小川の庄 おやき村 仲見世分村 いづみや 〜 善光寺境内で 信州名物 「おやき」をいただく!野沢菜味が美味かった!! [2016年4月 長野旅行記 8]

広告


「小川の庄 おやき村 仲見世分村 いづみや」という長い名前のお店で、信州名物の「おやき」を食べてきたのでご紹介。

2016年4月、長野への旅、初日の午後。

旅の一つ前の記事はこちら

2016年4月 長野旅行記 目次

善光寺の観光を終えた僕たちは、ぶらぶらと境内を出口へと向かっていた。

案内してくれたお友達が、信州名物の「おやき」のお店でおやきをご馳走してくれた。

おやきは東京で何回か食べたことがあるが、本場のものを食べるのはもちろん初めて。

さっそく紹介しよう。

小川の庄 おやき村 仲見世分村 いづみや 〜 善光寺境内で 信州名物 「おやき」をいただく!野沢菜味が美味かった!! [2016年4月 長野旅行記 8]

160426-03 - 1

▲ やってきました、「小川の庄 おやき村 仲見世分村 いづみや」。

善光寺境内には、両側にびっしり飲食店や土産物屋さんが並んでいる。

この「いづみや」は、中でも、おやきの店としては有名なようで、ネットのおやきの店ランキングでも1位になっていた。

 

160426-03 - 2

160426-03 - 3

▲ おやきは、小麦粉などで作った皮に、野菜や果物、あんこなどを入れた、信州の郷土料理。

もともとは雪が多い北信地方が発祥とのことだが、今では長野県全域に広がっているそう。

メニューを見ても、切り干し大根や野沢菜などの、食事っぽいものから、りんごやあずきなど、甘いものまでレパートリーが広い。

 

160426-03 - 4

▲ おやき登場。

僕は中身は野沢菜にした。

おやきというくらいだから、焼かれているのだろうが、それほど香ばしい感じはしない。

 

160426-03 - 5

▲ 表面は意外とさらさらで、弾力というか粘りのようなものは感じない。

また、肉まんの皮のようなフワフワ感もそれほどなく、どちらかというとしっとりした感じ。

 

160426-03 - 6

▲ 食べてみる。

野沢菜の餡がしゃきしゃきしていて、皮のしっとり感と馴染んで美味い。

東京でも高尾山など山あいの観光地にいくと、屋台でおやきを売っているが、東京で食べるものとは一味違う。

そこそこボリュームもあり、おなかがいっぱいになった。

まとめ

個人的には、おやきというと、野沢菜や切り干し大根のイメージが強いが、カボチャやりんご、あずきなど甘いものもあるのが斬新に感じた。

でも、同行した友人はあずきを食べていたので、もともとポピュラーなのかもしれない。

次回はぜひあずき味にチャレンジしてみたい。

信州郷土料理、おやき、旅したらぜひ試してください。

美味しいよ。

 

旅の次の記事はこちら

ただいま準備中

2016年4月 長野旅行記 目次

小川の庄 おやき村 仲見世分村 いづみや お店情報

関連ランキング:郷土料理(その他) | 善光寺下駅権堂駅

長野をもっと知りたい人が読む本

長野関連情報はこちらにも!もう1記事いかがですか?


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

気づき、メッセージ、ライフスタイルの提示などのライトで毎朝届く「次はどこへ行こう」

週に1本骨太で長い記事が届く「プロブロガー・総合情報発信者への道 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!