小樽ランニング日誌 〜 運河・手宮線跡・総合博物館・そして海と満載すぎた11km早朝ラン!! [2017年6月 北海道旅行記 その15]

広告


2017年6月の北海道の旅、3日目の朝。

旅の一つ前の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

北海道3日目の朝は小樽で迎えた。

月間150kmランチャレンジのため、今日も11km走ると決めて出走。

運河と海くらいを考えて走り出したのだが、予想以上に華やかな楽しいランニングとなった。

小樽ランニング日誌 〜 運河・手宮線跡・総合博物館・そして海と満載すぎた11km早朝ラン!! [2017年6月 北海道旅行記 その15]

▲ 小樽築港駅近くのホテルを出て走り始めて約2kmほどで小樽の運河地帯に出る。

早朝なので人が全然いなくて気持ち良い。

 

▲ さらに走っていくと、今度は旧手宮線の線路跡に出る。

線路跡自体は以前も来たことがあるのだが、ランニングなので延々と走っていける。

一番奥まで行ってみようということで、線路沿いを走っていった。

 

▲ すると、どんどん線路が広くなっていく。

これは操車場か車庫に向かうのではないか?という期待が膨らむ。

この写真は奥から走ってきて、振り返って撮った写真。

走っているときは、どんどん線路が増えて広がっていく感覚。

 

▲ すると、なんと転車台が現れ、SLだの古い気動車だのが続々と現れた!

慌てて地図で確認すると、ここは「小樽市総合博物館」のようだ。

すごーい!!

 

▲ 営業時間外なので入れないのだが、脇の道から、お宝車両が続々と見えてくる。

すごいすごい!こんなの見たことない!!

 

▲ DD15にラッセル車ついたもの。

これもすごい。

 

▲ そして約5.5km走ったところでUターン。

まったく特徴のない場所なので記録に写真を撮っておく。

 

▲ 目の前にあった建物。

 

▲ この辺りにいたらしい。

 

▲ そして帰り際はスーパーの駐車場からの海を眺める。

 

▲ 穏やかな、ほとんど波がない海。

 

▲ 美しいねー。

 

▲ 総合博物館に戻ってきた。

 

▲ C12の6号機。

次回はぜひ営業時間に来よう。

 

▲ というわけで、楽しさ満載の11kmランだった。

これだから旅先ランは止められない。

まとめ

小樽は思ったよりずっと奥が深く面白い。

次回も小樽ランを楽しもう。

旅の次の記事はこちら

2017年6月北海道旅行記 目次

札幌・小樽をもっと知りたい人が読む本

北海道に関する情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかがですか?

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします