鳴り止まない拍手 魂のプレゼンへのスタンディング・オベーション

広告


日本人は感情表現が欧米人と比べて下手だと言われる。

アメリカ人などは、スポーツ観戦でも音楽でも、素晴らしければ大絶賛、だらしなければ容赦ないブーイングと、感情表現がハッキリとストレートだ。

日本人はそれをあまりしない。

得意でないし、美徳でもないと思っている人も多いだろう。

でも、そんな日本人でも、本当に心が動いたときには、思わず感情が表にでることもある。

今日、そんな体験をした。

鳴り止まない拍手 魂のプレゼンへのスタンディング・オベーション

今日から3日間、あけみちゃんこと岡部明美さん主宰の9期LPL養成講座の最終第7講に参加している。

最終講は軽井沢での合宿研修だ。

その席で、一緒に受講している方のプレゼンを聞く機会があった。

プロのスピーカーの方ではない、一受講生のプレゼンだった。

しかも時間はわずか10分。

プロジェクターもPowerPointのスライドもない。

あるのは彼女が描いた、一枚の絵だけ。

とつとつと、でも自信と慈悲の心に満ちた彼女の10分間のプレゼンテーションは、まさに魂から響く心の声だった。

人はここまで優しくなれる。人はここまで強くなれる。

そして人はここまで自分を信じることができる。

その10分間のプレゼンテーションに、僕は心の底から感動し、涙が止まらなくなった。

そして10分間の彼女のプレゼンが終わったとき、全参加者からの、割れるばかりの拍手が起こった。

そして、その拍手が終わらない、終わらない。

鳴り止まない、鳴り止まない。

本当に心を揺さぶられ僕たちは、その想いをなんとかご本人に伝えようと、誰も手を叩くのを止めないのだ。

その鳴り止まない拍手を聞いていて、僕はまた泣けてしまった。

鳴り止まない拍手と、それを引き継いで語ってくれたもうひとりの方のプレゼンが共鳴し合い、魂が震えた。

僕たちも、こんなパートナーシップを築いていけたらいいな。

そう思いつつ、また涙があふれた。

ああ、こんなすごいプレゼンを聴けて、体感できて、一緒に学べて、本当に僕は幸せだと心から感じた。

そして、僕にはなにができるだろうと自問していた。

プレゼンテクニックを磨くことが必要なんじゃない。

僕はそう思った。

自分を大切にして、誇れるような自分であり続けること。

そして、自分の想いをストレートに語りかけること。

それが、僕がするべきことなんじゃないか。

そう思った。

 

魂の学びはまだまだ続く。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします