iPad Airがやってきて約50日たったので振り返ってみる そして今後やりたいことも

広告


11月1日の発売初日にAppleストア銀座に行列して購入したiPad Air(WiFi 128GB シルバー)。

hero-560x319

購入してもうすぐ50日になる。

ここで一度iPad Airがやってきてからの日々を簡単に振り返ってみようと思う。

 

 

 

初代iPadを使いこなせなかった僕

僕は初代iPadを発売と同時に買った。2010年5月のことだ。購入直後にはこんなエントリーを書いている。

iPadはやっぱり凄かった! ファースト・インプレッション [iPad] | No Second Life

 

 

 

買った直後は大喜びで色んなアプリを試して喜んでいたのだが、長続きしなかった。

特に2011年3月にMacBook Airを買ってからは、iPadの出番はどんどん減っていった。

最後はずっと自宅のiMacの脇で、タイマーアプリDueでポモドーロ・テクニックのタイマーとして余生を送っていた。

ポモドーロテクニックについてはこちらにエントリーがありますので知りたい方はどうぞ。

タスクを25分単位で回せ! 書評「ポモドーロテクニック入門」 | No Second Life

 

 

自他共に認めるヘビーユーザーの僕としては、iPadでできることはiPhoneかMacを使った方が効率的、という想いが出てしまった。

それがiPadを使いこなせなかった最大の理由だったと思う。

というわけで、初代iPadを買ったあとは、ずっとiPadは購入せずにスルーしていた。

しかし、今年の夏ごろから僕の中で「タブレットが欲しい」という熱が復活してきた。

そしてiPad Airとmini Retinaが発表されると、僕は「今年は買う」と決心した。その時のエントリーがこれ。

きたきたきたー! iPad AirとiPad mini Retinaが11月発売!買うぞー!! | No Second Life

 

 

 

よし、今年は久し振りにiPadを買うぞ!そう決めてAppleストア銀座に向かったのであった。

iPad Air購入直後の記事はこちら。

きたきたきたー!! iPad Air 開封の儀!薄い!!軽い!!そして美しい!! | No Second Life

 

 

 

iPad Air購入時のコンセプト

今回iPad Airを買うことを決めた僕のキーワードは『遊び』だった。

仕事で使うからと効率だけを追求すれば、iPadよりもMacBook Airの方が便利というシーンもある。

iPhoneがあればiPadじゃなくてもいいんじゃない?というシーンも多い。

しかし、敢えてiPad Airを使うことで、タブレットの可能性が広がるのでは?という思いがあった。

そのときに必要になる感覚が「遊び」かな、と。

効率だけを追求するのではなく、楽しい、嬉しい、綺麗など、感覚的な遊び心を追求しよう。

それがコンセプトだった。

 

 

 

iPad Airがやってきて変わったこと

実際にiPad Airがやってきて何が変わったか。

利用シーンを挙げてみよう

 

家族の食卓で

僕が新しいiPadを8.9インチのAirにしたのには理由があった。

それは「人と一緒に使うことが多いだろう」という予測があったからだ。

そしてそれは的中。

iPad Airを一番多く使っているのは、リビングで奥さんと食事をしているときだ。

 

 

僕たち夫婦は時間をかけてゆっくり、色んな話をしながら食事をする。

会話の中で色んなきっかけが生まれ、その場で調べたいことがあったり、見たいものが出てきたりする。

そんなシーンでiPad Airが大活躍しているのだ。

 

 

一番多いのが、「○○ってどういう意味?」とか「○○って知ってる?」というときに調べものをするシーン。

先日は「南の島に旅行したいね」という話をしていて、「ミクロネシア」とか「メラネシア」とかの島々の話題になった。

そのとき奥さんが「そもそも『ネシア』って何語でどういう意味?」と質問。

そこですかさずiPad AirのWikipediaアプリ Wikipanionで「ネシア」で検索。

131219-01-1

iPad用のWikipanionアプリ

(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

結果、古代ギリシャ語で「諸島」を意味することが瞬時に分かった。

もちろんiPhoneでも検索はできるが、iPadなら大画面なので二人で一緒に見ることができて楽しい。

 

 

他にもFacebookで誰かが面白いことを言ってたよ、というよなときにその発言を見たり、写真を見たりもする。

夫婦間のコミュニケーションツールとして、iPad Airが活躍してくれている。

 

 

仕事の打ち合わせで

仕事の打ち合わせのシーンでもiPad Airがなかなか活躍している。

書籍の打ち合わせなどでは、僕のブログ記事を編集者に見てもらいアイデアを膨らませるのに使うこともある。

また、マインドマップアプリMindNode Proで僕のアイデアを見せることもある。

次回打ち合わせの日程決めなども、iPadのカレンダーアプリStaccalを表示させて日程調整することが多い。

Staccal for iPadについては、こちらにレビュー記事を書いているのでご参考にどうぞ。

Staccal for iPad — 見やすくカスタマイズしまくれるカレンダーアプリ! iPad Air がやってきて最初に購入したアプリはこれだ! | No Second Life

 

iPadを机の上に置くと、真上から覗き込めるので、複数の人が一度に画面を見るのに適している。

そういう意味でもやはりminiではなく大画面のAirを買って正解だったと言える。

MindNode

MindNode (1,000円)
(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

Staccal for iPad

(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

 

飲み会・食事会で

飲み会や食事会でもiPadはかなり活躍している。

この場合一番多く登場するのは写真と動画だ。

一緒に飲んでいるメンバーの昔の写真や仲間の近況など、写真を大画面で見られるのが嬉しい。

今回買ったiPad Airは128GBの大容量版なので、写真がたっぷり入るのが嬉しい。

また、iPad本体に入っていない古い写真もすべてFlickrにアップロードしてあるので、Flickrにアクセスして見ることもできる。

人と人を繋ぐツールとして、iPad Airはありがたい存在だ。

あと、少人数の飲み会では、話題になった本をAmazonアプリで表示させたり最近僕が行って感動したお店のWebをブラウズして見せたりという使い方もしている。

 

イベント会場で

iPad Airのもう一つの活躍シーンとして、イベントの受付がある。

自分が主催するセミナーなどの受付にiPad Airを置き、出席者の方のチェックインを行っているのだ。

このシーンでも、パソコンよりも参加者の方とスタッフさんが一緒に覗き込めるiPadの方が使い勝手が良いのだ。

思わぬ利用シーンだが、軽くてバッテリーも長持ちするiPad Airならではの利用シーンである。

 

 

一人のシーンで

131219-01-11

最後に一人で使うシーンについてだが、僕は大別して「立てて使うシーン」と「持って使うシーン」に分かれる。

立てて使うシーンは、初代でもやっていたDueによるタイマーとして働いてもらっている。

また、「気象ライブ」などの天気予報アプリ、さらにはLCD Clock HDやFlipTime XLなどの時計アプリなどを表示させている。

さらに、毎朝前日撮った写真とスクショをすべてFlickrにアップロードする作業も、Photo Syncというアプリを使ってiPadから行っている。

LCD Clock HD

LCD Clock HD (100円)
(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ
FlipTime XL

FlipTime XL (200円)
(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ
気象ライブ・リローデッド

あと、Evernoteも意外と使っている。検索から調べるときの使い勝手が良い。

あとは遊びとして、好きな星図を眺めるときもある。

星図アプリはたくさん買ったが、Starmap HDとStarWalkがお気に入りである。

 

 

 

Starmap HD

Starmap HD (1,700円)
(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

 

これからiPad Airでやりたいこと

デスクに置いて使いたい

ここまで書いてきて、自分のシーンで出てきていないのが、「デスクに置いて使う」である。

要は本格的な文章入力である。

書籍の原稿執筆やブログの更新作業など、長文入力はiPadではまだあまりできていない。

僕は親指シフトで文字入力をしているのだが、初代iPadの頃は親指シフトで文字を入力することができなかった。

親指シフトについて詳しく知りたい方は、こちらのエントリーが参考になります。

情報発信者必読! プロ・ブロガーが実践する パソコンの日本語入力スピードを2倍にする方法 | No Second Life

 

 

しかし、iPad用の親指シフトエディターN+Noteがリリースされ、ついにiPadでも本格的な親指シフトができるように環境が整った。

N+Noteについて詳しくはこちらのエントリーをご覧ください。

感無量! 親指シフトが iPad で使えるようになった! NICOLAエディターアプリ N+Note ついにリリース!! | No Second Life
情報発信者必読! プロ・ブロガーが実践する パソコンの日本語入力スピードを2倍にする方法 | No Second Life …

 

 

しかし、やはり文字入力はどうしてもMacに頼ってしまう傾向が強い。

iPad Airのソフトウェアキーボードだと高速打鍵が難しいのも一因だ。

N+Note開発者の岸川さんが、いまBluetoothキーボード対応を色々進めてくれている。

外部キーボードで快適に入力できるようになったら、是非ブログや書籍を、敢えてiPadで書く、ということにチャレンジしたい。

N+Note for NICOLA

(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

 

 

あと、置いて使うという面では、画像加工や動画編集などもまだほとんどできていない。

これらの分野についても、これから徐々にチャレンジしていきたい。

もう一つはプロジェクト管理・タスク管理の分野。

OmniPlanやOmniFocusといった高額アプリを持っているのだが、現状もっぱらMac版しか使えていない。

この辺りもこれからだな。

OmniPlan 2

OmniPlan 2 (5,800円)
(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

 

 

さらに、初代iPadで買ったDJアプリやGarageBandなんかもやっぱり使いたいんだよね。

そしてそして、iPad版 Keynoteを使って講演もやってみたい。

この辺りはどんどん試して使い込んでいきたいね。

電子書籍はiPadで読むかな?読まないかな?ここはまだ未定。

djay 2

djay 2 (1,000円)
(2013.12.19時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

まとめ

というわけで僕の許にiPad Airがやってきて約50日だが、購入前の予想よりはずっと楽しく積極的に使えていると思う。

実は買うまでは、「また使いこなせず放置することになったらどうしよう」と不安な面もあったのだ。

でも初代よりずっと軽くそして高性能になったiPad Airは、素晴らしく便利だった。

買って良かったと大満足である。

 

 

個人的に「使わないかな」と思うのはカメラ。

今のところだが、iPad Airで写真を撮るシーンがあまり思いつかない。

iPadがある時にはiPhone 5sも持っているので、やはり操作性という意味で、iPhoneの方が写真が撮りやすい印象だ。

しかしこれも思い込みの可能性もあるので、一度iPad Air縛り写真大会を一人で開催してみると、イメージが変わるかもしれない。

 

 

というわけで、初代ではうまくいかなかった「iPadのある生活」が上手くスタートできた模様。

これからどんどん使い込んで、「iPadマスター」になりたいと思ってます。

アプリやグッズもどんどん試して紹介していこうと思っているので、楽しみにしててください。

今日も一つ、素敵なアクセサリーを買ったのだ♪

 

by カエレバ

 

 

超iPadバカ 2000種類のアプリをためした男のすごい活用術美崎 栄一郎 アスコム 2012-12-13
売り上げランキング : 109475

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします