ラクをしないと成果は出ない by 日垣隆 〜 正当派自己啓発書!! [書評]

広告


ブックレビュー2010年の36冊目の読了は日垣隆氏著、「ラクをしないと成果は出ない」。

タイトルが本書の内容を良く表している。刺激的で扇情的なタイトルをつけて読者の購買意欲を高めようという意図が見え隠れする本が多い中、本書はタイトルからして質実剛健で飾らない。

内容もタイトルそのままオーセンティックで、現代に生きる我々がどのようにして最短の時間と最小の労力で成果を上げていくかについての100の鉄則が、各項目見開き2ページで淡々と述べられている。

ラクをしないと成果は出ない by 日垣隆 〜 正当派自己啓発書!! [書評]

この手の自己啓発書は、誰のどの本が優れていて、誰のが劣っているということは実はあまりなく、その人が誰の本を最初に読んだか、が実は重要なポイントである。

このブログの読者の方はご存知の通り、僕はこの手の自己啓発本をかなりの数読んできている。

なので、相当の知識やノウハウが既に頭の中にあるが、今まで自己啓発書を読んだことがない人が読めば、全てが新鮮に感じられるものであろう。

では、既に相当の数の自己啓発書を読んだ人間が本書のように正当派なものを読んだ場合に何が起こるかというと、「当たり前のことしか書いていない」とか「新鮮さがない」という感想が出てしまう。

僕自身も読み始めはそう感じてしまった。

だが、せっかく自己啓発書を読んでいるのだから、そのような感想で終わらせてしまってはもったいないのだ。

10冊の本を読んで10冊の本が全て書いていることというのは、それだけ大切な大原則ということで、あえてそれを再読して認識を新たにできたことを感謝すれば良い。

ただ、本書は見開き2ページで1話完結するスタイルのため、各項目に深みというか奥行きがなく感じられることも事実で、その点は残念だ。

だが、こういう形で完結できるスタイルということは、初心者にうってつけということだろう。

なので、自己啓発書に今まで手が出ていない若い人達は入門書として読むと楽しく勉強できるのではないだろうか。

僕は「子供部屋より親の書斎を優先することが子供のためになる」という項、「正義の見方よりリアリストであれ」という箇所などに、かなりの「なるほど!」を得るところがあった。

「自分を変えたい」、「このままではまずいのでは」と漠然と感じているあなた。

まずは本書を手に取ってみてはどうだろうか。

ラクをしないと成果は出ない のチェックはこちらから!

書評記事はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?


あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします