やってよかった、やらなきゃよかった お金のこと 10選

広告


7. もっとたくさん本を読んでおけばよかった

今でこそ年に150冊〜200冊の本を乱読し、こうして書評も書くようになった僕だが、20代ではほとんど本を読まなかった。

午堂さんは20代を通して100冊読んでいないのでは、と書いているが、多分僕も似たようなものだ。

今思えば、本当にもったいなかったと思う。

40代になって読書をしていて、時々ハッとさせられることがある。

何て示唆に満ちた言葉だ、と感動するのだが、それと同時に思うことは、「この言葉を20代で知っていれば」ということ。

同じ読書でも、若い時は吸収するスピードが違う。

若いからこそ、外で遊びたいし恋愛もしたい。酒もたくさん飲めるし徹夜しても響かない。

だけれども、是非本を読む時間を確保して欲しい。

20代の人にとって、本は血となり肉となる。

将来への投資として、良書に触れて欲しい。

8. 給料の文句を言わなくて良かった

午堂さんは20代のサラリーマンの頃、給料明細も開けないくらい収入に無頓着だったという。

僕もまったく一緒で、24歳で就職した会社からのお給料を、安いと思ったことも高いと思ったこともほとんどなかった。

僕の考え方は、必死に働いて結果を出せば、後から給料やポジションは付いてくる、というもので、午堂さんが本書に書かれいてることと同じだ。

もちろんそう簡単に給料は上がらないわけだが、若い時から給料の不満を先に考えるようになると、自分の仕事を自分で線引きして、自分の給料に見合う仕事しかしなくなるのが問題だ。

自分の給料に見合う仕事を自分で勝手に判断して、それ以上と思われる仕事は流してしまうのだ。それは問題だろう。

もちろん中・長期的にみて若年層の給与が上がらない傾向にあるという社会問題はあるのだが、それを日々の仕事に持ち込んでしまうことはマイナスだろう。

仕事に打ち込む時は徹底的に。それがプラスの結果を生むだろう。

9. 夫婦共働きでよかった

僕はバツイチで再婚しているので、2回の結婚生活を経験している。

そこで共通しているのは、共働きの家庭であったということ。

もちろん子供がいなかったからその状態がずっと続いたという側面もある。

でも、仮に子供が出来たとしても、ある程度子供が大きくなったら、共働きに戻りたいと思っている。

共働きの最大のメリットは、家庭の中に依存関係が生まれないこと。

自分もパートナーも、独立した存在でいられることは、目に見えない大きなメリットを生む。

そして、家計が安定しやすいこと。

これは目に見える部分で家庭を良い状態に維持しやすい土壌を作る。

家庭というユニットに循環するお金を良い状態に保つためにも、共働きは有効だと考えている。

 

【次のページ】一番大切なことはこれ!!


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします