デブでした。by パパイヤ鈴木 〜 ダイエットにゴールなどない! 大人の健康獲得術 [書評]

広告


ブックレビュー2010年の31冊目はパパイヤ鈴木著、「デブでした。」を読了。

良い。かなり良い。

もともとはあまり期待していなかった。たかが芸能人のぺらぺら本かも、と。

だが、中身はダイエット本というよりは目標設定術や自己肯定法、それに成功法などの自己啓発系のノウハウがたくさん詰まった良書であった。

「元祖!でぶや」でもお馴染みのダンサー& 振付師 & タレントの著者が記したダイエット成功記。

デブでした。by パパイヤ鈴木 〜 ダイエットにゴールなどない! 大人の健康獲得術 [書評]

174cmという身長に対して110kgという体重だったという著者。

確かに太ってはいるのだが、テレビにはもっと激しく太ったタレント、いわゆるデブタレが沢山いるため、パパイヤ氏は決してすごくデブという印象はなかった。

だがこの数字を聞けば、やっぱり相当太っていたと言わざるを得ない。

そんな彼が大河ドラマ出演をきっかけに体重を減らすことを決意した。

ダイエットではなく「健康改善プロジェクト」と名付けているとおり、ただ体重を減らすのではなく、体重が減った結果健康になり、健康であり続けることを最大の目的としているところが本書の特徴であり、僕が好感を持った最大のポイントである。

目標体重を決めない、期限も決めないという点も好感を持った。

その理由が良いのだ。目標体重というゴールを決めてしまうと、到達した時点で目標が失われ、結果としてその体重を維持し続けることが難しくなる。

著者は過去に何度も急激なダイエットを行い、一時的には痩せたものの、毎回リバウンドしてしまっていた。

僕もリバウンドは経験があるのでこの辺りの説明はとても良く分かる。

目標は体重を30キロ減らすことではなく、健康であり続け、肉体的にも精神的にも自分が目指す姿であり続けることなのだ。つまり終わりなどないのだ。

太っているときは、とにかく体重が落ちればそれだけで嬉しいと思うだろう。

だが、実際体重が落ちてくれば、今度は「腹筋を割ってみたい」とか「もうちょっと腕にも筋肉を」など、興味の対象も移ってしかるべきなのだ。

体重が落ちることだけを目指すと、次のステップへの目標の移行がスムーズにいかないのだ。

パパイヤ氏の食生活についての解説には、ちょっと極端なところもあり、そこまでやるとどうだろうと思う部分もある。

しかし、30代以降の男性が目指すべき体重管理の一つの理想の姿がきっちり描かれていてとても好感がもてる。

やせることが目的ではないのだ。やせることによって自分がどう変わるか。自分の人生をどう変えるか。それが一番大事なのだ。

パパイヤさん、お互い頑張ろう!

デブでした。のチェックはこちらから!

ダイエット関連記事はこちらにも!もう1記事いかが?


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします