フルマラソン翌日の「アクティブレスト」のススメ

広告


東京マラソンから一夜明けて。

140224-01-1

毎回フルの翌日はひどい筋肉痛になる。特に大会は気合いが入り無理をするので個人て走るときとは比べものにならない。

フルマラソンは大会に出場するのは4回目で、それ以外に1人で街を走ったのも4回くらい、つまり合計8回くらい走った経験がある。

その中で今回の筋肉痛がいままでで一番ひどいように思う。まさに全身筋肉痛だ。

肩、背中、腰、二の腕、お尻、太腿、ふくらはぎ、足首と全部痛い。痛くないのは腹筋ぐらいだ。おまけに足の裏にはマメができて潰れてこれまた痛い。

不幸中の幸いは今回は足の爪は一枚も剥がれたり浮いたりしなかったこと。

足の爪が剥がれたり浮いたりすると血豆みたいになって爪が再生するまで何かと面倒なので助かった。

 

 

というわけで全身筋肉痛なわけだが、そういう日にはひたすらじっとしているより、ゆったりとした運動をした方が楽になる。

じっとしていると身体の血流が悪くなり、ちょっと身体を動かすだけでも「イテテテ」となってしまう。

ちょこちょこ動かしていた方が身体がほぐれて血流も良くなり楽なのだ。

これを「アクティブレスト」という。アクティブは「積極的な」「行動的な」という意味で、レストは「休息」。

「行動的な休息」ということになる。

 

 

今日は午前中に1km走った。

このランは辛かった。昨日の42kmより今日の1kmの方が辛いんじゃないかというくらい全身が痛くて大変だった。

その後午後に買い物を兼ねてちょっと遠めのスーパーを往復。

さらに夕暮れどきにぐるっと街を一周する感じでゆったり散歩。

これでなんだかんだで12,000歩弱歩いている。

 

 

激しい筋肉痛になってしまったあとでは、マッサージに行っても痛いばかりで効き目は薄い。

筋肉が超回復してくれるのをサポートできることをしてあげるのが一番身体に優しい。

マラソンで失われた微量栄養素をしっかり補給して身体を休め、適度にゆるい運動をし、あとはしっかり眠る。

これで復活を待つのだ。

結局はそれしかないのだと僕は思っている。

明日の朝には大分楽になっているだろう。

 

疲れたときは、からだを動かす!―アクティブレストのすすめ山本 利春 岩波書店 2006-09-26
売り上げランキング : 324915

by ヨメレバ

 

休む技術西多 昌規 大和書房 2013-05-22
売り上げランキング : 32261

by ヨメレバ

 



 

 

関連エントリー:

あわせて読みたい

立花岳志 公式無料メルマガ

「次はどこへ行こう」購読無料!


ほぼ日刊で、朝の7時半に配信中。
サクッと短く,朝にすぐ読める読み切りタイプ。
24時間365日自由なライフスタイル、生き方、メッセージなどをゆるくお届けしています。
ぜひ登録ください!

無料メルマガの購読登録は下のフォームからお願いします!

お知らせ

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

立花岳志 待望の新刊 絶賛発売中!!

立花岳志 3年半ぶり7冊目の新刊「「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる」3月22日刊行!! 発売10日でたちまち重版出来!売れてます!! 全国書店及びAmazonなどで絶賛発売中です!!

新刊についてはこちら

立花岳志のFacebookページをフォローしよう!!

ブログ更新情報やセミナー開催情報など、最新情報をタイムリーにFacebookで配信しています。 立花岳志(作家・ブロガー・カウンセラー)ページをフォローしして最新情報をゲットしよう!

 Facebookページはこちら

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。 参加者が1,000人突破、ますます盛り上がっています!

詳しくはこちらからどうぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします