1Q84 Book 1〈4月 – 6月〉by 村上春樹 〜 春樹2.0の幕が上がる [書評]

作家・ブロガー・カウンセラー 立花岳志からのお知らせ(本文はお知らせの下)

 

大人気!!プロが教える心とブログとブランディング塾!8期東京開催!!

 

年間1,000万PVブロガー、6冊の著作を持つ作家、そして心理カウンセラー、会社経営者と多面的に活動する立花岳志の大人気の連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)開催!!

 

フルリニューアルした「レベル1」を東京で平日コース、休日コース開催します!レベル2以降受講希望の方はレベル1受講が必須です!ぜひご参加ください!!

 

立花Be・ブログ・ブランディング塾 フルリニューアルして東京で「8期レベル1」平日・休日コース 開講します!!

大変好評いただいております、立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)、次期開催が決定しました!今回は大きなリニューアルがあり、新しく生まれ変わり、さらに進化した「立花B塾」になります! 11月より、8期東京レベル1、平日コースと休日コースで開講...

 

「あり方」と「やり方」の統合「ツナゲル ライフ インテグレーション」3つの講座11月開講!!

 

自己否定ばかりしていた二人が「やり方」と「あり方」をツナゲルことで人生を劇的に変え飛躍!そのすべてを伝授するツナゲル ライフ インテグレーション講座。

 

今回より「ベーシック = 会社を辞める学校」「アドバンス = あり方ビジネススタート塾」「マスタリー = ありかた経営塾」の3コースに再構成してリニューアルしました!!

 

ツナゲル ライフ インテグレーション講座 フルリニューアルで3つの講座に分かれて11月開講!会社員から経営者・クリエイターまでを対象に「やり方」と「あり方」を統合...

1期から10期まで開催してきた立花岳志と大塚彩子の「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」。11期開催を前に、講座のあり方を抜本から見直し、フルリニューアルすることになりました。そして、受講者の方別に講座を3つに再構築し、3つのコースで同時に開講するこ...

 

1Q84 Book 1〈4月 – 6月〉by 村上春樹 〜 春樹2.0の幕が上がる [書評]

ブックレビュー2010年の56冊目は、村上春樹氏著「1Q84 Book 1」を読了。一年ぶりの再読である。

彼の小説とエッセイは単行本の形になっているものは全て所有しているし読んでもいる。

初期の代表作であるところの「羊」四部作、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、そして「ノルウェイの森」はどれも最低でも10回は読み返している。

そんな僕なので、1Q84は去年予約をして発売日に買ってすぐに読み、レビューも書いた。

バックナンバーはこちら。

そしてBook3も予約開始日に予約して、発売日にはもう手に入れていたのだが、せっかく届いた本をすぐには読み始めず、ぐずぐずしていた。

理由は簡単。まとめて物語の最初から一気に読みたかったからだ。

そして今回のヨーロッパ出張には、重いハードカバーの1Q84三冊セットを(実はそれ以外にも3冊の本も)スーツケースに詰めて旅立ち、そして早速12時間の旅を1Q84 Book1との一年ぶりの邂逅に費やすことになった。

スポンサード

1Q84 Book 1〈4月 – 6月〉by 村上春樹 〜 春樹2.0の幕が上がる [書評]

久し振りに1Q84を最初から読んで改めて感じたのは、この作品は村上春樹にとって完全に新しいチャレンジであり、彼自身が目指していると公言している「総合小説」への試みの結実の結果であり、ある意味今までの彼の集大成的作品だということだ。

流行りの言い方をすれば、この小説によって村上春樹は春樹2.0へと変化したのだと思う。

具体的に大きな特徴は3つ。

一つ目は何と言っても三人称での語りである。

短編を除くと村上春樹は従来「僕」を語り部とした一人称小説の大家であった。

「風の歌を聴け」でも「ノルウェイの森」でも「海辺のカフカ」でも「ダンス・ダンス・ダンス」でも、常に主人公は「僕」であり、世界は「僕」が見たままに写り、「僕」以外のナレーターは小説には原則として登場しなかった。

だが、この1Q84では、主人公とは別のナレーターが存在し、小説は三人称で語られ、進んでいく。

「アフターダーク」など一部では試みられていた手法だが、本格的な長編で三人称が用いられたのは今回が初めてだ。

二つ目の特徴は、彼がこれまで取材してきた多くの題材がふんだんに作品に盛り込まれ、キャラクターや場面設定に活かされているという点である。

もっとも大きな特徴は、宗教団体「さきがけ」「あけぼの」の原形となっているオウム真理教である。

これは彼が地下鉄サリン事件の被害者を取材してまとめあげたノンフィクション・レポート「アンダーグラウンド」、そして加害者となったオウム信者を取材した「約束された場所で」での経験が活かされている。

そして主人公にスポーツのプロを据えたのは、シドニー・オリンピックのレポート「シドニー!」での経験や、自らのマラソン、トライアスロン経験を綴った「走ることについて語るときに僕の語ること」のエッセンスが十分注ぎ込まれている。

そして三つ目の特徴として、彼の今までの作品の集大成として、「世界の終り〜」に見られたパラレル・ワールド的世界、そして「羊」四部作の「羊」的役割を担う「リトル・ピープル」、「ねじまき鳥クロニクル」でもたらされたダークで強い世界観と強さ、そう言ったものが物語にぎっしりと詰め込まれている。

これらの特徴を備えた時、僕らはこの1Q84が、従来の彼の作品とは明らかに異なる文体で書かれていることに気付く。

従来の彼の作品は良くも悪くもツルリとした質感であっさりとして文体を持ち、すいすいと読み進むことができた。

「やれやれ」という言葉に代表されるモラトリアム、ニヒリズムがクールさと相まって彼の世界観を作り出していた。

だが、この1Q84では、文章はざらざらとした硬質の質感を持ち、言葉は密度を高められた結果重厚で熱を持ち、今までのクールさは陰を潜めている。

この傾向は「ねじまき鳥」頃から見え始めてはいたが、本作によって決定的な変化となったように思う。

そのような大きな変化を伴いつつ、1Q84の世界は村上春樹2.0として幕を開いた。

二つの世界は交互に訪れつつ、僕達に何を伝えようとしているのだろうか。

あまりにも多くのギミックが立体的に積み重なり、Book1を読み終えた僕らは、ここから先どこに向かっているのか、想像すらできないでいる。

とても深い森の奥で。

1Q84 Book 1のチェックはこちらから!

村上春樹作品レビューはこちらにもたくさん!もう1記事いかが?

ノルウェイの森 by 村上春樹 — 数え切れないほど読み返して初めての書評

村上春樹さんの「ノルウェイの森」が発表されて24年が経った(本記事公開の2011年当時)。「ノルウェイの森」は僕が最初に読んだ村上春樹作品だ。最初に読んだ時には、あまりの衝撃に、下巻を読了した瞬間に再度上巻を手に取り読み直し始め、3回か4回ぶっ続けで読み…
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド by 村上春樹 — 村上春樹 最高傑作の一つ

村上春樹さんの作品の中に、飛び抜けて素晴らしいと感じる作品がいくつかある。 そして村上春樹さんの作品群の中では、僕は長編小説がとても好きだ。短編やエッセイ、翻訳、ノンフィクションにも素敵な作品も多いが、僕の中では「村上春樹 = 長編小説」という図式が…
風の歌を聴け by 村上春樹 — 旅はここから始まった 村上春樹デビュー作

「風の歌を聴け」。何度再読したか分からないほど読んだ。村上春樹さんのデビュー作。村上春樹さんの作品が大好きだ。小説は全部読んだ。エッセイも手に入るものは全部読んでいるはず。今や日本で一番有名な小説家ぶっちぎりNo.1となった村上春樹さん。日本での知名…
1973年のピンボール by 村上春樹 — 舞台は秋へ 透き通る心と新たな試み

村上春樹の初期「羊」四部作のうち、第2作を構成するのが、この「1973年のピンボール」だ。デビュー作「風の歌を聴け」の舞台は真夏、そして「僕」は大学生だった。そしてこの第2作では、「僕」は24歳になり仕事をしており、そして季節は深まりつつある秋だった。「1…
ダンス・ダンス・ダンス by 村上春樹 — 「羊」四部作 完結編 村上ワールドここに完成

僕は村上春樹さんの小説が昔から大好きで、何度も読み返している。単行本化された小説は全部読んでいるはずだし、エッセイも単行本に収録されたものは網羅しているはず。なかでも僕はやはり村上春樹さんの長編小説が好きだ。僕の書評はビジネス書や実用書を扱うこと…
The following two tabs change content below.
作家、プロフェッショナル・ブロガー、心理カウンセラー、人材開発トレーナー、イベントプロデューサー、情報発信コンサルタントなど、複数の肩書きを持ち、多面的に活動するノマドワーカー。 著書に「ノマドワーカーという生き方」「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」「クラウド版デッドライン仕事術」などがある。 株式会社ツナゲル 代表取締役社長兼C.E.O.。現在東京六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

カウンセラー・作家・プロブロガー 立花岳志からのお知らせ

 

「あり方」と「やり方」の統合「ツナゲル ライフ インテグレーション」3つの講座11月開講!!

 

自己否定ばかりしていた二人が「やり方」と「あり方」をツナゲルことで人生を劇的に変え飛躍!そのすべてを伝授するツナゲル ライフ インテグレーション講座。

 

今回より「ベーシック = 会社を辞める学校」「アドバンス = あり方ビジネススタート塾」「マスタリー = ありかた経営塾」の3コースに再構成してリニューアルしました!!

 

ツナゲル ライフ インテグレーション講座 フルリニューアルで3つの講座に分かれて11月開講!会社員から経営者・クリエイターまでを対象に「やり方」と「あり方」を統合...

1期から10期まで開催してきた立花岳志と大塚彩子の「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」。11期開催を前に、講座のあり方を抜本から見直し、フルリニューアルすることになりました。そして、受講者の方別に講座を3つに再構築し、3つのコースで同時に開講するこ...

 

大人気!!プロが教える心とブログとブランディング塾!8期東京開催!!

 

年間1,000万PVブロガー、6冊の著作を持つ作家、そして心理カウンセラー、会社経営者と多面的に活動する立花岳志の大人気の連続講座「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(立花B塾)開催!!

 

フルリニューアルした「レベル1」を東京で平日コース、休日コース開催します!レベル2以降受講希望の方はレベル1受講が必須です!ぜひご参加ください!!

 

立花Be・ブログ・ブランディング塾 フルリニューアルして東京で「8期レベル1」平日・休日コース 開講します!!

大変好評いただいております、立花Be・ブログ・ブランディング塾(立花B塾)、次期開催が決定しました!今回は大きなリニューアルがあり、新しく生まれ変わり、さらに進化した「立花B塾」になります! 11月より、8期東京レベル1、平日コースと休日コースで開講...

 

立花岳志個別セッション 11月 お申し込み受付中!

 

長らく新規お申し込み受付をストップしていた個別セッションのお申し込み受付を再開しました!

 

現在11月の受付を実施しています。開催地は六本木、鎌倉です!

 

枠が少なくなっていますので、お早めにどうぞ。

2017年11月の立花岳志個別セッション お申し込み受付をスタートします!11月は残り5枠です! [個別セッション]

大変好評をいただいている立花岳志の個別セッション、2017年11月のお申し込み受付をスタートします。皆さま、ぜひお申し込みください。2017年11月の立花岳志個別セッション お申し込み受付をスタートします!11月は残り5枠です! できれば毎月10枠くらい確保したいの...

 

立花岳志 & 大塚彩子 「心のあり方」講座 DVD発売中!!

 

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志と、カウンセラー・作曲家の大塚彩子が、心とあり方について教えるDVDが発売中!

 

内容紹介動画はこちら!

 

 

Amazonからご購入いただけます。DVDのご購入はこちらからどうぞ!!

 

 

無料オンラインサロン 「立花岳志ツナゲルサロン」会員大募集中!!

 

「大人の幼なじみを世界中に作ろう」をテーマに、Facebookの非公開グループでゆるく繋がる無料のオンラインサロンです。

 

参加者が400人を超え、ますます盛り上がっています!

 

詳しくはこちらからどうぞ!!

無料オンラインサロン「立花岳志ツナゲルサロン」開設しました!!キーワードは「ゆるーく繋がる ずっと繋がる」参加者大募集中!!

Facebookの非公開グループ機能を活用した、無料のオンラインサロン、「立花岳志ツナゲルサロン」を開設しました!以前からオンラインサロン的なものには興味があったのですが、いくつか気になる点があり、やってきませんでした。でも、行動しないと結果も出ないので...

立花岳志公式メルマガに登録しよう!購読無料!

ブログに書けないこと、メルマガ読者の方だけにお伝えしたいことを書いてます。

 

サクッと短く朝にすぐ読める、読み切りタイプ。

 

ほぼ日刊!朝7時半に届きます。面白くてためになり、ときどき感動するかも??

 

立花岳志公式メルマガ「そろそろ本当の話をしよう」の登録は以下のフォームからお願いします!



Facebook経由でこのブログの更新情報を受けとろう!ページにいいね!お願いします!

 

*
*
* (公開されません)