僕がEvernoteでライフログを見るのをやめた理由…そして

広告

自他共に認めるライフロガーである。

ライフログ収集にはEvernoteなのだが…

「ライフログ」という言葉を知る前から、自分は「記録マニア」だと思っていた。

食べた食事や行った場所、読んだ本に使った金額。

自分を通過した客観的記録に対してすごく興味があるのだ。それを時系列に並べたいという純粋な欲求が強いのだ。

 

 

毎日走れば距離と時間を記録する。食べたものの写真を撮る。行った場所にチェックインする。考えたことをメモする。

客観的事実の集合体が、僕という人間をデザインしているのだと信じている。だからライフログが好きなのだ。

 

 

ライフログの収集といえばEvernoteである。

僕もライフログは全部Evernoteに放り込んできた。ブログからTwitterから写真からレシートからデジタル化できてEvernoteに入れる意味があるものは、あらゆるものを放り込んできた。

ノートブックとタグで管理できてクリッピングや他アプリ連携など多彩な機能を持つEvernoteは、ライフログ収集にもピッタリだと思っている。

 

 

だが、Evernoteだと、せっかく収集したライフログを見返すのが、ちっとも楽しくないのだ。

なぜか。

 

 

Evernteではライフログを見返すのが楽しくない理由

ライフログは収集することが目的ではない。

見返すことが目的だ。

 

 

もちろん必要に迫られて過去の活動や思考を検索することもあるだろう。

でも、ライフログの醍醐味は、過去の自分の活動や思考を見返すことで、以前の自分の行動や思考パターンを振り返ることだ。

 

 

振り返ることで自分の成長を確認することもできるし、忘れかけていた大切な気持ちを蘇らせたり、行った場所や一緒にいた人との話の内容などを、ありありと思い出すことができる。

つまり、記憶を劣化させないシステムがライフログなのだ。

 

 

記憶を劣化させないためには、収集したライフログをちょくちょく見返すのが一番の近道だ。

本来ならば、ログを収集しているEvernoteで見返すのが一番簡単なのは当たり前のこと。

 

 

でも僕はずっと前から、Evernoteでライフログを見返すのが好きじゃなかった。

好きじゃないと見返したくなくなる。見返したくないと、見返さなくなり、ライフログを収集している意味がなくなってしまう。

 

 

なぜEvernoteで集めるライフログが好きじゃないのか。理由は二つ。

 

 

サービスごとにバラバラで時系列に揃わない

Evernoteに各種ライフログを収集するには、いろいろと工夫がいる。

Twitterのツイートもそのままでは格納できないので、「ツイエバ」や「ツイートメール」などのサービスを利用して一日分のツイートをまとめて格納する。

Foursquareなども一日分のチェックインがまとめて送られてくる。

これが問題なのだ。

 

 

TwitterはTwitterだけで時系列に並んでしまうので、ブログのRSSや撮影した写真などを、朝起きてから夜寝るまで時系列順に並べて見返すことができない。

これはとっても残念なことだ。

どのサービスを使っているのかを意識せずに、時系列にライフログを見たい。これが僕の願いだった。

 

 

EvernoteのUIが好きじゃない

これはあくまでも僕の個人的好みなのだが、どうもEvernoteのUIが好きになれない。

僕はMacユーザーなのでMac版を使っているが、どうも機能を優先させてデザインは後回し、という方向性で動いているように思えて仕方がない。

 

 

ライフログを見返すのは楽しい行為なので、どうせなら美しいUIで眺めたい。

くだらないことだけれど、習慣化や仕組化には、「楽しい」や「カッコいい」、「美しい」や「気持ちいい」がすごく大事な要素だと思っている。

そういう意味では、僕にとってはEvernoteは習慣化しにくいアプリ、ということになってしまう。

 

 

iPhoneアプリ  “Momento”という奇跡

Evernoteでライフログを見返すのは好きじゃない。でも他に選択肢がない。

そんな悶々とした思いを抱えた僕の前に彗星の如く現われたアプリ、それがMomentoだった。

 

 

Momentoはアプリ内に日記を書いたり写真を撮ったりできるジャーナルアプリなのだが、このアプリが神なのは、スッキリシンプルで美しいUIと、外部サービスとの連携により、ライフログを全部時系列でまとめてしまえる機能ゆえなのだ。
Momento (Diary/Journal) 2.3.2(¥250)App
カテゴリ: ライフスタイル, ソーシャルネットワーキング
販売元: d3i Ltd – d3i Ltd(サイズ: 10.9 MB)
全てのバージョンの評価: (419件の評価)

 



こちらMomentoの画面。

上から順にInstagram、Foursquare、Twitter、Flickrのライフログが時系列順に並んでいるのが分かる。

TwitterもFoursquareも一日分をまとめてではなく、個別に一つ一つを時間ごとに並べられるのが凄い!

 

 

こちら、高木芳紀さんの本が届いて嬉しかったので写真を撮り、そのすぐ後にTwitterで「届いた!」とツイートした。

Evernoteだと、ツイートは一日分まとめられてしまうのだが、Momentoだとこのように、撮影した時刻とツイートした時刻の順に並んでくれるので、あとから見返す時にとてもリアリティがあって楽しい。

 

 

以前からMomentoの存在は知っていたのだが、Momentoにも色々制約があり、本格導入はできないと諦めていた。

一番の制約は、Webサービス基点ではなく単体のiPhoneアプリだけの世界なので、Macなど他環境ではまったく利用ができないこと。

この制約は致命的で、やはり我慢してEvernoteで見るしかないのかな、と諦めていた。

 

 

だが先日ライフログに関する本「人生は一冊のノートにまとめなさい」を読んで、やはりライフログは見返して楽しめなければ意味がない!と思い直し、思い切ってMomentoにライフログの閲覧環境を完全移行することにした。

 

 

Momentoでライフログを閲覧するために

ライフログをMomentoに完全移行するにあたっては、いろいろとクリアすべき問題があった。

たとえば、非公開の個人的つぶやきはPostEverというアプリからEvernoteに一日分まとめて送っていたが、PostEverからMomentoにはデータを送れない。これをどうするか。

あと、今まではLast.fmで聴いた曲を全部Evernoteに送っていたが、Momentoにはこの機能がない。MomentoではLast.fmでLoveした曲だけが登録されるようになっているのだが、これではライフログとしては不十分で、別のやり方をする必要がある。

 

 

あと、やはりMomentoという単一アプリにライフログを全部委ねてしまうのは危険なので、以下の二つのルールを徹底することにした。

 

  • Momentoに格納されるデータはすべてEvernoteにも格納されていること(収集はEvernoteでも並行して行う)
  • Momentoの日記機能は使わず、外部連携だけを使う(Evernoteに格納されないため)。

 

 

この条件で、いかに快適に美しくライフログを閲覧できるか。

チャレンジしてみることにした。

 

 

今回は長くなったのでここまで。

次回はPostEverやLast.fm対策をどうしたかなど、MomentoとEvernoteへの同時投稿環境をどうやって作ったかを説明します!

追記:

続きを書きました。こちらからどうぞ↓

PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.3.0(¥450)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Atech inc. – Atech inc.(サイズ: 2.4 MB)
全てのバージョンの評価: (691件の評価)

 

Momento (Diary/Journal) 2.3.2(¥250)App
カテゴリ: ライフスタイル, ソーシャルネットワーキング
販売元: d3i Ltd – d3i Ltd(サイズ: 10.9 MB)
全てのバージョンの評価: (419件の評価)

 

PictShare – multiple photos/movies uploader 2.6.2(¥250)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 3.8 MB)
全てのバージョンの評価: (146件の評価)

 

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ奥野 宣之 ダイヤモンド社 2010-11-27
売り上げランキング : 16345

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:
僕らの人生は永遠に残される! ”ライフログのすすめ” by ゴードン・ベル & ジム・ゲメル
人生をデータとして記録せよ! “iPhoneでライフログ” by 音葉哲
これぞライフログの理想形! 乗るだけでWebに記録しツイートまでする体重計 “WiFi BodyScale” が素敵すぎる!
たった一度の記憶をずっと劣化させない方法
iPhone で写真ライフログなら “PictShare” しかない3つの理由

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします