鮨 さいとう 〜 ミシュラン5年連続3つ星 食べログ 全国1位! 六本木一丁目の寿司店 予約から8ヶ月 ついに感無量の訪問!! [麻布グルメ]

鮨 さいとう 〜 ミシュラン5年連続3つ星 食べログ 全国1位! 六本木一丁目の寿司店 予約から8ヶ月 ついに感無量の訪問!! [麻布グルメ]

六本木一丁目、アークヒルズサウスタワーの「鮨 さいとう」に行ってきた!!

この「鮨 さいとう」は、食べログのお寿司屋さんランキングで日本一を誇っている。

食べログには、35,771軒のお寿司屋さんが登録されているが、その中で2位のお店に0.1ポイント以上の大差をつけて、圧倒的に1位なのだ。

そして、「鮨 さいとう」は、ミシュラン5年連続3つ星店でもある。

予約困難店として知られており、電話がとにかく全然つながらないのだ。

そして電話ができても、予約までにはるかに長い期間がかかる。

僕が予約できたのは、電話をしてから8ヶ月後の、ランチ。

リピーターさんがどんどん次回を予約してしまうため、新規参入が非常に困難なのだ。

とにもかくにも辿り着いた。

さっそく紹介しよう。

スポンサード

鮨 さいとう 〜 ミシュラン5年連続3つ星 食べログ 全国1位! 六本木一丁目の寿司店 予約から8ヶ月 ついに感無量の訪問!! [麻布グルメ]

160425-03 - 1

▲ やってきました!鮨 さいとう。

お店は六本木一丁目駅直結、アークヒルズ サウスタワーにある。

実はここ、思いっきり僕の生活圏内で、自宅から徒歩5分ほど。

アークヒルズ サウスタワーは、とにかく飲食店のレベルが高いのだが、極め付けが、この「鮨 さいとう」だろう。

 

160425-03 - 2

▲ 入口もさくがの品格という感じ。

 

160425-03 - 3

▲ この日は母を連れての訪問。

カウンターは9席あった。

食べログを見ると「通常6席、最大7席」とあるが、僕の右側に5人、左側に連れの母を含めて3人座っていた。

食べログの6席という案内は、移転前のものなのかもしれない。

他に入口奥に別室(個室)があるとのこと。

 

160425-03 - 4

▲ 穏やかで、かつとても丁寧な物腰のご主人、齋藤孝司さんが目の前。

夜と同等の、お任せでお願いすることを伝え、コースがスタート。

まずは富山の白エビ。

素晴らしくネットリして、豊かに甘味がある。

今まで食べた白エビと、かなり違う風味だ。

 

160425-03 - 5

▲ 続いては、左がアワビの塩蒸し、右が煮ダコ。

アワビは塩でいただくのだが、これが抜群に美味かった。

豊かな滋味に、軽やかな甘味があって爽やか。

そして煮ダコもビックリの美味しさ。

一言でいうと、甘いのだ。

甘いんだけど、その甘さがとっても奥深くて優しい。

こんな煮ダコ食べたことがない!

 

160425-03 - 6

▲ 冷酒をお願いしたところ、黒龍の九頭竜が登場。

これがまためっちゃ美味い!

爽やかでまさに春の魚にピッタリという感じ。

もうメロメロですよ。

 

160425-03 - 7

▲ カツオの漬け。

カツオは厚切りで出されることが多いと思うが、すごく薄く切られて、繊細。

そして風味が華やか。

こういうカツオも食べたことがないなぁ。

 

160425-03 - 8

▲ 炙ったホタルイカ。

おなかに何かを後から詰めたのでは?というくらい、パンッパンに真ん丸。

 

160425-03 - 9

▲ ズワイガニ。

味噌で和えてあるのだが、猛烈にねっとりしていて攻撃的。

日本酒がぐいぐい進んでしまう美味さ。

なんか凄い。これは凄い。

 

160425-03 - 10

▲ 太刀魚。

塩と太刀魚の脂の繊細さが素晴らしい。

そして添えられている大根おろしが甘くて絶妙のバランス。

 

160425-03 - 11

▲ さあさあ、いよいよ握りがスタートですよ奥さん!!

スタートは真鯛から。

がつんと来るかと思ったら、非常に優しく繊細な風味。

シャリも主張してこず、優しくネタに寄り添う感じ。

 

160425-03 - 12

▲ 続いては金目鯛の昆布〆。

昆布締めも優しく繊細。

ご主人の齋藤さんの握り方も、とにかくゆったり丁寧で、一つ一つを大切に愛おしそうに握られる。

 

160425-03 - 13

▲ ウルトラ肉厚なコハダ。酢のあんばいも、全体のトーンを維持して穏やかな風味。

でもコハダのパワーは凄いぞ!

 

160425-03 - 14

▲ ここからマグロ三連発!

まずは赤身の漬けから。

なんという滋味!なんという奥深さ!

もともと赤身が大好きなせいもあるんだけど、これは猛烈に美味い!

強く主張してくるわけではなく、ふわーっと優しいのだが、そこからずぶずぶと深みに入っていく。

そしてほわわわわーーんと、後に残る余韻が美しく華やかなのだ。

 

160425-03 - 15

▲ 続いては中トロ。

僕はこんなに美しい中トロの握りを見たことがない。

脂も上品で優しい。

そう、鮨 さいとうのお寿司は、コースとして全部優しくて、そして余韻のトーンが華やかなのだ。

 

160425-03 - 16

▲ 大トロも、がつんと来るというよりは、天使のラッパのファンファーレみたいな、優しく華やかで、そして余韻がふわーっと残る感じ。

この余韻が堪らないことに、コースも後半になって気づいてきた。

 

160425-03 - 17

▲ スミイカ。

このスミイカはかなりパワフル。ごこごーんとネットリ絡みついてきて、喉を落ちて行く味わいが強い。

 

160425-03 - 18

▲ 車海老も華やか。春の海を食べているようだ。

 

160425-03 - 19

▲ アジも超肉厚で真ん丸だ。

ちょこんと上に乗っているアオサ風のアクセントが、めちゃくちゃインパクトがあった。

余韻に味わいが加わり、華やかさが増していく。

 

160425-03 - 20

▲ トリガイ。めっちゃ肉厚。

こんな肉厚のトリガイ、食べたことがない。

繊細な甘さとのど越しが最高だ。

 

160425-03 - 21

▲ ウニは紫ウニ。

こんなに風味が鮮やかに乗っている紫ウニは食べたことがないな。

個人的にはエゾバフンウニの方が好みなんだけど、この紫ウニは素晴らしかった!

 

160425-03 - 22

▲ アナゴ。

これぞ、さいとうのコースの象徴のようなアナゴ。

ふんわり優しく繊細で、そして優雅で華やか。でもボリューム感もしっかりあって、余韻がふわーっとくる。

 

160425-03 - 23

▲ シンプルにネギのお味噌汁。

この青ネギがすごく風味が良かったので、大将に聞いてみたところ、アサツキの細い部分だけを使って風味を出しているとのこと。

なるほど、そんなところにまで拘っているのか。

 

160425-03 - 24

▲ そして玉子。

今まで食べた玉子のなかで、間違いなくナンバーワン。

微かな甘味があり、繊細なんだけどパワーもある。

どっしりした風格と優雅さを併せ持つ玉子だ。

つーか、玉子にこんなたくさん形容詞をつけて解説したことなんか、今までないよ(笑)。

 

160425-03 - 25

▲ 〆はかんぴょう巻き。

甘味強めで煮込んだかんぴょうは、お醤油なしで完璧なバランス。

というか、そもそもお醤油皿もお醤油もカウンターに置かれていないことに、最後になって気づいた。

 

160425-03 - 26

▲ 目の前はこんな感じ。

齋藤さんが目の前でにこやかに、穏やかに対応してくださった。

僕の隣のアジア系の外国人女性の常連客は、すごい勢いで大将が握ってる写真も撮りまくっていたが、僕は初回だし遠慮しておいた(笑)。

まとめ

食べログ日本一、そしてミシュラン3つ星のお寿司、「鮨 さいとう」を堪能した。

ご主人はまったく偉ぶらないし、とにかくにこやかで穏やかで、素晴らしい対応。

そしてお料理もお寿司もとにかく繊細かつ華やか、そして余韻で勝負してくる。

最初はその繊細さに、ちょっと物足りなさを感じるくらいかもしれない。

ところが、コースが進み、お店を出て、しばらく経ってから、まるで香水のラストノートのように、余韻がぶわーっとやってくるのだ。

これが多分、多くのファンがこのお店が病みつきになっている、大きな理由の一つなのではないだろうか。

お会計は二人で49,500円。

もちろん気軽に行ける店ではない。

でも、生まれて初めて母にお寿司をご馳走するのには、ふさわしいお店だったのではないかと思っている。

日頃感謝の言葉とかは恥ずかしくて言えないし、この日だって一言もいえなかったけど、一緒に行けて良かったと思っている。

とにかく行けて良かった。

そしてまた必ず行くぞ!

鮨 さいとう、本当に素晴らしいお店でした!

鮨 さいとう お店情報

関連ランキング:寿司 | 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

お寿司を極めたい人が読む本

お寿司屋さん情報はこちらにもたくさん!もう1記事いかが?

The following two tabs change content below.
立花 岳志
作家、ブロガー、心理カウンセラー、人材開発トレーナー、イベントプロデューサー、情報発信コンサルタントなど、複数の肩書きを持ち、多面的に活動するノマドワーカー。 著書に「ノマドワーカーという生き方」「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」「クラウド版デッドライン仕事術」などがある。 株式会社ツナゲル 代表取締役社長兼C.E.O.。現在東京六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人とのマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)実践中。 詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!!

発売10日でたちまち重版出来!売れてます!!

全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

3/22 新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」サンマーク出版より発売です!!

約1年かけて丹精込めて作り上げてきた新刊の表紙が完成し、タイトルも決定しました!(表紙の色合いは実物とは異なる場合があります)新刊タイトルは「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」です!3月22日刊行で、3月23日から、都心部の...

東京と大阪で新刊出版記念セミナー開催!!

新刊の出版を記念して、東京と大阪でセミナーを開催します!

新刊の理解を一層深める内容ですので、ぜひご参加ください!!

4/7(土)東京、4/8(日)大阪 立花岳志新刊出版記念セミナー開催!!「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」

3月22日にサンマーク出版より刊行される立花岳志の7冊目となる新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」。この新刊の出版記念セミナーを全国で開催します!まず皮切りは、4月7日(土)東京、そして4/8(日)大阪です!新刊の内容の理...

立花岳志公式メルマガ「そろそろ本当の話をしよう」購読無料!

ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。

サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。

日常のこと、ライフスタイル、立花のこだわりなどをお届け。

ぜひ登録ください!

立花岳志公式メルマガ「そろそろ本当の話をしよう」の登録は以下のフォームからお願いします!



立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中!

内容紹介動画はこちら!

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる [DVD]
株式会社ツナゲル (2016-10-25)
売り上げランキング: 113,257

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。

参加者が800人を超え、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

無料オンラインサロン「立花岳志ツナゲルサロン」開設しました!!キーワードは「ゆるーく繋がる ずっと繋がる」参加者大募集中!!

Facebookの非公開グループ機能を活用した、無料のオンラインサロン、「立花岳志ツナゲルサロン」を開設しました!以前からオンラインサロン的なものには興味があったのですが、いくつか気になる点があり、やってきませんでした。でも、行動しないと結果も出ないので...

Facebook経由でこのブログの更新情報を受けとろう!ページにいいね!お願いします!

 

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 鮨 さいとう 〜 ミシュラン5年連続3つ星 食べログ 全国1位! 六本木一丁目の寿司店 予約から8ヶ月 ついに感無量の訪問!! [麻布グルメ] […]

*
*
* (公開されません)