iPhone X で お寿司や料理の写真を美味しそうに撮るコツを掴んだ! [iPhone]

広告


iPhone Xを持つようになってから、飲食店に行くときに一眼レフを持っていかなくなった。

iPhone Xのカメラで十分だと感じるからなのだが、でも、実際に撮ってみると、ちょっと不満だった。

特に被写体が小さいお寿司屋さんで、ピントが思った場所に合わず、苦労していたのだ。

そんななか、昨日いろいろ試行錯誤していて、これだ!というコツを掴んだのでご紹介。

iPhone X で お寿司や料理の写真を美味しそうに撮るコツを掴んだ! [iPhone]

お寿司の写真が上手く撮れないもどかしさ

▲ 先日行った村瀬さんの寒ブリミルフィーユの写真。

ピントがボケてしまっていて残念。

手前にピンを持ってきたいのだが、近すぎて合わないのだ。

 

不二楼さんのコハダも、手前(写真右)にピンを持ってきたいのだが、合っていないため、全体的にぼんやりした印象。

 

▲ 試行錯誤は続き、昨日の鮨由うさんでも、やはり上手く撮れていない。

寄りたいのだが、よってしまうとピンが合わない。

この段階で手前、左端にはもうピンが合っていない。

もっともっと寄りたいのだが、これ以上は無理。

これだと迫力のある写真にならない。

 

ここで開眼!!そうか、自分が寄るのではなく、ズームで望遠レンズにすれば良いのだ!!

▲ 美味しそうなマグロの漬けなのだが、まだまだ写真は悪戦苦闘中。

そのとき、ふと気づいて、自分が寄るのではなく、手前にピンが合うポイントまで離れたうえで、ズームで被写体をでかくしてみることに気づいた。

 

▲ おおおお!!!できたできた!!

かなり良い感じ!!

コツは、ズームを2倍以上、つまりiPhone Xの2つのレンズのうち、望遠レンズに切り替わるところまでズームアップすること。

上の写真で2.2倍程度。

 

▲ 中トロでほぼ完璧に!!

きたーーー!!!画面いっぱいに被写体を捉えつつ、手前にしっかりピンが来ていて大満足!!

ポイントは「自分が倚るのではなく、離れてピンを合わせつつ、ズームアップして被写体をでかくする」こと!!

 

▲ コハダもバッチリ!!

やった!!これでコツを掴んだぞ!!

まとめ

iPhone Xのカメラはかなり素晴らしい。

もちろん一眼レフのマクロレンズの方が、より美しく撮れるのだが、やはりお寿司屋さんのカウンターにでかい一眼を持ち出すのはちょっと憚られる。

なので、iPhone Xでこのレベルの写真が撮れるなら、もう飲食店は今後はiPhone Xだけで良いのではないかと感じた。

ようやくコツを掴んだので、さらに腕を磨いていきたい。


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします