青渭神社(あおいじんじゃ)参拝レポート 〜 深大寺町の総鎮守・水神様に参拝!!

広告

東京都調布市深大寺元町に鎮座する「青渭神社」に参拝してきたのでご紹介しよう。

深大寺の近所に住む友人宅を訪れた際、早めに着いて近隣を散策した時に通りかかったのが、この青渭神社だ。

青渭神社はこの深大寺町のほか、稲城市、青梅市にもあるという。

樹齢700年を越えるケヤキのご神木が見事だった。

さっそく紹介しよう。

青渭神社(あおいじんじゃ)基本情報

神社名 青渭神社(あおいじんじゃ)
住所 東京都調布市深大寺元町5-17-10
電話番号 042-482-5710
創建年 不祥
ご祭神 青渭大神(あおいのおおかみ)
入場料 無料
駐車場 あり
ウェブサイト 公式サイト

Wikipedia

東京都神社庁

Google

青渭神社 御由緒

以下、東京都神社庁サイトからの引用。

創建年月は不詳であるが、住古先住民が水を求め居住した際、その生活に欠く事のできない水を尊び祠を建て、水神様を祀ったと伝えられている。明治六年十二月郷社に列せられた。旧深大寺町の総鎮守である。

青渭神社 地図とアクセス

〇京王線「調布駅」北口よりバス
京王バス・小田急バス 三鷹駅行き・吉祥寺駅行き・杏林大学病院行き「青渭神社前」下車
〇JR中央線「吉祥寺駅」「三鷹駅」南口よりバス
京王バス・小田急バス 調布駅北口行き「青渭神社前」下車
〇京王線「つつじヶ丘駅」北口よりバス
京王バス つつじが丘駅北口循環 「深大寺小学校」下車
京王バス つつじが丘駅北口循環 「西原」下車 徒歩6分

最新!青渭神社 1回目の参拝レポート! 2022年4月

参拝日と参拝方式

2022年4月6日(水)に社頭参拝。

当日の様子

▲ やってきました、青渭神社。

最初は「あおいじんじゃ」と読めなかった。

 

▲ 深大寺はこの奥をしばらく行った場所にある。

 

▲ 境内脇の桜が見事。

 

▲ ご由緒。

「北多摩神道青年会」という団体が立てたもの。

 

▲ 手水舎には白い龍が。

青渭大神(あおいのおおかみ)は水神様とのことなので、龍との関係も深いのだろう。

 

▲ 社殿。

 

▲ お神輿が見える。

 

▲ 初めましての参拝。

 

▲ 鮮やかな花が美しい。

 

▲ ご神木のケヤキ。

 

▲ ケヤキは調布市の天然記念物に指定されているという。

この日のまとめ

深大寺に行ったのは10年ぶりくらいだが、前回行ったときは、まだブログに寺社仏閣について書く習慣がなかった。

こうして訪問先の寺社仏閣に参拝して記事にするのは、旅の醍醐味の一つになった。

土地のことを知るキッカケにもなって良い習慣だと思っている。

こうして少しずつ活動範囲に合わせて知識と記録が増えていくのが嬉しい。

あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!