鎌倉なう。その3 まさかの41歳サーフィン・デビュー! [Event] [Travel]

広告

鎌倉2日目のメイン・イベントは、何とサーフィン!

まさか自分がサーフィンをやることになるとは夢にも思っていなかったのだが、やることが決まってみると結構ワクワクである。やるからには楽しもう、ということで楽しみにしていた。

順番が前後するが、今回サーフィン・デビューすることになったのは、相方が三週間くらい前に突如僕を誘ったからだ。

「突如」と書いたが、実は深い伏線がある。その辺りは相方のブログに詳しく書いてあるので気になる方はご参照ください。

生まれて初めてのサーフィン、右も左も分からないので、とにかくスクールに入ることに。七里ヶ浜にあるEASY surfという老舗のサーフショップさんのお世話になった。七里ヶ浜は岩が多いとのことで、初心者も安心の砂浜、鵠沼へと移動しての初サーフ。

 

 

EASY surf代表のMikkoさんの懇切丁寧、そしてスパルタな(笑)指導のおかげで、初サーフィン体験をたっぷり楽しむことができた。

 

 

相方は比較的あっさりボードに立つことが出来るようになって楽しそうに滑っていたが、僕は全然立てず悪戦苦闘。

そもそもパドリングしようとボードに腹ばいになると、何故か僕だけボードがぐらぐら揺れてそのままひっくり返って海に放り出されてしまうのだ。

Mikkoさん曰く、僕は背が高く筋肉の質が固い、黒人タイプの身体とのこと。全身の力が抜けにくく、従って重いのだそうだ(黒人の水泳選手はあまりいないのと共通するのだそうだ)。

というわけで、なかなか立てなかったのだが、それでも持ち前の粘り強さでチャレンジしまくって、後半には何度かちょっとだけ立てるようになった。やほー(^-^)。

 

 

Webには10:00〜12:00と書いてあったのに、結局海から上がったのは13:30。たっぷりサービスしていただいてしまった(^-^)。

ふと気づけばウェットスーツに守られていない両手両足は真っ赤に日焼けし、膝小僧は擦り剥けていたけれど、すごく充実して時間を忘れた一時だった。

 

 

東京からはなかなかしょっちゅうは通えないけれど、これ一回で終わらずに、またチャレンジしたいと感じた、そんなサーフィン初体験だった。

 

 

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします