小樽から札幌に移動する車中で新刊の原稿が書けて「やろうと思えば何でもできる」と感じた件 [2017年6月 北海道旅行記 その16]

広告


2017年6月の北海道の旅、3日目。

旅の一つ前の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

今回の旅は札幌から小樽に移動して一泊し、また札幌に戻って二泊するイレギュラーなスケジュール。

小樽を出て札幌に戻る電車の中で新刊の原稿書き。

全然普通集中できて、いままでの概念が覆った記録として書いておく。

小樽から札幌に移動する車中で新刊の原稿が書けて「やろうと思えば何でもできる」と感じた件  [2017年6月 北海道旅行記 その16]

僕はいま次の本の原稿を書いている。

僕は一日に何時間も同じ作業をするのは楽しくないので、細切れにしてちょこちょこ書いている。

5月は1日10分、6月は1日15分ずつ、毎日ちょっとずつコツコツと原稿を書いている。

次に出る本は7冊目の本なのだが、今回ほど細切れで原稿を書くのは初めてのこと。

「ノマドワーカーという生き方」のときは1日30分から始め、途中から60分に伸ばし、最後の一週間だけ90分に伸ばした。

他の本のときがどうだったかはあまり憶えていないが、スタイルは変わらないので、似たような感じだったのだろう。

 

で、今回は1日15分でも良いということもあり、旅の間もずっと毎日本の原稿を書いている。

15分だと、移動中やちょっとした隙間時間にも本が書ける。

これは新しい発見だ。

前の本までは、「本の原稿は自宅の書斎に籠もってしか書けないもの」と思っていたからだ。

でも、今回は大阪の旅の間も北海道に来てからも、毎日15分きっちり本の原稿が書けている。

品質は読んでくれる方の判断に委ねるが、書いている側としては、書き始めてすぐに集中モードに入れ、なかなか良い原稿が書けていると感じている。

 

この日は小樽のホテルを出て札幌駅までの電車の中で本の原稿を書いた。

所要時間約25分を活用して書いたのだが、まったく問題なかった。

移動中、しかも旅で、さらにはロングシートで横向きの座席の中で本が書けるとは思っていなかった。

でも、今回は飛行機の中でも原稿を書けたし、そもそもできないというのは、ただの思い込みだったのだと思う。

こうやって本の原稿が書けるようになってくると、「では今書けていない書評やガジェットレビューは、本当に書けないのか?」と自分に問うことになる。

書けないわけがないよね。

さあ、さらなる進化のときがきた。

そして僕を乗せた函館発の飛行機がいま飛び立つ。

まとめ

書けない理由を探すのではなく、書けるように進化しよう。

旅の次の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

札幌・小樽をもっと知りたい人が読む本

北海道に関する情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします