人生がときめく片づけの魔法 by 近藤麻理恵

広告

4. 「ときめき」を感じられるかが判断基準!

では、いよいよ「捨てる」を始めよう。

その時の判断基準は何だろうか?

壊れているものや、明らかにもう使わないモノは簡単に捨てることができる。

だが、問題なのは、特にこれと言って捨てる理由がなく、何となく置いてあるモノたちだ。

ここで大切になるのは、「何を捨てるか」を重視するのではなく、「何を残すのか」が大事だということ。

オマケでもらって意味なく使っている安物のマグカップ。ちゃんとしたウェッジウッドのモノももっているのに「勿体ないから」という理由で安物ばかりを使ってお気に入りはしまったまま。

モノを減らすにあたって大切なのは、「触ってときめくものだけを残す」ということ。

この例でいえば、間違いなくお気に入りのウェッジウッドを残し、おまけの安物マグは捨てる、という判断になる。

基準は「ときめくかどうか」。ここが重要なポイントだ。

 

 

5. 「思い出の品」は後回し!

片づけ祭りを始める時には順序も大事だ。

特に気をつけたいのが、「思い出の品」。

ここからスタートすると、まず確実に挫折する。

まずは難易度が低い洋服や書籍などからスタートし、難易度の高い思い出の品は最後に取りかかろう。

この順番を間違えないよう気をつけよう。

 

6. 捨てにくいモノにはお礼を言って別れる

「ときめかないモノは捨てろ!」

そう言われても、分かっちゃいても捨てられないモノが続々と出てくる。これが人間の性だ。

たとえば、高いブランドの洋服。もう時代もサイズも合わなくなったが、「高かったから」とか「お気に入りだったから」という理由でなかなか捨てられない。

そんな時には、モノに対してお別れの儀式をしてあげることで、決心がつくことが多い。

「今まで何度もときめかせてくれてありがとう」

その一言を添えて、手放してあげよう。

 

7. 洋服は「立てて」しまう!

不要なモノの処分が終わったら、今度は収納だ。

洋服はクローゼットや引出しに積んで収納している人が多いかもしれないが、「立てて」しまう。

洋服をキレイに畳んだうえで立てて収納すると、本の背表紙のように全部の服が見えるようになり、引出しを開けた時に心がときめくのだ。

使っている時だけではなく、収納されている時もときめくようにする。これが収納時のポイントだ。

 

【次のページ】靴下の正しい片づけ方って知ってる??目から鱗だ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!