一軒の家に神様が二つ!「デュアル氏神様」に一年の御礼参りな神社ミッション行ってきた

広告


我が家には氏神様が二つある。

といっても、鎌倉と六本木の二つの家だから、という意味ではない。

六本木の我が家は、マンションの我々の部屋が、二つの町の境界線をまたいで建っていて、それぞれの町が氏神様が違うのだ。

町が違うといっても、いまの住所は六本木なのだが、旧町名が違うのだ。

リビングと寝室の半分は「旧麻布仲ノ町」で、僕のベッドのところに境界線があって、寝室の半分が、「旧麻布市兵衛町」になる。

で、麻布仲ノ町の氏神様は久國神社。

そして麻布市兵衛町の氏神様は、赤坂氷川神社。

というわけで、我が家は氏神様までデュアルなわけ(笑)。

これは、ちゃんと神社庁と赤坂氷川神社、久國神社に電話して確認したこと。

「ああ、その住所は非常に特殊でして」という、神社庁の担当の方の言葉を良く憶えている。

なので、一年の御礼の御参りも、両方に行ってきた。

一軒の家に神様が二つ!「デュアル氏神様」に一年の御礼参りな神社ミッション行ってきた

▲ まずやってきたのが、麻布市兵衛町の氏神様である赤坂氷川神社。

麻布の神様が、町をまたいで赤坂にある、というのも面白い。

赤坂氷川神社はかなり広域を氏子として抱える大きな神社だ。

 

▲ 鳥居も境内の木々も立派。

 

▲ 一年見守っていただいたことの御礼の神社ミッション。

 

▲ 前回来たときにはなかった、お神輿のショールームが出来ていた。

普通お神輿はお祭りのとき以外は隠されているが、こうして一年中見られるのも斬新でいいね!

 

▲ 続いてやってきたのが久國神社。

赤坂氷川神社と久國神社はすぐ近くにあって、自転車だと2分もかからない。

久國神社はアークヒルズの向かい、谷町ジャンクションの目の前にあって、こちらはビルに囲まれてひっそり佇んでいる。

 

▲ ぐっと庶民的なたたずまい。

 

▲ こちらも一年のお礼の神社ミッション。

 

▲ 本殿の脇に小さな祠があったので、こちらにもお参り。

猿田彦さんとと書かれていた。

まとめ

2017年も怒濤の日々だったが、無病息災で過ごせたので、お礼参り。

鎌倉にも年内に、八幡宮と五所神社にお参りに行く予定。

こういう活動が始まると、2017年も、もう終わりなんだなぁと感じる。

ラストスパートでいこう。


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします