自分ブランドをしっかり定義しよう 書評「人生を変える自分ブランド塾」 by 中谷彰宏

作家・ブロガー・カウンセラー 立花岳志からお知らせ(本文は下)

 

大人気!!プロが教える心とブログとブランディング塾次期募集中!!

 

年間1,000万PVブロガー、6冊の著作を持つ作家、そして心理カウンセラー、会社経営者と多面的に活動する立花岳志の大人気の連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)開催!!

 

東京・大阪・金沢にて3月より開講!楽しくブログを継続して人生を劇的に変えましょう!!

 

立花Be・ブログ・ブランディング塾 東京・大阪・金沢で開催!! 個人の情報発信で人生を劇的に変えよう!!

大好評の立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)、次期開催が決定しました!!次回の開催は東京(平日・休日)、大阪、そして金沢です!レベル1は早くも9期、レベル2も4期の開催となります。皆さま、ぜひご参加ください!立花Be・ブログ・ブランディング塾 東...

 

セルフ・ブランディング、パーソナル・ブランディングという言葉が盛んに叫ばれるようになったのはここ数年のことだ。

だが、自分自身をブランドとして構築できている人というのは太古の昔から存在したわけで、決して目新しいことではない。

卑弥呼だって聖徳太子だって後白河法皇だって、ブランド人であったのだ。

 

大昔からあった「自分ブランド」だが、何故最近になって急に騒がれるようになったかと言えば、ネット時代、ソーシャルメディア時代になり、一部の著名人や特権階級以外の我々一般人にも、ブランド構築の必要性が生じたためだ。

必要性が生じたと言うと言葉が悪い。

我々普通の人も、ブランド構築による差別化が可能な時代となった、と言うべきか。

そんなセルフ・ブランディングについて、大御所中谷彰宏氏が著した新刊が出たと知り早速読んでみた。「人生を変える自分ブランド塾」である。

 

人生を変える自分ブランド塾

中谷 彰宏 成美堂出版 2011-01
売り上げランキング : 6247

by ヨメレバ

 

 

恥ずかしながら中谷氏の著作を読むのはこれが初めてだ。文庫サイズでフォントサイズも大きめで200ページ前後、気軽に読める入門書という位置づけだろう。

本書では1トピック2〜3ページで、様々な切り口から「自分ブランド」について著者が想うこと、感じることを並べたエッセイ風の切り口となっている。

特に章立てもなく、ランダムで軽快な語り口は飄々としていて読みやすい。

読み進むに連れて面白いな、と感じたのは、本書はある意味「自分ブランドができ上がった大人」が書いた本だというイメージが滲み出ている点だ。

僕が過去に読んできた本田直之氏や佐々木俊尚氏、それに勝間和代氏らのセルフ・ブランディング本とは明らかに違うノリが本書にはある。

最初はそのノリが何ナノだろう?と戸惑ったのだが、徐々に分かってきた。中谷氏自身がすっかり自分ブランドを構築し終わっていて、しかも構築から時間が経過しているため、良くも悪くも完成してしまっているのだ。

完成しているからスマートだし説得力もある。だか洗練されている分ゴツゴツした生々しさがなく、時間が経っているため少し古くさい。

詰まらないと言っているのではない。あくまでも他の本とはちょっと違う、ということを強調したいのだ。例えば以下の例だ。引用ではなく僕がまとめた一文である。

 

ブランド力のない男性が女性にブランド物をプレゼントしたとしても、喜んでいるのはブランド物を貰ったからにすぎない。

ところが、ブランド力がある男性が100円の消しゴムを女性にプレセントすれば、「○○さんがくれた100円の消しゴムだ」と女性は喜ぶ。

そうなるためにはブランド物をプレゼントする代わりに、そのお金を自分に投資して勉強しなさい。

 

確かにその通りなんだと思う。そこまで自分をブランド化できれば大したものだと思うし、20年前のアイドルなどは、100円の消しゴムで女の子を失神させることができたかもしれない。

ブランド構築のための定義を学ぶ。そしてその教科書は洗練されたブランドを持つ男。

そういう図式で読むとスッキリするだろうか。

色々な意味で従来とは切り口が違うブランディング入門書であった。

The following two tabs change content below.
立花 岳志
作家、ブロガー、心理カウンセラー、人材開発トレーナー、イベントプロデューサー、情報発信コンサルタントなど、複数の肩書きを持ち、多面的に活動するノマドワーカー。 著書に「ノマドワーカーという生き方」「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」「クラウド版デッドライン仕事術」などがある。 株式会社ツナゲル 代表取締役社長兼C.E.O.。現在東京六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人とのマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)実践中。 詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

 

大人気!!プロが教える心とブログとブランディング塾次期募集中!!

 

年間1,000万PVブロガー、6冊の著作を持つ作家、そして心理カウンセラー、会社経営者と多面的に活動する立花岳志の大人気の連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)開催!!

 

東京・大阪・金沢にて3月より開講!楽しくブログを継続して人生を劇的に変えましょう!!

 

立花Be・ブログ・ブランディング塾 東京・大阪・金沢で開催!! 個人の情報発信で人生を劇的に変えよう!!

大好評の立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)、次期開催が決定しました!!次回の開催は東京(平日・休日)、大阪、そして金沢です!レベル1は早くも9期、レベル2も4期の開催となります。皆さま、ぜひご参加ください!立花Be・ブログ・ブランディング塾 東...

 

12月16日(土)六本木ヒルズで大忘年会開催!

 

2017年を笑顔で〆て、無敵の2018年を迎えるためのツナゲル大忘年会を六本木ヒルズで開催します!

 

美しい六本木ヒルズのライトアップを眺めながら、みんなで2017年の最後を締めくくりましょう!!

 

12/16(土) ツナゲル大忘年会 2017 を 六本木ヒルズにて開催します!無敵の2018年を迎えよう!!

イベント開催のお知らせです!立花岳志と大塚彩子が経営するツナゲルの大忘年会を開催します!12/16(土)に六本木ヒルズです!皆さまぜひご参加ください!!12/16(土) ツナゲル大忘年会 2017 を 六本木ヒルズにて開催します!無敵の2018年を迎えよう!!さよなら2...

 

カリスマ研修講師 湯ノ口弘二さんとのコラボ・ワークショップ開催!!

 

2018年1月16日(火)に、数多くの名経営者を輩出してきたカリスマビジネス研修講師、湯ノ口弘二さんと立花のコラボ・ワークショップを開催!

 

これからの時代のワークスタイル・イノベーションをテーマに、異なるフィールドからの視点で語る、双方向のトークセッションです!ぜひご参加ください!!

 

1/16(火)湯ノ口弘二 & 立花岳志 コラボ「最先端の働き方:ワークスタイルイノベーション」トークセッション開催します!!

イベント登壇のご案内です!2018年1月16日(火)に、コミュニケーションエナジー株式会社主催のイベントに登壇します。同社社長であり、CCL、CCL Excellent、マスタリートレーニングなど、同社主催の講座を主宰され、講師も勤められる、湯ノ口弘二さんと、立花のコラ...

 

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

 

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中!

 

内容紹介動画はこちら!

 

 

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

 

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

 

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

 

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。

 

参加者が400人を超え、ますます盛り上がっています!

 

詳しくはこちらからどうぞ!!

無料オンラインサロン「立花岳志ツナゲルサロン」開設しました!!キーワードは「ゆるーく繋がる ずっと繋がる」参加者大募集中!!

Facebookの非公開グループ機能を活用した、無料のオンラインサロン、「立花岳志ツナゲルサロン」を開設しました!以前からオンラインサロン的なものには興味があったのですが、いくつか気になる点があり、やってきませんでした。でも、行動しないと結果も出ないので...

立花岳志公式メルマガに登録しよう!購読無料!

ブログに書けないこと、メルマガ読者の方だけにお伝えしたいことを書いてます。

 

サクッと短く朝にすぐ読める、読み切りタイプ。

 

ほぼ日刊!朝7時半に届きます。面白くてためになり、ときどき感動するかも??

 

立花岳志公式メルマガ「そろそろ本当の話をしよう」の登録は以下のフォームからお願いします!



Facebook経由でこのブログの更新情報を受けとろう!ページにいいね!お願いします!

 

*
*
* (公開されません)