実は仕事術本だった 書評「たった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと」 by またよしれい

広告

iPhoneアプリを開発しようという人向けの本ならば、誰でもプログラムコードの羅列が続くと思うのではないだろうか?

ところが本書「たった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと」(著者またよし様よりご献本いただきました。ありがとうございます)には、一行のプログラム・コードも掲載されていない。

 

 

たった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと 

またよし れい 秀和システム 2011-03
売り上げランキング : 3833

by ヨメレバ

 

 

ソースコードがない開発本?

 

 

なぜ本書は開発本にも関わらず、ソースコードがまったく載っていないのか。

それは本書がiPhoneアプリ開発のための仕組み構築の術を読者に提供することに特化しているからだ。

この点を十分に理解して本書を読まないと、欲求不満になるだろう。

何故なら、本書だけを読んでもiPhoneアプリを作れるようにはなれないからだ。断言する。

だが、自分自身でソースコードを勉強して日々努力する準備と覚悟ができている人にとっては、物事の最短経路を超高速で突っ走る最高の参考書となるだろう。

そんな本だ。

 

 

実はビジネス本だ

 

 

本書を読了して最初に感じたこと。それは、本書は開発本ではなくビジネス本だということ。

もちろん本書を読む人はiPhoneでアプリ開発をしてみたいと願う人たちになると思うが、アプリのリリースを商業行為と考えると分かりやすいのではないだろうか。

アプリを作るためには、「どんなアプリを作ったらユーザーが便利に感じるか」というアイディアが必要だ。

どんなに「僕はこういうアプリを作りたい」と意気込んで開発しても、完成したアプリがまったくニーズのないものだったならば、そのアプリは誰にもダウンロードされず、日の目を見ることなく忘れ去られてしまう。

また、便利なアプリを思い付き、うまく開発できリリースしたとしても、誰にも宣伝せずじっと佇んでいては、せっかくの優良アプリも宝の持ち腐れになってしまう。

アプリ開発は開発だけすれば良いということではない、ということが本書を読むことで良く理解できる。

本書がビジネス書である証拠に、各項目の最後に、歴史上の偉人達の格言が添えられている。

この格言・明言もアプリ開発とは直接関係のないものばかりだが、ビジネスの王道を行く素晴らしい言葉が並ぶ。

アプリ開発という軸とビジネスという軸を結びつける「くさび」として、この格言が上手く機能している。

 

 

開発力 = 情報収集力。だから英語が必要だ

 

 

本書にはプログラムコードは一行も出てこないが、英語の勉強法の具体例が写真まで添えて記載されている。

なぜか。これもiPhoneアプリ開発をビジネスとして捉えている著者の視点ならではの切り口である。

iPhoneアプリに限らず、ネット上の情報の7割は英語で書かれていると言われている。

つまり、英語ができない人は、インターネット上の7割の情報にアクセスできない状態で他社と闘うことになるのだ。

また、iPhoneアプリ開発で必須となる、Appleの公式ドキュメントも一次言語は英語である。

英語ができないというハンデは、アプリ開発者にとってはかなり重いものだ。

だからこそ、英語を勉強しましょう、ということを著者は説いているのである。

通訳者になるわけではない。開発に必要なドキュメントが読めて、必要最低限のコミュニケーションが外国人と取れれば良い。

本書ではそのような用途に特化した英語の習得法を教えてくれる。

 

 

開発力 = マーケティング力。だからブログが必要だ

 

 

本書の後半では、著者またよし氏が実践しているブログの読者獲得法について触れられている。

アプリ開発とブログのアクセス数。こちらも一見関係のない項目に思えるが、実はある。

iPhoneアプリは大手企業と個人開発者が同じ土俵で闘うフィールドだ。

大きな会社や有名開発者は雑誌や書籍などでリリース直後から取り上げてもらえる可能性が高い。

だが、今までアプリを一本もリリースしたことのない個人開発者が、最初のアプリをリリースしたとして、誰が気づいてくれるだろうか。

そう、だれも気づいてくれない。

だが、自分のブログに1か月20万アクセスあったならどうだろうか。

自分が書いた文章を毎日たくさんの人が読みにきてくれる。

これは新人アプリ開発者にとって、とてつもなく大きな武器なのだ。

 

 

もうちょっと深堀りして欲しい

 

 

ここまで褒めてばかりの本書だが、個人的には物足りなかった点がある。

恐らくこれは著者の責任ではなく出版社の方針なのだろうが、本書は薄い。176ページしかない。

個人的にはもう少し厚みが欲しい。そしてその分で情報に深みを添えて欲しかった。

またよし氏も本書の執筆をずいぶん急ぐ必要があった旨書いている。

読者の勝手な要望としては、じっくり取り組んでもらい、より濃い情報を提供してもらいたかったと願う部分がある。

 

 

まとめ

 

 

本書は「アプリ開発なんて自分には無理」「アプリ開発してみたいけど、どこから始めたら良いか分からない」といった超初心者の最初の一歩の背中を強烈に押してくれる素晴らしい本だ。

何度も触れている通り、本書はプログラムの書き方やそのコツを伝授してくれる本ではないので、本書を読んでその気になったら、専門書やウェブ、動画サイトなどで各自勉強を始めることになる。

作りたいアプリも人それぞれ。作ろうと思うきっかけも人それぞれだ。

だが、もしあなたが「いつかiPhoneアプリ作ってみたいな」と憧れたことがあるのなら、是非本書を手にすることをお薦めする。

今まで雲の上の存在だった「アプリ開発者」という肩書きが、2か月後にはあなたの手中に収まっているかもしれない。

それは、とても魅力的なことではないだろうか。

 

 

 

2011年51冊目の書評としてお届けしました。

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

経営者・個人事業主・自営業者・クリエイター向けの超本格的連続講座開催!!

作家・ブロガー・カウンセラー立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子夫妻が直接指導する、5ヶ月間の連続講座「2期ツナゲル ライフ インテグレーション講座ビジネス」9月開講!! 独立後6年で年収をを6倍に伸ばし、世帯年収5000万円となった二人がビジネス飛躍のために必要な「あり方」と「やり方」をすべて伝授します。 多くの修了生が劇的に飛躍している人気講座、ぜひご参加ください!!

2期TLIビジネスについて詳しくはこちら

立花岳志が直接指導するブログとブランディングと心の講座!次期開催決定!!

7冊の本を出版し作家・ブロガー・カウンセラーとして活動する立花岳志が直接指導する連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)次期開催決定! 東京・大阪・名古屋で9月よりスタート!!

立花B塾について詳しくはこちら

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中! 内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者がまもなく1,000人、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします