時代はこうして変わっていく 〜 「コロナ後の世界」 [note]

広告


noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました!

バブル期までの日本人、特に東京に住んでいた人達はいまよりもかなり夜更かしだったと思う。

サラリーマンが平日でも終電が終わるまで飲み歩いていて、バーなんかは毎晩午前2時とか3時まで営業していた。

僕は高校2年生から六本木のカフェ・バーでアルバイトを始めたが、外苑東通りのジャック & ベティーの近くにあったそのお店は毎日朝の6時まで営業していたが、すごく繁盛していた。

僕が高校2年というと1986年で、バブルが始まるかどうかというくらいの時期だ。

その後株価的には1989年(平成元年)の年末最終日が日本の株の最高値である3万8,957円44銭を記録して、翌年1990年から長い長い下落の時期に入っていく。

でも不動産はまだまだ上がっていて、実際にバブル崩壊の足音が聞こえてきたのは1992年くらいからだっだ。

僕は1988年から1994年春までずっと六本木と銀座の飲食店でアルバイトをしていた。パブレストラン、フランス料理屋、オーセンティックなバー、ブラッセリー、イタリア料理店などを経験した。

最後の銀座のイタリア料理店でアルバイトをしている間にバブルが崩壊していった。

当時の日本のレストラン業界というのは今よりもずっと未成熟で、客の方も「食を楽しむ」というよりは、「飲む」とか「踊る」とか、騒ぐ方に意識が向いていたように思う。

だから「会食」というよりは、一次会は適当に食べて、そのあと飲んだり踊ったりする時間の方に重きが置かれていた感覚だ。

僕の母はバブル直前まで西麻布でピアノバーを経営して自ら演奏もしていたが、毎晩午前2時くらいまで営業していたんだから、いかに当時の日本人が夜更かしだったか分かる。

風営法が改正されてディスコは午前0時閉店が強制されたが、当時は「軽く食事」→「ディスコ」→「バー」みたいな流れで遊んでいる人が多かった。

西麻布にも六本木にも、個人経営の小さなバーがあちこちにあって、毎晩賑わっていた。いまでも探せば多少バーはあるが、当時に比べると圧倒的にバーの数は減ってしまった。

食事を済ませたらディスコで踊りバーに移動して飲むという文化が衰退した最大の理由は、「サラリーマンが交際費とタクシーチケットを自由に使えなくなったから」だと僕は当時から思っていた。

バブル期は会社はだぶついた利益を税金に取られるくらいならと、社員に交際費とタクシーチケットをばらまいていた。

だからサラリーマンは会社の経費で同僚や取引先と酒を飲み、会社の経費で真夜中にタクシーで帰宅できていた。

その交際費やタクシーチケットがバブル崩壊で真っ先に引き締められることになり、サラリーマンは毎夜会社の経費で出歩いて深夜まで飲んだくれる生活を諦めることになったのだ。

そしてバブル期に繁盛していたディスコやバーがどんどん潰れ、その後には何故かもつ鍋屋が続々とできた。

そして多くの人々は自腹でもつ鍋屋で食事をしながら飲んで、そのあとカラオケボックスに行き、終電までには家に帰るようになり、ディスコやバーの文化はどんどん衰退していき今に至る。

僕の世代くらいまではギリギリ「六本木や西麻布の町からバーが消えてしまうのは寂しいなぁ」と思っているかもしれないが、いまの30代の人とかは、恐らくもともと「食事のあとにバーに行く」というイメージを持っていない人がほとんどではないかと思う。

そうやって文化は変化していく。

続きはこちらで↓


あわせて読みたい

立花岳志 2つの公式メルマガ 絶賛配信中!!

まったく個性の違う2つの公式メルマガを定期的に配信しています。

日々の気づき、星の動きや暦などを軽いテイストでお届けする「次はどこへ行こう」

週に1本尖った長い記事が届く「風の時代に海の街より 」

どちらも購読無料です。

詳しくは・登録はこちらからどうぞ!!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!