1時間に7,300文字をタイプする作家・ブロガー 立花岳志がiMacのキーボードをワイヤレスのMagic Keyboardに変更した3つの理由

広告


鎌倉の家の母艦iMacのキーボードを、Apple純正のテンキー付きのものから、同じApple製のワイヤレスのMagic Keyboardに変更した。

自慢ではないが、僕はキーボードのタイプが猛烈に速い。

よく、「プロのライターなら一時間に2,500文字はタイプしないと」というような記事を見かける。

だが、僕は一時間に7,300文字を入力することができる。

一般的なプロのライターの3倍のスピード、まさにシャアの世界だ(笑)。

スピードが速い理由はいくつかある。

3歳からピアノを習っていたこと、そして親指シフトでタイプしているこことなど。

そしてその高速タイプを支えているのが、キーボードである。

僕はいろんな会社のキーボードを渡り歩いたのち、結局Apple純正のキーボードに落ち着き、もう3〜4年になる。

ずっとテンキーつきの有線キーボードを使ってきたのだが、今回ワイヤレスのキーボードに変更した。

実は、従来の有線キーボードと新しいワイヤレスのキーボードでは、構造が完全に変わっていて、タイプの感覚が全然違う。

今も新しいキーボードでタイプしているが、慣れないため、ミスタイプしまくりで、すごく苦労している。

それでもキーボードを変更するのには3つの理由がある。

紹介しよう。

1時間に7,300文字をタイプする作家・ブロガー 立花岳志がiMacのキーボードをワイヤレスのMagic Keyboardに変更した3つの理由 [Mac]

 

理由1. 従来の有線キーボードは販売終了となり近々使えなくなる

僕が今まで使いつづけてきたApple純正の有線キーボードは、Appleがすでに販売を中止しており、近い将来使えなくなるのだ。

いま使っているものが壊れたら終了で、中古で探して買うくらいしか、有線キーボードを確保する方法はない。

いずれ使えなくなるものをずっと使っているより、タイミングを見て、新しいキーボードに乗り換えた方が良い。

テンキー付きのMagic Keyboardが出ていることを知ったことも大きい。

六本木のiMacには、テンキーなしのMagic Keyboardが付属していたのだが、やはりテンキーがないと不便で使っていなかったのだ。

理由2. 去年買ったMacBook Pro 2017とタイプの感覚を揃えるため

昨年11月に15インチのMacBook Proを購入した。

MacBook Proのキーボードは、今回購入したMagic Keyboardとほとんど同じ構造だ。

ストロークが浅く、ペチペチと音がするタイプのもの。

MacBook Proを導入した当初は、このキーボードに全然慣れられなくて苦労した。

ところが、慣れてくるに従って、従来のMacBook Proの深いストロークのキーボードよりも、快適に速く打てるようになった。

それに伴い、自宅のiMacのキーボードが深いストロークであることに、徐々に違和感を感じるようになってきた。

なので、ここでiMacのキーボードも、浅いペチペチのものに揃えてしまえば、タイプがさらに高速化できるのではないかと思い、交換することにした。

理由3. デスクの上から余分なケーブルを一本減らしたいため

もともと僕は持ち物が多く、iPhone 3台、iPad 2台、Apple Watch 1台を使っていた。

デスクの上はケーブルだらけで、別になんとも思っていなかっただが、去年想うことあって、ガジェットを大幅に減らした。

いまはiPhone 1台、iPad 1台、Apple Watch 1台だけになり、ケーブルも減ってスッキリした。

そうなると欲が出て、さらにケーブルを減らしたいと思うようになった。

Magic Keyboardはワイヤレスのため、充電時にはライトニングケーブルが必要だが、普段はケーブルがいらない。

実際キーボードのケーブルは、iMacの背面に伸びるため、かなりかっこ悪かったのだが、なくなってスッキリして、とても快適だ。

テンキー付きMagic Keyboard 導入レビュー

▲ こちらが従来の純正キーボード。

真ん中の白いケーブルがやっぱり気になる。

 

▲ そして購入したのがこちら、テンキー付きのMagic Keyboard。

僕は親指シフトユーザーなので、JIS版を購入。

親指シフトするのに、「英数」キーと「かな」キーが必要なのだ。

 

▲ 二台を並べてみた。

ちょっとだけMagic Keyboardの方が横幅が狭い。

 

▲ 大きな違いは、キーボードの深さ、ストロークと、キーボードの角度だ。

Magic Keyboardはキーのストロークが浅く、そして角度もあまりついていない。

 

▲ Magic Keyboardを置いて使い始めたところ。

マウスもワイヤレス、キーボードもワイヤレスになった。

あとはiPhoneとiPad、Apple Watchの充電ケーブルがなくなると良いのだが、これはもうちょっと先のことになるだろう。

Qiの充電器にするという手もあるのだが、どっちにしても電源コードが這うことになるので、あまり変わらない。

まとめ

というわけで、まずは鎌倉の自宅のキーボードをワイヤレス化してみた。

六本木だけ従来のまま、という形だと、不揃いのままでタイプが混乱するので、六本木のキーボードも今日注文して、次回帰宅するまでに届くようにしておく。

慣れるまで数日はタイプミスだらけで大変だと思うが、すぐに慣れるだろう。

新しい環境は気持ちが良い。

そしてケーブルが減るのも嬉しい。

新しい環境で張り切って文章を書こう。

また一つ僕のデスクが未来に近づいた。

5年後にはケーブルなんて、一本もなくなっているかもね。

Magic Keyboardの購入はAppleオンラインストアでどうぞ!!


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!