はじめての空弁 〜 羽田空港で「米沢牛と牛たんの牛づくし弁当」by 松川弁当店 を買ってみた!! [空弁]

広告

福岡に出張する際に、はじめて「空弁」を買ってみた。

空弁とは、空港で売っているお弁当のことで、駅弁ならぬ空弁。

僕は食いしん坊で、旅に行くときは、車中でお弁当ではなく、現地に着いてから美味しいのもを食べたい派だ。

なので、いままで空弁を食べる機会がなかったのだが、今回は時間の都合で夜の食事時のフライトとなった。

目的地の福岡空港着が21:30なので、何も食べずに現地に行くのはちょっと辛い。

というわけで、初めて空弁を買ってみた。

はじめての空弁 〜 羽田空港で「米沢牛と牛たんの牛づくし弁当」by 松川弁当店 を買ってみた!! [空弁]

▲ こちらが僕が購入した空弁。

「米沢牛と牛たんの牛づくし弁当」。

作っているのは松川弁当店。

この記事を書くために調べたところ、なんと明治32年創業で、山形県の米沢市で駅弁からスタートし、さまざまな飲食業などを手がけてきた、大変な老舗弁当屋さんということが分かった。

松川弁当店について詳しくはこちら。

こういうことも、記事を書かなきゃ気づかないもの。

▲ こちらがお弁当の中身。

右上がき牛のそぼろ。右下が牛たん。

そして左上が薄切りの牛肉の煮たもの。

そして下にキンピラと玉子焼き、というラインナップ。

甘辛の牛肉もきんぴらも美味しいし、ごはんも冷えてもぱさつかず良くできている。

ただ、1,640円というお値段は、正直ちょっと高いかな、という感じ。

スペースの1/4はひき肉で、1/4はきんぴらと玉子。

残りの1/2のスペースに牛肉なわけだが、ちょっと割高感が強いね。

まあ、空弁自体が祝祭的な雰囲気があるので、そういう値決めの仕方をしているのかもしれない。

まとめ

お値段的にちょっと割高感を感じたが、お味はとても良かった。

山形県の老舗弁当店が、こうして羽田にまで進出しているということに感慨を感じた。

21世紀は、さまざまなビジネスチャンスがあるんだなぁ。

良い勉強になった。

空弁を追求するのも楽しいかもね。

松川弁当店 公式サイト

空弁についてもっと知りたい人が読む本

全国グルメ情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら