラする感覚は強いものではなく、また、数日経ったらなくなっていった。

いまでは朝食抜きにもすっかり鳴れてしまい、フラフラする感覚もなくなった。

また、高尾山~小仏峠登山や、早朝10kmランなど、朝食抜きで運動もしてみている。

こちらも今のところまったく問題なし。

運動をすると活発におなかが空く感覚はある。

しかし、それはあくまても「おなかがすいている」だけであって、エネルギー切れになったり集中力が落ちたりということはない。

 

 

 

体重・体調、そして気になる宿便について

半日断食を始めてから現在までのところ、体重はほとんど変わっていない。

自炊を続けると体重が減っていき、外食をすると体重が増える。

このサイクルは、断食前と変わらない。

ただ、体重が減らない要因の一つに、後で書く夕食後の間食の問題があると思う。

こちらは現段階で「課題」と言えるもので、今後取り組んでいきたいポイント。

この「間食」の問題がクリアになると、体重はもう少し減っていくのではないかと思っている。

 

 

宿便についても書いておこう。

半日断食では積極的に水と白湯を飲む。

午前中を「排泄の時間」にするために食事をしないわけだが、実際午前中の排泄活動はすごく活発になる。

そして「多分これが宿便だな」という排泄も何度か経験した。

宿便の排泄があると、身体がものすごく軽くなり、爽快だ。

そして宿便の排泄があった翌日には体重がストンと落ちる。

おなかが見た目的にもぺったんこになり、お昼ごはんの前には「本当に何も入っていません」という感じになる。

この感覚は慣れてしまうと爽快で、そして、当然お昼ごはんがすごく美味しく感じる。

体調はもともと良かったわけだが、半日断食を続けていても、特に問題が生じたり、具合が悪くなったところはない。

全身快調である。

 

 

 

半日断食の現段階の問題点

半日断食の現段階の問題点は、食事のバランスがまだ上手く掴めていないことだ。

特に問題なのが炭水化物・糖質の摂取量のコントロールだ。

いままで朝にパンを食べていた分がなくなっているわけだが、昼と夜は従来通りの食事バランスにしている。

「従来通り」というのが、炭水化物を夜に原則食べない食生活なのだが、これが良いのか悪いのかが良く分からない。

昼には米もパンもパスタも制限なく、軽めの量を食べるようにしている。

そして夜は原則パンや米、パスタなどは食べないようにしている。

この比率にしていると、週に何回か、夕食を終えたあとにどうしても間食したくなるのだ。

おせんべいやポテトチップス、チョコレートなどが欲しくなる。

当然のことながら夕食で炭水化物を抜いても、ポテトチップスやチョコレートを食べては意味がない。

それでも身体が強く欲するので、つい食べてしまう。

間食したくなるのは、夕食に炭水化物を食べないと総量としてのエネルギーが不足しているのかな?とも思い、数日夕食にごはんを食べてみた。

しかし、夕食にごはんを食べると満腹感が強くなりすぎて、どうも身体が喜んでいない感じがするのだ。

翌朝の体重も重くなり、いまいち爽快ではない。

 

 

原則炭水化物は毎晩抜いていて、間食したくなるのは週に何回かだけ。

なので、主食を抜いていることが問題なのではなく、食事の総量が足りていないため、ストレスを感じて間食したくなるのではないか、という仮説を立てている。

無理に炭水化物を食べるのではなく、野菜などのボリュームをもう少し増やしてみようかと検討しようとしているところだ。

この点についてはまだ試行錯誤中で、この点がクリアになってくると、僕の半日断食は次のステップに進むのではないかと思っている。

 

 

 

まとめ

半日断食については、おおむね快調であり、やってみて良かったと思っている。

次のステップは、朝のコーヒーを止めることと、夕食後の間食を欲する状態を改善することだと思っている。

半日断食のあと、夜に強く食欲を感じる日と、全然そうならない日があり、まだ波があるようだ。

この辺りを安定させることを意識して、引き続き取り組みたい。

 

 

ただ、今日からの北海道旅行中は半日断食はいったんお休み。

旅の食事を楽しみつつ過ごし、旅が終わったらまた再開とする予定だ。

食事をやめる、という習慣の変更は、思った以上にメンタルブロックがあるものだが、やってみると実に爽快だ。

また進捗を報告しますね。

 

奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! 甲田 光雄 マキノ出版 2001-12
売り上げランキング : 2000

by ヨメレバ

 

朝食抜き!ときどき断食! (講談社プラスアルファ新書)渡辺 正 講談社 2003-12-19
売り上げランキング : 87155

by ヨメレバ

 


 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします