ダンス・ダンス・ダンス by 村上春樹 〜「羊」四部作 完結編 羊男がつなぐ「僕」と「世界」のエンディングとは?

広告


村上春樹さんの長編小説、「ダンス・ダンス・ダンス」(上下巻)を読了したのでご紹介しよう。

created by Rinker
講談社
¥814 (2020/03/28 18:23:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
講談社
¥814 (2020/03/28 18:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

この「ダンス・ダンス・ダンス」は、僕が人生において一番最初に読んだ村上春樹さんの作品だった。

彼の作品との出会いは決して早くなく、二十代半ばを過ぎていた。

当時住んでいた西東京市の東伏見から近い、吉祥寺の本屋さんで文庫の上下巻を買って読んだ。

そして彼の世界にどっぷり嵌まり、自分自身も小説を書きたいと思うようになった。

そういう意味では記念碑的な作品だ。

文庫を何十回も読み返してボロボロにしてしまい、後日単行本を買い直し、その単行本も定期的に再読しているが、何度読み返しても色褪せない。

今回も数年ぶりの再読となったが、やはり素晴らしかった。

さっそく紹介しよう。

「羊」四部作の完結編

この「ダンス・ダンス・ダンス」は村上春樹さんの初期四部作の完結編にあたる。

四部作とは、デビュー作「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」、そしてこの「ダンス・ダンス・ダンス」だ。

当初は「羊三部作」と呼ばれていて、「羊をめぐる冒険」で物語は完結したと思われていた。

なぜなら、最初の3作品が立て続けに出版されたあと、村上春樹さんは別の作品をいくつか発表していたからだ。

長編小説でいうと、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、そして全世界的大ヒットとなった「ノルウェイの森」である。

「羊をめぐる冒険」が出版されたのが1982年10月13日である。

そして「ダンス・ダンス・ダンス」の出版が1988年10月13日。

ぴったり6年の間隔があいている。

そしてこの間に彼は「ノルウェイの森」によって超売れっ子作家になったわけだ。

そして6年の間隔をあけて届けられたのが、この4作目「ダンス・ダンス・ダンス」だった。

懐かしい登場人物に新しい人物も加わり、再び物語が動き出し、そして完結していく。

「羊をめぐる冒険」の前に彼はそれまでの飲食店経営の仕事を辞めて専業作家になっていた。

そして「ノルウェイの森」執筆開始前に彼はヨーロッパへと移住して、主にギリシャとイタリアを移動しながら「ノルウェイの森」と「ダンス・ダンス・ダンス」を書いた。

初期の2作品はまだ兼業作家で作品も短くストーリーもシンプルだった。

それから「羊〜」と「世界の終り〜」、さらに「ノルウェイ〜」という初期の代表作を次々出版したあと、満を持して投入されたのが、この「ダンス・ダンス・ダンス」である。

軽妙で読みやすい文体だけど、複雑に入り組んだストーリー展開、そしてクリアでソリッドな日常の中に平然とファンタジー的要素が入り込んで来る舞台設定など、以降の村上春樹さん作品の世界観がここに完成したと言って良いのではないかと思っている。

東京、北海道、そしてハワイと移動する舞台

物語が進行しつつ舞台が東京、北海道、ハワイと大きく移動するのも特徴の一つ。

晩秋の東京から大雪の札幌に舞台が移り、東京や湘南、箱根を行ったり来たりした物語はハワイに突然飛躍して、常夏の島で重要な転換点を迎える。

大雪の札幌、冬晴れの東京、そしてハワイと舞台が移動しつつ、それぞれの場所にきちんとストーリーがつながっていくキーファクターがちりばめられている。

そしてその「動く」ということ自体が、この小説のタイトル「ダンス・ダンス・ダンス」のテーマになっている。

羊男が「僕」に告げる。

「踊るんだよ」

「音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?踊るんだ。踊り続けるんだ。何故踊るかなんて考えちゃいけない。意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。そんなこと考えだしたら足が停まる。一度足が停まったら、もうおいらには何ともしてあげられなくなってしまう。あんたの繋がりはもう何もなくなってしまう。」

「それもとびっきり上手く踊るんだ。みんなが感心するくらいに。そうすればおいらもあんたのことを、手伝ってあげられるかもしれない。だから踊るんだよ。音楽の続く限り」

じっと固まってしまった時を再び動かし、人々とのつながりを取り戻す。

それが「とびっきり上手く踊るんだ」というメッセージとなって響くのだ。

多くの死が取り戻させた「守るべき大切な『生』」と自らの生きる意味

この「ダンス・ダンス・ダンス」には多くの人物、愛しい人物が登場する。

一人一人に際立った(派手か地味かは別として)個性があり、誰もが輝き生命を全うしているように見える。

ところがストーリーが展開していく中で、一人、また一人と愛しい登場人物が死んでいく。

村上春樹作品には「死」を取り扱うものが多いが、この「ダンス・ダンス・ダンス」ではずいぶんたくさんの人が死んでしまう。

そしてその一人一人の死が、主人公の「僕」にボディブローのようにダメージを与えていく。

でも、それらたくさんの人たちの「死」と「別離」「悲しみ」を経験していく中で、「僕」は一番大切なことを思い出す。

それは、『いま生きている守るべき大切な「生」』であり、『自分自身が生きることの意味』である。

死んでしまった愛しい人々にできることは何もないが、生きている大切な人を守るために行動する。

そして生きている大切な人を心から求める。

世界とのつながりを本気で求める。

それこそが、羊男がつなごうとした、「僕」と世界のリンクだったのだ。

すべてが報われる美しきハッピーエンド

羊四部作は、ずっと「喪失」がテーマで物語が進行していく。

1作目では「10代という永遠の若さの喪失」が。

2作目では「効率や意味をなさない情熱の喪失」が。

そして3作目はより深く「愛と仕事と土地と人々との関係性の喪失」がテーマだった。

ずっとずっと、物語の中で「僕」は大切にしてきたものを失い続けていく。

そんな切ない物語が四部作に渡って続いていく。

そして最後の最後に訪れるのが、すべてが報われるハッピーエンドだった。

僕は村上春樹さんの作品の中でもこの作品が一番好きなのは、彼の作品では本当に珍しい、明確なハッピーエンドが僕たちを待っているからだ。

派手ではないかもしれないが、ここまで明確に美しいハッピーエンドの長編はなかなかない。

この読後感を味わいたくて、僕は何度もこの本を手に取るのだろう。

まとめ

僕は今回この作品を2019年の年末から2020年のお正月にかけて再読した。

2019年は僕にとっても「終わり」「手放し」の時期で、僕はこの小説の主人公に自分を重ね合わせながら深く想いを馳せつつ読み進めた。

そしてラストのハッピーエンドに涙をし、再び僕もとぴっきり上手に踊ろうと誓うことになった。

今回の再読を僕はきっと一生忘れないだろう。

生きることの意味と意義を深く問い直し、魂を揺さぶる名作。

「ダンス・ダンス・ダンス」、オススメです。

2014年に書いた前回の書評もこの下にありますので、よければ併せてどうぞ。

「ダンス・ダンス・ダンス」のチェックはこちらからどうぞ!(上下巻)

created by Rinker
講談社
¥814 (2020/03/28 18:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
講談社
¥814 (2020/03/28 18:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

村上春樹作品の書評はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

「ダンス・ダンス・ダンス」 1回目の書評記事 2014年1月投稿

僕は村上春樹さんの小説が昔から大好きで、何度も読み返している。

140128-01-1

単行本化された小説は全部読んでいるはずだし、エッセイも単行本に収録されたものは網羅しているはず。

なかでも僕はやはり村上春樹さんの長編小説が好きだ。

僕の書評はビジネス書や実用書を扱うことが多いが、ライフワークとして、村上春樹さんの小説やエッセイを読み返し書評を書いている。

そうしょっちゅうは書けないのだが、年に数本彼の作品を読み返し、書評を書くのを楽しみにしている。

そして今回彼の初期代表作の一つ「ダンス・ダンス・ダンス」を久し振りに再読した。

この作品は僕がもっとも好きな村上春樹作品の一つで、恐らく10回くらいは再読していると思う。

以前は文庫本を持っていたのだが、あまりも再読してボロボロになって読めなくなったので、ハードカバーで買い直した。

それぐらいこの作品は好きだ。

さっそく紹介しよう。

ダンス・ダンス・ダンス by 村上春樹 — 「羊」四部作 完結編 村上ワールドここに完成

「羊」四部作完結編

この本は村上春樹さんの初期「羊」四部作の完結編である。

「羊四部作」は、春樹さんのデビュー作、「風の歌を聴け」から「1973年のピンボール」、専業作家になっての最初の作品「羊をめぐる冒険」、そしてこの「ダンス・ダンス・ダンス」で構成される。

人によっては「羊三部作」という言い方をする人もいる。

その場合はこの「ダンス・ダンス・ダンス」が外れることになる。

そのように括られる理由は、初期の3作品は立て続けに書かれたのに対して、この「ダンス・ダンス・ダンス」はしばらく間があいた。

実際「羊をめぐる冒険」のあと、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」と「ノルウェイの森」が間に発表されている。

そのため、初期3作品が出た時点で書かれた書評などが「羊三部作」と紹介していることが影響しているのではないだろうか。

しかし、内容的にはこの「ダンス・ダンス・ダンス」は明らかに続き物として書かれている。

従って僕はこの作品も含めた「羊四部作」というのが、正しい括り方ではないかと思っている。

「喪失」→「再生」に向かう物語り

前作「羊をめぐる冒険」はとても哀しいエンディングを迎えた。

主人公「僕」は大切にしていた友達と恋人を別々の形で失い、すべてをなくすところで物語が終わった。

「風の歌を聴け」から「羊をめぐる冒険」に至る道のりは、常に主人公「僕」の「喪失」がテーマだった。

若さの喪失、無邪気さの喪失、全能感の喪失、60年代という時代の喪失。

大学生として物語に登場した「僕」は、自分らしく生きることができないまま作品を追うごとに年を重ねていった。

そして羊をめぐる冒険で、彼はすべてを失ってしまった。

そしてこの「ダンス・ダンス・ダンス」は、すべてを失ってしまった「僕」が、自分自身を取り戻そうとする「再生」の物語りだ。

村上春樹さんの作品の多くはテーマが「喪失」であることが多いのだが、この「ダンス・ダンス・ダンス」はそういう意味では異色である。

もともと完全に喪失してしまった34歳の主人公「僕」が、自分を取り戻し、自分の愛する人と「つながりたい」と願うこと。

それがこの本のテーマだ。

再生がテーマであるがゆえに、この本は前編を通して温かみが溢れている。

「僕」がダンスステップを思い出すように、作品全体が彼を応援しているかのように感じられるのだ。

ジャンクションとしての羊男

「羊をめぐる冒険」で登場した謎のキャラクター「羊男」。

前作でも彼は重要な役割を担っていたが、この「ダンス・ダンス・ダンス」での彼の役割はさらに重要になる。

羊男の役割は重要なのだが、しかし、それは敢えて明確かつロジカルには語られないスタイルを取られている。

「羊男とは何者なのか?」「彼は何をしていのか?」「彼が住む世界はどこなのか?」

そういった事柄は敢えて漠然と語られる。

非常にリアルで写実的な世界観の中に、「羊男」や「旧いるかホテル的な何か」といった、曖昧かつ「この世のものではないモノ」が、そのまま写実的かつリアルに入り込んでくる。

そのシームレスさと状況と登場人物設定の素晴らしさこそが村上ワールドの真骨頂となっていくのだ。

 

この作品での羊男の役割は「ジャンクション」である。

彼は過去と現在を、この世界とあちら側の世界を、そして生者と死者を、そして「僕」の喪失と再生を繋ぐ回路なのだ。

前作では羊男は山の中を縦横無尽に動き回り、主人公をかく乱する要素も持っていた。

だが、今作での羊男はじっと部屋に閉じこもり、「僕」がやってくるのをずっとずっと待っているのだ。

ジャンクションとしての羊男の役割が、この作品の一つの肝である。

多くの「死」が回復させた「生きること」「愛すること」「求めること」

この作品には素晴らしく魅力的な登場人物がたくさん登場する。

幼なじみで俳優の五反田君を筆頭に、この作品のヒロインであるヨミヨシさん、娼婦のメイ、若く美しい少女ユキ、ユキの父親の牧村拓、母親のアメ、そしてアメの恋人ディック・ノース。

多くの魅力的登場人物が、物語りの進行に合わせて一人、また一人と死んだり姿を消したりしていく。

魅力的な登場人物が死ぬことはもちろん読者にとっても悲しいことだが、そこにはもちろん伏線がある。

彼らは死ぬべくして死んでいるのだ。作品の登場人物として。

札幌のホテルで働くユミヨシさんに好意を持ちつつも、一歩を踏み出すことができず、彼女を残して東京に戻った「僕」。

そして東京でさまざまな事件に巻き込まれ、「僕」は少しずつだが確実に「いま・自分がここに生きていること」の奇跡を体感するようになる。

多くの人の死を経験したことで、「僕」はようやく今自分が生きていることを実感する。

そして同じく今生きているユミヨシさんが存在していること、生きていることの奇跡を受け入れ、彼女を求められるようになる。

人を正面から愛すること、人を求めることができるようになること。

それこそが、「僕」の再生なのだ。

美しきハッピーエンドに乾杯

この物語は見事なまでの美しきハッピーエンドで幕を閉じる。

ここまで華麗なハッピーエンドの作品は、他の村上春樹さんの長編にはない。

多くの村上春樹さんの作品は、エンディングを敢えてぼかして書いている作品が多い。

エンディングの意味を作者が規定せず、読者に投げてしまう手法だ。

代表的なのが「ノルウェイの森」のエンディングだろう。

電話ボックスから電話をかける主人公がどうなるのかまったく分からない状態で作品はブツッと終ってしまう。

「え?それから??」と思わず身を乗り出したくなるような手法だ。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」のエンディングも幻想的だが、具体的には「ここから先どうなるの?」と問いかけたくなるような終わり方をしている。

しかし、この「ダンス・ダンス・ダンス」のエンディングは明確であり現実的であり、そして見事に幸福感に包まれている。

僕は村上春樹さんが初期代表作であるこの四部作のエンディングを、このような優しく幸福な形にしてくれたことを心から嬉しく思う。

とても多くの人とものを失ってきた「僕」が、最後にやっと幸せになれた。自分で「僕は幸せになるんだ」と手を伸ばし、ぐっとそれを掴み取った。

それがとても嬉しく、何度読み返してもエンディングが近づくと僕の胸は高鳴るのだった。

まとめ

この「ダンス・ダンス・ダンス」を読み始めると、僕は「いつもの場所に帰ってきた」みたいな安心した気持ちになる。

恐らく、この作品の最後がハッピーエンドであることも要因の一つだろう。

また、中期以降の村上春樹さんの作品は、より「総合小説」へと舵を切るため、内容がよりハードになっていく。

この頃の初期村上ワールドには、「ねじまき鳥クロニクル」や「1Q84」のような、ハードでダークな部分はなく、おとぎ話のように読めるのも良い。

 

僕は定期的に「風の歌を聴け」から「ダンス・ダンス・ダンス」までを通しで読みたいという欲求に駆られる。

今回は一気読みではなかったが、途中ちょっとずつ間を空けつつ、久し振りに四部作を通して読むことができて満足だ。

この作品の続編が書かれる日は来るだろうか?

村上春樹作品の原点「僕」が健在である限り、まだまだ「羊」をめぐる冒険は書けるような気もするのだが、どうだろう?

いつの日か春樹さんがその気になって、ユミヨシさんと「僕」のハッピーエンドな続編を書いてくれたらいいな、などと妄想していたりする。

良い小説。大好きな小説。

まさに村上春樹ワールド全開!

オススメです!

created by Rinker
講談社
¥814 (2020/03/28 18:23:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
講談社
¥814 (2020/03/28 18:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします