特製幕之内御膳 〜 ジェイアール東海パッセンジャーズ謹製の駅弁が素敵だった!!

広告

JR東海、 東海道新幹線の新横浜駅で購入した「特製幕之内御膳」という駅弁をご紹介しよう。

僕は好みの駅弁にスタイルがある。

それは、一種類のおかずがドーンとたくさん入っているタイプより、いろんな種類のおかずが少しずつ入っているのが好きなのだ。

なので、必然的に幕の内弁当的なアプローチの駅弁を選ぶことが多くなる。

今回も、何種類か吟味した上、幕の内的なお弁当を選ぶことになった。

それがジェイアール東海パッセンジャーズ謹製の「特製幕之内御膳」というお弁当。

さっそく紹介しよう。

ジェイアール東海パッセンジャーズ謹製の特製幕之内御膳

▲ こちらが特製幕之内御膳。

ジェイアール東海パッセンジャーズが製造・販売しており、東海道新幹線の駅での販売が中心となる。

なので、特に「東海道」とは書いていないが、必然的に東海道五十三次のデザインとなっている。

 

▲ 蓋を開けると内側に、このお弁当のコンセプトが描かれている。

上の段が関東、中段が東海、下段が関西の味を詰め合わせた幕の内と言うことだ。

 

▲ そして特製幕之内御膳の全貌はこちら!!

まさに僕が好みの、たくさんの種類のおかずがちょっとずつ、ぎっしり入っていて理想的。

お値段は1,380円。

上段が関東風、中断が東海風、下段が関西風とのことだが、言われないと気付かないかも。

 

▲ 上段の関東風ごはんは、あさりの入った深川飯。

 

▲ 同じく上段のおかずは卵焼き、鮭の塩焼きなど。

 

▲ 中段は名古屋メシ、エビフライ、それに味噌カツなど。

 

▲ 下段の関西風には湯葉も入っている。

 

▲ こまごまとたくさんの種類のおかずが入り、大満足。

鶏のしぎ焼きも美味しかった。

まとめ

駅弁を買うときは、いつも目移りする。

焼肉弁当、とんかつ弁当、うな重など単品のお弁当にも惹かれはするのだが、最終的には多品目の幕の内を選ぶことが多い。

お酒のつまみとしても、多品目だと嬉しいんだよね。

今回は仕事前だったのでお酒は我慢だったが、次回はお酒と共に楽しみたい。

あと、1つ思ったのが、先日紹介した崎陽軒のシウマイ弁当と違い、この特製幕之内御膳は、 蓋や本体に製造社名が書かれていない。

ビニールのフィルムに貼られたシールに小さく製造・販売社のジェイアール東海パッセンジャーズが記されているだけだった。

会社名を前面に出してお弁当を売ることができる崎陽軒は、やっぱり凄いブランドなんだと改めて感じた。

ジェイアール東海パッセンジャーズも、もっと自社名を前に出しても良いのにな、と感じた。

駅弁・空弁・弁当記事はこちらにも!

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・ロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら