33歳で資産3億円をつくった私の方法

広告


1回目の書評 2010年12月4日

ブックレビュー2010年の120冊目は午堂登紀雄氏著、「33歳で資産3億円をつくった私の方法」を読了。

午堂登紀雄氏の著書2冊に触れ、随分相性が良いと感じたため、午堂氏の著書を古いものから順番に読んでみようと思い手に取った。

33歳で資産3億円をつくった私の方法  by 午堂登紀雄 〜 普通の人がお金持ちになる方法!! [書評]

本書は2006年出版の午堂氏の処女作。

2006年というと、もちろん2008年のリーマンショックよりも遥か前であるばかりか、2005年の日本中のトレーダーがほとんど儲かったという伝説の一年直後で、ライブドア事件が起こった年である。

4年という時間の洗礼を受けているため、情報が若干古くなってきている部分があるのと、上記のように非常に株式市場が活況だった時期に書かれた本であるため、全体的なテンションが今よりも高めであることは否めないが、それでもとても勉強になったし、やはり午堂氏の著書とは相性が良いと感じた。

そういうのって大事。

さて、午堂氏は不動産投資・金融投資を中心に、貯蓄70万円の状態からわずか1年で3億円の資産を形成したという。

不動産投資に関する入門書といえば、泉正人氏の名著「お金の大事な話」がある。

泉氏の著書が実体験をベースに具体的かつ赤裸々に不動産投資へのステップを語っているのに対し、本書は論理中心の構成で、その点がちょっと残念。

方法論や理論についての説明はさすが午堂氏の切れ味なのだが、どのようなステップで1年という短期間で3億円の資産を作ったのか、その具体的な筋道が読みたかった。

論理については突飛なことは書かれておらず、金融資産を短期で作るノウハウ本に書かれている王道が書かれている印象。

これは誰の本が優れているか劣っているかという問題ではなく、読者が誰の本に最初に出会うかという問題だろう。

不動産投資に関する説明で特に印象に残ったのはローンに関する説明部分。

この辺りの知識は今までの書物では吸収できていなかった部分だったのでとても勉強になった。

いずれにしても、成功者に共通する強いオーラとパワーを感じる本だった。

変更履歴

2010年12月4日 コンテンツを公開しました。

2018年11月20日 2回目の書評を追記し、コンテンツをリニューアルしました。

2020年4月6日 リンクなどをアップデートして最新にしました。


あわせて読みたい

立花岳志 公式メルマガ 「風の時代に海の街より」絶賛配信中!!

立花岳志の公式メルマガ好評配信中!!
ほぼ毎日、朝の7:30前後にお届けしています。
情報発信や自由なライフスタイルに関する限定情報、立花の最新情報、そして一番伝えたいメッセージ、そしてブログには公開したくない内緒話など。
イベントや講座の先行申し込みや、限定イベントなども企画しています。
購読無料。
バックナンバーの公開はしていません。
購読希望の方は下のボタンから登録ページにお進みください。

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志サロン オンライングループ」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!