いいかげんに、生きる 〜 心屋仁之助さんに学ぶ 7つの「良い加減」

作家・ブロガー・カウンセラー 立花岳志からのお知らせ(本文はお知らせの下)

 

大人気!!プロが教える心とブログとブランディング塾!東京・大阪・名古屋開催!!

 

年間1,000万PVブロガー、6冊の著作を持つ作家、そして心理カウンセラー、会社経営者と多面的に活動する立花岳志の大人気の連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)開催!!

 

フルリニューアルして「スタートアップ」と「レベル1」を東京、大阪、名古屋(初開催)で開催します!レベル2以降受講希望の方はレベル1受講が必須です!ぜひご参加ください!!

 

立花Be・ブログ・ブランディング塾 フルリニューアルして名古屋・大阪・東京で「スタートアップ」と「レベル1」開講します!!

大変好評いただいております、立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)、次期開催が決定しました!今回は大きなリニューアルがあり、新しく生まれ変わり、さらに進化した「立花B塾」になります!そして今回は名古屋、大阪、東京での開催となります。名古屋開催...

 

「あり方」と「やり方」の統合「ツナゲル ライフ インテグレーション」3つの講座11月開講!!

 

自己否定ばかりしていた二人が「やり方」と「あり方」をツナゲルことで人生を劇的に変え飛躍!そのすべてを伝授するツナゲル ライフ インテグレーション講座。

 

今回より「ベーシック = 会社を辞める学校」「アドバンス = あり方ビジネススタート塾」「マスタリー = ありかた経営塾」の3コースに再構成してリニューアルしました!!

 

ツナゲル ライフ インテグレーション講座 フルリニューアルで3つの講座に分かれて11月開講!会社員から経営者・クリエイターまでを対象に「やり方」と「あり方」を統合...

1期から10期まで開催してきた立花岳志と大塚彩子の「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」。11期開催を前に、講座のあり方を抜本から見直し、フルリニューアルすることになりました。そして、受講者の方別に講座を3つに再構築し、3つのコースで同時に開講するこ...

 

160328-01 - 1

心屋仁之助さんの新刊「いいかげんに、生きる」を読んだ。

心屋さんのご本は大好きで、僕自身の「あり方」に大きな影響を与えてくれた。

心屋さんのご本の書評はこちらからどうぞ。

新刊のテーマはタイトルそのまま「いいかげんに、生きる」。

でも、現代に生きる僕たちは、なにごとに対しても、一生懸命がんばり過ぎなのだ。

心屋さんもかつてはサラリーマンとして、必死に頑張って生きてきたという。

そして僕も、いつも真面目に一生懸命がんばってきた。

でも、頑張ってもがんばっても、楽にならないし、いつも虚しかったり哀しかったり。

そんな人生を送ってきた。

そんな僕たちにはまさに、「いいかげんに、生きる」ことが大切なのだ。

本書に綴られた心屋さんの言葉から、特に響いたものを10、ピックアップしてみた。

さっそく紹介しよう。

スポンサード

いいかげんに、生きる 〜 心屋仁之助さんに学ぶ 7つの「良い加減」

1. 「他人」から「自分」に軸を移す

一生懸命に生きている多くの人は、「人に迷惑を掛けないように」とか「会社の意向に背かないように」「家族にダメ出しされないように」と頑張っている。

でも、ふと考えると、「人」も「会社」も「家族」も、自分ではない。

そうやって頑張っている人は、「人生の軸」が他人になってしまっている。

だから、なにをやっていても虚しかったり哀しかったりする。

この「人生の軸」を、「他人」から「自分」に移すのだ。

心屋さんはこう書いている。

他人の決めた目標のままに動かない

他人に迷惑をかけないようにって自分の気持ちを殺さない

他人のことはかまわず、自分の好きなようにやってみる

今までずっと他人軸で生きてきた人にとっては、これはとても大変なことに思えるだろう。

僕自身、38歳でブログをスタートさせるまでは、ずっと他人軸で生きてきた。

当時の僕の座右の銘は、村上春樹さんの「ノルウェイの森」に出てくる永沢さんのセリフからとった、以下のフレーズだった。

「やりたいことをするのではなく、やるべきことをするのが紳士だ」

僕はこの言葉を頼りにして、ずっと自分のやりたいことを封印してきていた。

でも、それでは、いくら頑張っても結果を出しても、辛いままだった。

軸を自分に移し、やりたいことをやり、言いたいことを言おう。

「いいかげんに生きる」とは、まずは自分を中心に人生を生きること。

ここがスタートになる。

2. あの人にイライラするのは、あなたが我慢していることをやっているから

自分のやりたいことを我慢して、ちゃんとしなきゃ、人に合わせなきゃ、と思って生きている人。

そういう人は、たくさん我慢して生きている。

たくさん我慢して生きているので、我慢せずに自由に生きている人に対して、やたらとイライラするのだ。

約束の時間に大幅に遅れてくる人や、お金にルーズな人、それにバーベキューで何も手伝いをせずただ飲んでいる人などが、許せないと感じてしまう。

なぜイライラするのか。

それは、自分は「そんなことしちゃ悪い」と思って、ずっと我慢していることを、目の前で他人が堂々とやっているからだ。

以下引用しよう。

「時間を守らなきゃ悪い」「忙しい時期に休むとみんなに悪い」「女がバーベキューで肉を焼かないのは悪い」って思って、我慢して自分は行動しているから。

それなのに、自分が「悪いと思って我慢していること」「勝手によかれと思って我慢していること」を目の前の人が我慢しないでやっているからイライラするんです。

つまり、「イライラした態度」は、「私がこんなに我慢しているんだから、あなたも我慢しなさいよ」というアピールなんです。

では、もし僕たちが誰かを見て無性にイライラするとしたら、それはどんなサインなのか。

それは、「本当は自分がやりこいことをやっている人」である可能性が高い。

僕たちが「我慢しているけど本当はやりたいこと」を目の前の人がやっているのではないだろうか?

僕たちが罪悪感を感じて「悪いから我慢しよう」と思っていることに、気づかせてくれる。

イライラは実は僕たちの「本当はやりたいこと」に気づかせてくれるサインなのだ。

3. 「妬み」や「怒り」は「本当にやりたいこと」を教えてくれる

最近僕は自分の中の「妬み」という感情について深く考えるようにしている。

SNS全盛期のいま、Facebookなどを見ていると、無性に腹が立つ投稿をしてくる人がいる。

最初はその「腹が立つ」という感情を深く考えていなかった。

でも、最近その「腹が立つ」は、「妬み」なのだと気づくようになった。

どんなときに腹が立っているか。

自分がまだできていない「海外のハイパーノマドな生活」をスイスイと苦もなく実現できている人。

自分がまだできていない、大ベストセラーを叩き出した人の報告の投稿。

自分が呼んでもらえなかった、すごく楽しそうな著名人同士のパーティーの写真など。

こういう投稿を見た時に、イラッとすることが分かってきた。

それらは、「僕が手にしたいと願っているのに、まだ手に入っていないモノ」なのだと分かってきた。

だからこそ、他人を妬んでいる場合ではなく、その「欲しいモノ」を手に入れられるよう、自分が進化すべきポイントなんだと分かってきた。

この法則に気づいてから、僕は他人を妬むことに対して「罪悪感」を感じなくなった。

だって、心が正直に「この人みたいになりたいよー羨ましいよー」と言ってくれているのだ。

その声を聴いて、なりたい自分を目指していけばいい。

それだけのことだったのだ。

4. 「お金ができたら買う」のではなく、逆。まず、買う

前提条件つきの、「〜する」ということを、僕も人生でたくさんやってきた。

「会社を辞めたら海外旅行に行こう」とか、「お金が貯まったら新しいパソコンを買おう」とか。

そんなことだ。

でも、これは完全に順番が逆だったことに、僕も気づいた。

心屋さんは以下のように書いている。

環境が整ってから、動き出すんじゃない。

人格ができてから、結婚するんじゃない。

お金持ちになってから、寄付をするんじゃない。

全部逆なんです。

「○○したい」「○○してみたい」

それが思い浮かんだら、そっちを先にやってほしいんです。

僕の場合、よく旅をする。

旅をすると出費がかさむわけだければ、最近はもうそんなことは考えない。

「行きたい」と思ったらとにかくブッキングしてしまう。

予定を入れてしまう。

昔の僕はそうではなかった。旅の分のお金を貯めてから動き出していた。

だから、なかなか旅に行けなかったし、旅とは「あまり行けないもの」だと思い込んでいた。

あと、高額のセミナーも、お金があるかどうかはあまり考えずに「受講したい」と思ったら申し込んでしまう。

すると、ちゃんとその分が払えるように、お金が回ってくるようになるのだ。

これは不思議だけれど、本当にそうなる。

自分がしたいこと、やりたいこと、いきたい場所を明確にすることで、人生の向かう方向が決まる。

すると、ちゃんとその方向に進むためのお金や時間ができるようになっていく。

世の中って、きっとそういうものなのだ。

5. 「なんとなく」という理由で、誘いを断ってみる

この項目も、まさに僕がはまっていた罠の典型。

以前の僕は、誘いを受けたらとにかく断れなかった。

「行っておいた方が人間関係的に得だよね」とか、

「誘ってくれた人に悪い」などと理由をつけて、本当は行きたくないイベントにも顔を出していた。

ところが、本が出たりして顔が知られるようになると、お誘いの数が尋常ではなくなってきた(笑)。

冗談ではなく、全部のお誘いを受けてしまっていると、一週間が全部会食で埋まってしまうのだ。

昼も夜も全部会食だと、これはさすがに疲れるし、仕事にも影響が出てくる。

そこで本気で断るようにしたんだけど、最初は言い訳を一生懸命考えていた。

無理やり嘘をついて断ることもあって、そうするとなんだか申し訳ないし自分もイヤだしで、すごく困った。

でも、あるときに気づいた。

「誘いを断るのに言い訳はいらない」ということに。

「あ、今回は止めとく」でいいじゃないかと。

「気が乗らないのでまた次回」でいいじゃないかと。

結局は大切なことは、「自分が行きたいかどうか」という気持ち。

心の奥では「行きたくない」と思っている会合に無理に行っても仕方がない。

あと、最近僕は行った会合やイベントでも、「これは違うな」と思ったら、さっさと帰るようにしている。

我慢して機嫌が悪くなったり消耗したりしたらバカバカしていので、サクッと帰る。

先日も、相手が30分待ち合わせ時間を変更したことを僕に伝えてなくて、お店は満席で入れず周囲の店もいっぱいで、30分待ちぼうけとなったことがあった。

そのときも、怒っているわけではなく、シンプルに、「あ、もういいや、帰ろう」と、さっさと帰ってしまった。

我慢していないから怒ってもいないので、その後呼び戻されて、また戻ったんだけどね(笑)。

我慢しないと腹が立たないので、ワガママだと思われるだけで、実害はほとんどないんじゃないかな。

6.  工夫・改善につながる「反省」でも、とりあえず、しない

これもすごく大切なことだと思っている。

僕はセミナーを主催、登壇していて、そのときにアンケートを作って受講者の皆さんに書いてもらうようにしている。

以前はこのアンケートの項目に、わざわざ主催者である僕らに対して「厳しいことでも書いていいよ」というような項目を作ったり、セミナーの内容を5段階評価してもらうような項目を作っていた。

で、当然ながらそういう項目があると、中には厳しいことを書いてくる人もいるし、重箱の隅を突いたような文句を書かれることもあった。

で、それらを読むと、ガッカリするし、「そういうことを言ってくる人にも対応しなきゃ」みたいな気持ちになる。

100人のセミナーで、たった1人の人が書いた「ここが良くなかった」がすこい勢いで増幅してしまい、まるで参加者全員にダメ出しされたかのような気持ちになってしまうのだ。

ずっとそれらの項目がイヤで、でも自分で作ったアンケートなのにその項目をずっと残していて、アンケートを読むのが怖くてイヤで。

あるときやっとこの項目の無意味さに気づき、僕は自分が読みたくないことを書かれる可能性のある項目を全部削除してしまった。

そして、「良かった点」「今すぐ実行したいと思った点」「今後やって欲しい内容」など、僕が読んでさらにやる気が出る項目、僕の強みが際立つ項目だけを残した。

これが大成功。

参加者の皆さんが僕のやる気をパワーアップしてくれるコメントをたくさん書いてくれるので、アンケートを読むのがウキウキ楽しい時間となった。

さらに、今後のイベントの方向性や内容に関する前向きなアドバイスもいっぱい貰えて、セミナーが加速することになった。

「反省」しない。

大切なことだ。

7. 「あ、簡単」と思った人のところに、答えは降りてくる

人間は一人ひとり「世界観」を持っている。

そしてその世界観が、自分の生きていく人生、つまり「世界」を作ってしまう。

だから、「人生とは苦難の連続である」という世界観を持っている人の人生は、本当に苦難が続くようになる。

そうならないと本人が困るから、ちゃんとそうなるようになる。

だから、どんな問題が起こったときも、「それは簡単」と思うようにすると、問題の解決はたやすくなる。

心屋さんは以下のように書いている。

「悩み」を「大変」という前提で見るから、大変なことになるんです。

そこで、悩みを聞いたときに、パッと「あ、簡単ですよ。それはね、すごく簡単ですよ」って、まず言ってしまったらどうでしょうか。

すると、簡単な答えが出てくるんです。

まるで神様の啓示のように、僕の意志を超えてすーっと簡単な答えが降りてきたりするんです。僕はこれを「ペラ神さま」と呼んでいます(口がペラーっと言葉を出すので)。

「簡単」という前提で悩みを見たからです。

「簡単」という前提で考えたからです。

「お金を稼ぐことは大変なことだ」と思っている人のところには、お金は回ってきません。

以前の僕がそうでした。

サラリーマン時代の僕は、そこそこ稼いでいたのに、いつもお金が足りなくて困ってばかりいました。

その頃の僕は、「自分はお金持ちにはなれない」「お金を稼ぐことは大変なことだ」といつも思っていました。

でも、僕はそう思うことを止めたのです。

これは意志の力で「決めた」のです。

お金を稼ぐことは大変だ、と想うことを、意志の力で「エイヤっ」と止めることにしました。

そして、「お金を稼ぐなんて簡単だ」と無理やりでも思うようにしたのです。

最初は上手くイメージできませんでしたが、徐々に本当にそう思えるようになってきました。

それに連れて、本当にお金は簡単に回ってくるようになってきました。

「大変!」と思っている人のところには、大変なことが。

「簡単!」と信じている人のところには、簡単なことが巡ってくる。

だからこそ、なんでも「簡単」だと思っていると、どんどん楽になっていく。

まとめ

160328-01 - 2

やりたいことだけを適当に、ゆるーくやる。

それは悪いことのように思えるだろうか?

でもそれは、今まで一生懸命頑張りすぎてきた僕たちにとっては、とても大切なことなのだ。

緩く生きることで、心に余裕ができる。

力を抜くことで、リラックスして本来の力が発揮できる。

罪悪感で自分を悪者にすることを止めれば、自分のことを好きになれる。

自分を好きになれば、人の目が気にならなくなり、ますます自分の本来の力を発揮できるようになる。

心屋さんも書いているが、「努力は報われる」「頑張れば結果が出る」というのは嘘だと思う。

報われない努力もたくさんあるし、まったく努力せずに豊かに暮らしている富裕層の人たちもたくさんいる。

そこに因果関係を作る必要は、本来ないのだ。

だからこそ、ゆるく自分のやりたいことを選んで、やりたいようにやる。

それこそが、一番うまくいくポイントなのだと思う。

僕も散々がんばり過ぎの人生を生きてきた。

だいぶゆるんできたけど、もっももっと、ゆるめていかないと。

心屋さんを見習って、僕もライブでもやるかなー(笑)。

「いいかげんに、生きる」オススメです!写真もキレイ!!

いいかげんに、生きる のチェックはこちらからどうぞ!!

心、あり方に関する書評記事はこちらにもたくさん!ご一緒にどうぞ!!


The following two tabs change content below.
作家、プロフェッショナル・ブロガー、心理カウンセラー、人材開発トレーナー、イベントプロデューサー、情報発信コンサルタントなど、複数の肩書きを持ち、多面的に活動するノマドワーカー。 著書に「ノマドワーカーという生き方」「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」「クラウド版デッドライン仕事術」などがある。 株式会社ツナゲル 代表取締役社長兼C.E.O.。現在東京六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

 

「あり方」と「やり方」の統合「ツナゲル ライフ インテグレーション」3つの講座11月開講!!

 

自己否定ばかりしていた二人が「やり方」と「あり方」をツナゲルことで人生を劇的に変え飛躍!そのすべてを伝授するツナゲル ライフ インテグレーション講座。

 

今回より「ベーシック = 会社を辞める学校」「アドバンス = あり方ビジネススタート塾」「マスタリー = ありかた経営塾」の3コースに再構成してリニューアルしました!!

 

ツナゲル ライフ インテグレーション講座 フルリニューアルで3つの講座に分かれて11月開講!会社員から経営者・クリエイターまでを対象に「やり方」と「あり方」を統合...

1期から10期まで開催してきた立花岳志と大塚彩子の「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」。11期開催を前に、講座のあり方を抜本から見直し、フルリニューアルすることになりました。そして、受講者の方別に講座を3つに再構築し、3つのコースで同時に開講するこ...

 

大人気!!プロが教える心とブログとブランディング塾!東京・大阪・名古屋開催!!

 

年間1,000万PVブロガー、6冊の著作を持つ作家、そして心理カウンセラー、会社経営者と多面的に活動する立花岳志の大人気の連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)開催!!

 

フルリニューアルして「スタートアップ」と「レベル1」を東京、大阪、名古屋(初開催)で開催します!レベル2以降受講希望の方はレベル1受講が必須です!ぜひご参加ください!!

 

立花Be・ブログ・ブランディング塾 フルリニューアルして名古屋・大阪・東京で「スタートアップ」と「レベル1」開講します!!

大変好評いただいております、立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)、次期開催が決定しました!今回は大きなリニューアルがあり、新しく生まれ変わり、さらに進化した「立花B塾」になります!そして今回は名古屋、大阪、東京での開催となります。名古屋開催...

 

立花岳志個別セッション復活!9月〜10月 お申し込み受付中!

 

長らく新規お申し込み受付をストップしていた個別セッションのお申し込み受付を再開しました!

 

現在9月と10月の受付を実施しています。開催地は六本木、鎌倉、大阪、名古屋、金沢、富山市です!

 

枠が少なくなっていますので、お早めにどうぞ。

立花岳志 個別セッション お申し込み受付を再開します![9月〜10月 六本木・鎌倉・大阪・名古屋・金沢・富山市開催]

昨年末以来一般募集を停止していた個別セッションの募集を再開します。新刊の原稿も一段落して、デュアルライフも間もなく一年ということで、生活も落ち着いてきたので、徐々に再開しようと思います。相変わらずあまり枠がなくて申し訳ないのですが、月に10枠くらい...

 

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

 

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中!

 

内容紹介動画はこちら!

 

 

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

 

 

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

 

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。

 

参加者が400人を超え、ますます盛り上がっています!

 

詳しくはこちらからどうぞ!!

無料オンラインサロン「立花岳志ツナゲルサロン」開設しました!!キーワードは「ゆるーく繋がる ずっと繋がる」参加者大募集中!!

Facebookの非公開グループ機能を活用した、無料のオンラインサロン、「立花岳志ツナゲルサロン」を開設しました!以前からオンラインサロン的なものには興味があったのですが、いくつか気になる点があり、やってきませんでした。でも、行動しないと結果も出ないので...

立花岳志公式メルマガに登録しよう!購読無料!

ブログに書けないこと、メルマガ読者の方だけにお伝えしたいことを書いてます。

 

サクッと短く朝にすぐ読める、読み切りタイプ。

 

ほぼ日刊!朝7時半に届きます。面白くてためになり、ときどき感動するかも??

 

立花岳志公式メルマガ「そろそろ本当の話をしよう」の登録は以下のフォームからお願いします!



Facebook経由でこのブログの更新情報を受けとろう!ページにいいね!お願いします!

 

*
*
* (公開されません)