「片づけ」で未来を招き入れよう! 書評「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」 by 小松易

広告

子供の頃はとにかく整理整頓ができなかった。

机はぐちゃぐちゃ、ランドセルの中身もメチャクチャ。ひどいものだった。

 

 

小学校5〜6年の時の担任の先生が厳しくて、その先生のおかげで僕は片づけができるようになった。今でもとても感謝している。

それでも、片づけは「一応している」程度で、こだわりも喜びも特に感じていなかった。

だから、人から見えない部分、机の引き出しやクローゼットの中はぐちゃぐちゃになっていた。

 

 

だが、最近「片づけ」とは、もっとずっと奥が深いモノなのだと気付き、僕の片づけは変わった。

そんな僕の片づけをさらに後押ししてくれそうな本、「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」を読んだ。

 

 

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 

小松 易 中経出版 2009-12-16
売り上げランキング : 3687

by ヨメレバ

 

 

 

 

モノにも賞味期限がある

 

 

 

冷蔵庫に入っている食品には賞味期限がある。

賞味期限を大きく過ぎ、腐った食品があれば、僕らは躊躇せずゴミ箱に捨てる。

食べるものを入れておく冷蔵庫に「食べられないもの」を入れておいても無意味だということを、僕らは知っているからだ。

 

 

ところが、僕らが所有するモノにも賞味期限があることを、僕たちは忘れがちだ。

何故か、モノは腐らないからだ。

 

 

見た目は変わらない。でも、もう何年も押し入れに入ったまま日の目を見ないモノたち。

これらのモノの賞味期限は、僕らの中ではとっくの昔に過ぎているのだ。

 

 

 

賞味期限の切れたモノを捨てるためには、「使える」か「使えない」かで判断してはいけない。

新品の時そのままの姿で仕舞い込まれた「餅つき器」。

 

 

「使える」か「使えない」かで判断したら、もちろん「使える」。故障しているわけではない。

でも、視点を変えて、「使う」か「使わない」かにすれば、判断は変わってくる。

使わないモノは、賞味期限が切れている。そう考えるべきなのだ。

 

 

 

基本動作は「出す」→「分ける」→「減らす」→「しまう」

 

 

 

ぎっしり本が詰まった本棚。もう新しい本を入れるスペースはない。

僕らは(僕は!)、そうすると、本の上に横倒しにして新しい本を入れていく。

 

 

そしてそのスペースすらも一杯になると、本棚の上や脇に本を積み上げ始める。

これでは、もう新しい本を入れることはできないし、本を整理したり探すことも難しくなる。

 

 

本棚には、未来の本が入るスペースを残しておく。これが成功を呼ぶ片づけの鉄則。

開いたスペースには、これから僕らが学ぶべき本が入ってくる。スペースがあると空気の流れが良くなる。

だから、本棚や引き出しには、未来に向けてのスペースが必要だ。

 

 

 

 

そして、片づけには基本動作がある。

「出す」→「分ける」→「減らす」→「しまう」の手順だ。

 

 

本棚でも引き出しでも、この手順で実行していこう。

そして重要なのは、一ヶ所ずつやっていくこと。

 

 

引き出しの中身を全部「出す」。

出したものを、必要なモノといらないモノに「分ける」。

 

 

いらないと判断したモノを「減らす」。この場合、捨てるという選択もあれば、誰かにあげる、オークションなどで「売る」などの選択肢がある。

そして最後に、必要と判断したモノだけを「しまう」。

 

 

これを繰り返すことで、片づけは無理なく続けられるようになる。

 

 

 

片づけは一気にやってはいけない

 

 

 

本書では、「片づけは一気にやってはいけない」と説いている。

何故か。

一気にやってしまうと、継続的に片づけをする「習慣」が身につかないからだ。

 

 

 

 

1日1分でいい、一箇所だけでいいから、毎日続けること。

人間が一つのことを習慣化するのに、21日かかる。

 

 

だから、21日続けることが大切なのだ。

習慣化してしまえば、僕らはもう放っておいても片づける人に生まれ変わる。

 

 

机はいつもピカピカ、無駄なモノはなく、いつでも次への準備ができている。

それって最高だよね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

本書のタイトルには、「たった1分で人生が変わる」と書いてある。

なぜ「片づけを習慣」にすると、人生が変わるのか。

 

 

それは、多くの「モノ」が、過去の自分への執着の結果だからなのだろう。

本当に必要なモノは手許にあって当然だ。

 

 

だが、必要のないモノを持ち続けてしまう理由を考えた時、その一つ一つは全て過去に向かうエネルギーとなってしまう。

そしてそれら多すぎるものが散乱した時、僕らの脳は、常に視界にある過去のモノから刺激を受け、思考が後ろ向きになってしまうのだ。

 

 

 

 

過去のしがらみを捨てると心が前向きになる。

モノがなくなった空間には、新しい空気が入る。

 

 

そして、自由になった脳は、新しく起こる出来事に向けての準備が整う。

だからこそ、片づけが大切なのだ。

 

 

まずは身近なところから始めてみよう。

人生が変わることを実感できるかもしれない。

 

 

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 

小松 易 中経出版 2009-12-16
売り上げランキング : 3687

by ヨメレバ

 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします