旧蛸島駅 〜 JR能登線 終着駅跡地は営業終了日のまま打ち捨てられていた!! [2016年6月 北陸旅行記 その42]

広告

石川県の能登半島先端の町、珠洲(すず)にある、かつての蛸島駅の廃駅舎に行ってきたのでご紹介。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年6月 北陸旅行記 目次

珠洲ビーチホテルをチェックアウトした僕は、ホテルから車で5分ほどのところにある旧蛸島駅の駅舎を見に行くことにした。

蛸島駅は、もとはJR能登線、そのあとは「のと鉄道」の終着駅として利用されていたもの。

2005年に鉄道は廃止されたが、駅舎がそのときのまま放置されていると知り、どうしても見てみたくなったのだ。

さっそく紹介しよう。

旧蛸島駅 〜 JR能登線 終着駅跡地は営業終了日のまま打ち捨てられていた!!  [2016年6月 北陸旅行記 その42]

▲ やってきました、旧蛸島駅。

雑草が生い茂っているが、それがなければ遠目には営業中と変わらない。

 

▲ 駅名表示もされたまま。

 

▲ 自動販売機も営業終了日のままという感じで、いかにも打ち捨てられている感じだ。

 

▲ 営業終了後、まったく後片づけをせずそのまま放置、というのがなんともすごい。

 

▲ 「本日は休業いたします」の札が痛々しい。

 

▲ 駅舎の中には入ることができないが、中に「ようこそ蛸島駅へ」の看板が置かれているのが見える。

 

▲ 線路があると思われる方向に歩いてみるが、雑草が生い茂り、線路を見つけることはできなかった。

 

▲ 多分このフェンスを乗り越えれば線路なのだろうが、立入禁止なのでここまで。

 

▲ 雑草が枯れている冬場に来ると、もしかすると線路が見えるのかもしれない。

 

▲ かつては人で賑わったであろう駅舎が痛々しくも、こうして訪れることができて嬉しかった。

まとめ

都会であれば、営業を終えた建物は、すぐに取り壊され、新しい建物に建て替えられていく。

しかし、ここでは完全に時間が11年前のまま止まっていて、すべてが打ち捨てられていた。

普段都心に暮らしていると、こういう光景はなかなか目にする機会がないので、貴重な経験だった。

能登線が颯爽と走っていた頃に想いを馳せ、蛸島駅をあとにした。

旅の続きの記事はこちら

2016年6月 北陸旅行記 目次

能登をもっと知りたい人が読む本

能登・金沢情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします