時間管理の考え方を変えて 「ひとり時間」を捻出する

広告


先日タイムトラッキングツール、Togglを止めた、ということを書いたのだが、今度は一日の時間配分をちょっと変えてみようと思う。

時間管理の考え方を変えて 「ひとり時間」を捻出する

今までは外出やコンサルなど、対外的な用事を入れる日をできるだけ集中させるようにしてきた。

外出の予定がある日の前後にコンサルや打ち合わせなどをまとめて入れてしまうことにより、自宅で引き篭もれる日を増やそう、というのがコンセプトだった。

この考え方は、自宅で仕事をするフリーランスの人の間では比較的ポピュラーな考え方だと思う。

僕もこのやり方で4年半やってきたわけだが、最近ちょっと弊害が目立つようになってきた。

どういう弊害かというと、予定を無制限に入れていくと、朝から夜までぎっしり入ってしまい、その日は自分のルーチンが何もできなくなってしまうのだ。

ここ数日、旅行の後ということもあって予定が詰まり、対外的なことで一日が埋まってしまい、自分のことができなくなり、かなりストレスを感じた。

僕の仕事は一人でパソコンに向かってするものが多いので、仕事の効率を上げるなら、対外的な予定がなく、自宅に引き篭もっている状態がベストだ。

会食、打ち合わせ、買い物、セミナーや研修の受講などは、間接的にはもちろん大切なことなのだが、直接売上や利益に貢献するものではない。

それらの予定が詰まりすぎて自分のことが後回しになると、すごくストレスを感じる。

そこで、以下のように考えてみることにした。

一日を時間帯別にこのようにブロックに分けて考える。

早朝:5:00〜9:00
午前:9:00〜12:00
午後:12:00〜15:00
夕方:15:00〜18:00
夜間:18:00〜21:00
深夜:21:00〜

このブロックは、長年ToodledoやTodoistなどのタスク管理で使ってきた「コンテキスト」と一緒。

1日の対外的な予定を、2ブロックまでに制限するよう、予定を組む段階で縛ってみようと思う。

厳密にいうと、研修受講の日や自分のイベントなど、2ブロックでは無理な日も出てくるが、それは例外。

一週間のうち、対外的な予定を入れる日を4日に絞り(これも例外は多いのだが)、その上で入れる日も2コマまでに制限する。

溢れる分は仕方ないので後ろにずらして調整していく。

この形でやってみようと思う。

すでにブッキングしている予定は変更しないので、効果を現すのは12月ぐらいから徐々にになると思うが、これでいってみようと思う。

やはり僕には「ひとり時間」が大切なのだ。

人と会うのも楽しいが、自分の時間が確保できなくなるとしんどい。

ひとり時間について学びたい人が読む本!


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします