乙女寿司 〜 金沢ナンバーワンの寿司屋さんで超絶フルコースに悶絶!!何もかもがメチャクチャ美味い!! [2016年 冬 北陸旅行記 その26]

広告


金沢のお寿司の名店、「乙女寿司」に行ってきた!。

2016年冬 北陸旅行記 金沢編。

旅の一つ前の記事はこちら!

2016年 冬 北陸旅行記 目次はこちら!

4泊5日の北陸の旅も、いよいよ最後の夜となった。

この日はとっておきのお店を予約。

僕が金沢で行ったお寿司屋さんの中では断トツナンバーワンの名店、乙女寿司だ。

今まで4回ほど行っているが、真冬の時期に来られたのは12年ぶり。

2年前の3月に行ったときのブログはこちら。

乙女寿司の寒ブリを夢見る日々であった。

さっそく紹介しよう。

乙女寿司 〜 金沢ナンバーワンの寿司屋さんで超絶フルコースに悶絶!!何もかもがメチャクチャ美味い!! [2016年 冬 北陸旅行記 その26]

160319-03 - 1

▲ やってきました、金沢は香林坊、乙女寿司。

以前はお店の周りはクラブが多く、同伴出勤のホステスさんがお客に多かった。

でも最近は客筋も変わり、観光客が多くなったように思う。

 

160319-03 - 2

▲ 去年8月に金沢に来たときには来られなかったので、約2年ぶりの訪問となる。

 

160319-03 - 3

▲ まずはビールで乾杯。

ここの大将は物静かなイケメン、鶴見さん。

そして二番手さんに女性職人さんがいるのも珍しい。

今回女性の職人さんともお話しする機会があったのだが、入店されて12年とのこと。

僕が最初に乙女寿司に来たときにはもういたので、ちょうど入ったばかりぐらいだったのだろう。

 

160319-03 - 4

▲ 大将の完全お任せでお願いした。

まずは地物のヒラメから。

見てみて!この超繊細な包丁さばき。

これが猛烈に美味いのだ。

昨年11月末で閉店した金沢の名店中の名店、小松弥助の森田さんの包丁さばきもすごかったが、鶴見さんの包丁もすごい!

小松弥助訪問記はこちらからどうぞ。

 

160319-03 - 5

▲ 続いてはヤリイカ。

上に乗っているのが耳で、下にゲソが隠れている。

こりこりの食感が素晴らしく、上にまぶしたごまの風味が際立つ。

 

160319-03 - 6

▲ そしてそして!夢にまで見た乙女寿司の寒ブリが登場!!

うおおおー!!!

12年ぶりですよ、奥さん!!

 

160319-03 - 7

▲ この冬は富山の寒ブリが記録的な不漁で、金沢でも全然流通していないとのこと。

このブリも佐渡のものだとか。

でもめっちゃ美味かった!!

ブリは脂が強いので、この脂をどう活かすかが肝になるよね。

 

160319-03 - 8

▲ 続いては、こちらも地物のボタン海老。

これが甘い!美味い!とろける!!

こんな美味いボタン海老は久し振りだ。

 

160319-03 - 9

▲ 北陸に来ると良く出てくるネタ、バイ貝。

こりこりした食感がいい。

そして黒い付け台の上で光り輝いて美しい。

 

160319-03 - 10

▲ 地酒も地物をということで、能登誉を。

 

160319-03 - 11

 

160319-03 - 12

▲ ズワイガニとカニ味噌。

そういえば、今回北陸に来ていて、カニを食べるのは初めてだぞ。

 

160319-03 - 13

▲ 小ぶりだったがしっかり身がつまった美味しいズワイガニだった。

 

160319-03 - 14

▲ そしてフグの白子が登場!

ここでフグが出るとは思わなかった。

鱈の白子と違い、ネットリとした濃厚な風味が特徴。

これも美味いな〜。

 

160319-03 - 15

▲ こちらはナマコとクチコとコノワタ。

まさに酒のアテという感じ。

 

160319-03 - 16

▲ ここで焼物が2品。

まずはサバ。

めちゃくちゃ脂が乗っていて凄い!

真ん丸に太っている。

 

160319-03 - 17

▲ 続いては北陸名産、ノドグロが登場。

炭火で炙ってあるので香ばしい!!

サバもノドグロも脂が強い魚だが、仕事が素晴らしいので全然しつこくない。

 

160319-03 - 18

▲ ここから握りに移行。

まずは甘エビ。

東京で食べる甘エビとは完全に別物である。

一番味に違いが出るんじゃないだろうか。

東京の居酒屋で出てくる甘エビはまったく嬉しくないが、金沢で出てくる甘エビは超ご馳走だ。

本当に甘い海老なんだよね、金沢で食べると。

 

160319-03 - 19

▲ 真鯛の昆布〆。これも風味が素晴らしい。

 

160319-03 - 20

▲ ここで中トロが登場。

煮切りがしっとりと滋味を強調してくれる。

 

160319-03 - 21

▲ 見事なコハダ。

この包丁も素晴らしい。

 

160319-03 - 22

▲ 丸々と太ったアジも美味い。

 

160319-03 - 23

▲ そしてここで握りで再度寒ブリが登場。

もう嬉しすぎて写真かピンボケだ(笑)。

 

160319-03 - 24

▲ アカイカ。

つまみで出たヤリイカとは正反対の、ねっとり系の冬のイカだ。

 

160319-03 - 25

▲ ウニ。色合いからして、エゾバフンウニにかな?

濃厚な風味が分厚い海苔と良く合う。

 

160319-03 - 26

▲ 穴子はフワフワ系。

ワサビが乗って、これで一通り。

 

160319-03 - 27

▲ 〆に巻物をということで、赤身の鉄火巻きを追加。

 

160319-03 - 28

▲ お寿司屋さんのお味噌汁は美味しいよね〜。

 

160319-03 - 29

▲ この日は日本画家の前田有加里ちゃんとご一緒させていただきました。

楽しかった!ありがとうございました!!

まとめ

真冬の金沢は12年ぶり。

そして真冬の乙女寿司も12年ぶり。

大将渾身のフルコース、最高だった。

何もかも美味しい、素晴らしいお店。

個人的にはここ、乙女寿司と小樽の伊勢鮨が、日本で一番美味しいお寿司屋さんだと思っている。

金沢に来たら必ず訪れたい名店。

心からオススメ!!

旅の次の記事はこちら!

只今準備中♪

2016年 冬 北陸旅行記 目次はこちら!

乙女寿司 お店情報

関連ランキング:寿司 | 野町駅

金沢をもっと知りたい人が読む本

金沢グルメ情報はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします